Set-SPInfoPathFormsService

SharePoint Server のInfoPath Forms Servicesのパラメーターを設定します。

構文

Set-SPInfoPathFormsService
   [-ActiveSessionTimeout <Int32>]
   [-AllowEmbeddedSqlForDataConnections <String>]
   [-AllowUdcAuthenticationForDataConnections <String>]
   [-AllowUserFormBrowserEnabling <String>]
   [-AllowUserFormBrowserRendering <String>]
   [-AllowUserFormCrossDomainDataConnections <String>]
   [-AllowViewState <String>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-DefaultDataConnectionTimeout <Int32>]
   [-Identity <SPFormsServicePipeBind>]
   [-MaxDataConnectionResponseSize <Int32>]
   [-MaxDataConnectionRoundTrip <Int32>]
   [-MaxDataConnectionTimeout <Int32>]
   [-MaxFormLoadTime <Int32>]
   [-MaxPostbacksPerSession <Int32>]
   [-MaxUserActionsPerPostback <Int32>]
   [-MemoryCacheSize <Int32>]
   [-RequireSslForDataConnections <String>]
   [-ViewStateThreshold <Int32>]
   [-WhatIf]
   [-MaxSizeOfUserFormState <Int32>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットはSet-SPInfoPathFormsService、SharePoint Server のInfoPath Forms Servicesの設定を変更します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

-------------- 例 1 -----------------

Set-SPInfoPathFormsService -AllowUserFormBrowserEnabling $true -AllowUserFormBrowserRendering $false

この例では、AllowUserFormBrowserEnabling パラメーターと AllowUserFormBrowserRendering パラメーターの値を変更します。

-------------- 例 2 -----------------

Set-SPInfoPathFormsService -AllowViewState $true -ViewStateThreshold 40961

この例では、AllowViewState パラメーターと ViewStateThreshold パラメーターの値を変更します。

パラメーター

-ActiveSessionTimeout

フォームのセッション状態をアクティブな状態に維持できる期間を分単位で指定します。 既定値は 1440 です。

この型は、負ではない 0 ~ 999,999 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowEmbeddedSqlForDataConnections

ブラウザーが有効な InfoPath フォーム テンプレートで埋め込み SQL 認証を使用できるかどうかを示す値を指定します。

この型は、True または False (既定) のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowUdcAuthenticationForDataConnections

ユニバーサル データ接続 (.udcx ファイル) の認証情報を使用できるように指定します。

この型は、True (既定) または False のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowUserFormBrowserEnabling

フォーム コードが含まれていないフォーム テンプレート、完全な信頼が必要なフォーム テンプレート、モバイル デバイスでのレンダリングを有効にするフォーム テンプレート、またはサーバー管理者によって管理されるデータ接続を使用するフォーム テンプレートのブラウザー対応化をユーザーに許可するように指定します。

この型は、True (既定) または False のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowUserFormBrowserRendering

ブラウザーが有効なフォーム テンプレートをInfoPath Forms Servicesによってレンダリングすることを指定します。

型は、True (既定値)、False のいずれかの値にする必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowUserFormCrossDomainDataConnections

別のドメインにあるデータ ソースへのデータ接続を照会できるように指定します。

この型は、True または False (既定) のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AllowViewState

フォームのセッション状態を格納する場所を定義します。True の場合はビュー状態、False の場合はセッション状態サービスになります。

この型は、True または False (既定) のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DefaultDataConnectionTimeout

データ接続の既定のタイムアウトをミリ秒単位で指定します。 既定値は 10000 (10 秒) です。

この型は、負ではない整数で、MaxDataConnectionTimeout に設定した値以下の値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新するInfoPath Forms Services サービスを指定します。

型は有効な GUID である必要があります。形式は 12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh です。InfoPath Forms Services サービスの有効な名前 (FormsService1 など)、または有効な SPFormsService オブジェクトのインスタンス。

Type:SPFormsServicePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxDataConnectionResponseSize

データ接続の応答に使用できる最大サイズを指定します。 既定値は 15,000 KB です。

この型は、負ではない整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxDataConnectionRoundTrip

Sets a threshold, in milliseconds, for the maximum time it takes from the start of a data request to the return of the data request on the server (the data connection round trip). If the data connection round trip time exceeds this threshold, an event is logged in the Operational log.

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxDataConnectionTimeout

データ接続の上限のタイムアウトをミリ秒単位で指定します。 既定値は 20,000 (20 秒) です。

この型は、負ではない 999,999 以下の整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxFormLoadTime

Sets a threshold, in milliseconds, for maximum form load time. If form load time exceeds this threshold, an event is logged in the Operational log.

MaxFormLoadTime パラメーターはフォームを開くのにかかる時間、つまり要求がサーバーに受理されてから、サーバーを離れるまでの時間を測定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxPostbacksPerSession

ブラウザー対応 InfoPath フォーム テンプレートのインスタンスがInfoPath Forms Services サービスに対して行うことができる最大ポストバックの値を指定します。 既定値は 20 です。

この型は、負ではない 999,999 以下の整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxSizeOfUserFormState

ブラウザー対応 InfoPath フォーム テンプレートのインスタンスで使用できるセッション状態の最大サイズの値をキロバイト単位で指定します。 既定値は 4,096 です。

この型は、負ではない 999,999 以下の整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxUserActionsPerPostback

1 回のポストバックあたりのユーザー アクションの最大数を指定します。 既定値は 200 です。

この型は、負ではない 999,999 以下の整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MemoryCacheSize

メモリ内のソリューションのキャッシュのサイズ (MB 単位) を設定します。

既定値は 250 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-RequireSslForDataConnections

Specifies the Secure Sockets Layer (SSL) requirement value. If data connections in browser-enabled form templates require basic authentication or digest authentication, a password is sent over the network. Set this value to True to require an SSL-encrypted connection for these authentication types.

この型は、True (既定) または False のいずれかの値であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ViewStateThreshold

フォーム ビューで保存される場合のセッション状態の最大サイズを KB 単位で指定します。 既定値は 40 です。

この型は、負ではない 99,999,999 以下の整数であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition