Set-SPStateServiceDatabase

状態サービス データベースのプロパティを更新します。

構文

Set-SPStateServiceDatabase
   [-Identity] <SPStateDatabasePipeBind>
   [[-ServiceApplication] <SPStateServiceApplicationPipeBind>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-DatabaseCredentials <PSCredential>]
   [-Weight <Int32>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Set-SPStateServiceDatabase 、データベースとの通信に使用される資格情報の管理、データベースの重みの設定、または関連付けられている状態サービス アプリケーションの変更を行います。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

--------------------例 1---------------------

Set-SPStateServiceDatabase -Identity 9703f7e2-9521-47c3-bd92-80e3eeba391b -Weight 10

この例では、データベースの重み設定を最大値 (10) に更新します。

-------------------- 例 2 ---------------------

Set-SPStateServiceDatabase -Identity 9703f7e2-9521-47c3-bd92-80e3eeba391b -ServiceApplication "StateSvcApp1"

この例では、状態サービス データベースに関連付けられているサービス アプリケーションを更新します。

-------------------- 例 3 ---------------------

$cred = Get-Credential
Set-SPStateServiceDatabase -Identity "StateSvcDB1" -DatabaseCredentials $cred

この例では、指定されたデータベースにアクセスするための SQL 認証の資格情報を更新します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseCredentials

Specifies the database credentials for SQL Authentication used to access the state service database. If this parameter is not specified, Windows authentication is used.

この型は、有効な PSCredential オブジェクトであることが必要です。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新する状態サービス データベースを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、状態データベースの有効な名前 (StateSvcDB1 など) であるか、有効な SPStateServiceDatabase オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPStateDatabasePipeBind
Aliases:Name
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ServiceApplication

状態データベースを追加する状態サービス アプリケーションを指定します。

この型は、状態サービス アプリケーションの有効な名前 (StateServiceApp1 など) であるか、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、有効な SPStateServiceApplication オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPStateServiceApplicationPipeBind
Aliases:Application
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Weight

状態データベースの重み設定を指定します。 既定値は 1 です。

この型は、1 ~ 10 の範囲の有効な整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition