Update-SPProfilePhotoStore

SharePoint Server と互換性を持つプロファイル フォト ストアを更新します。

構文

Update-SPProfilePhotoStore
      -MySiteHostLocation <SPSitePipeBind>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-CreateThumbnailsForImportedPhotos <Boolean>]
      [-NewBaseUri <Uri>]
      [-NoDelete <Boolean>]
      [-OldBaseUri <Uri>]
      [<CommonParameters>]

説明

Office SharePoint Server から SharePoint Server にアップグレードした後、コマンドレットを Update-SPProfilePhotoStore 実行して、SharePoint プロファイル写真ストアが SharePoint Server と互換性があることを確認します。 このコマンドレットは Update-SPProfilePhotoStore 、Office SharePoint Server からのアップグレードが完了した後にのみ使用する必要があります。 コマンドレットを Update-SPProfilePhotoStore 使用すると、予測可能なサイズと名前を持つ 3 つのサムネイル バージョンが元の写真から作成され、新しい写真が個人用サイト ホストのユーザーフォト ライブラリに配置され、プロファイル データベースのプロパティ値が更新されます。

During the operation, the original image is left as-is. If the operation fails for certain users for any reason, it continues on to the next user.

During the migration of profile photos from one server URL to another, one can use the OldBaseUri and NewBaseUri parameters. You just need to specify the starting portion of the URL that has changed from old to new and an attempt to rebase the profile picture URLs will occur.

たとえば、OldBaseUri: https://server1/my/ProfilePhotos;NewBaseUri: https://server1/my/NewLocation/ProfilePhotos

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------EXAMPLE-------------------

Update-SPProfilePhotoStore -MySiteHostLocation https://mysites

この例では、指定した個人用サイトのホストの場所に写真をアップロードします。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-CreateThumbnailsForImportedPhotos

インポートされたすべてのユーザー プロファイル写真のサムネイルを作成します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MySiteHostLocation

写真のアップロード先である個人用サイトのホストの場所の URL を指定します。

Type:SPSitePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NewBaseUri

プロファイル 画像の新しい URL を指定します。 たとえば、「 https://server2/ 」のように入力します。

Type:Uri
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NoDelete

値が true に設定されている場合、インポートされたユーザー プロファイルの画像ファイルは、サムネイルを作成した後に保持されます。

注意

これは、CreateThumbnailsForImportedPhotos が次に設定されている場合にのみ機能します。 $true

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-OldBaseUri

プロファイル 画像の古い URL を指定します。 たとえば、「 https://server1/ 」のように入力します。

Type:Uri
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition