SharePoint Online 管理シェルの概要

オンラインSharePoint管理シェルは、Windows PowerShellレベルとサイト コレクション レベルでSharePoint管理するために使用できるモジュールです。 コマンド ライン操作は、Windows PowerShell一連のコマンドで構成されます。 各コマンドは、コマンドレット、およびパラメーターと呼ばれる設定セットを使用します。 たとえば、 New-SPOSite コマンドレットを使用して、指定したタイトル、URL、所有者、ストレージ クォータ、およびテンプレート (パラメーター) を持つ新しいサイト コレクションを作成します。

SharePoint PowerShell コマンドは、12 個の新しいサイト コレクションを作成したり、何百人もの新しいユーザーをサイトに追加したりなど、バッチ操作に非常に効率的です。 詳細については、「PowerShell で使用する必要がある理由」をMicrosoft 365してください

オンライン PowerShell のSharePoint開始

オンライン PowerShell SharePointを使用するには、管理者ロールまたはグローバル管理者SharePoint役割を持っている必要Microsoft 365。

オンライン管理シェル モジュールSharePointインストールし、オンライン サービスにSharePointする必要があります。 詳細については、「オンライン」をConnect SharePointしてください

オンライン PowerShell コマンドと PowerShell コマンドSharePoint違いMicrosoft 365は何ですか?

主な違いと明らかな違いは、使用する名詞です。 すべてのSharePoint Online コマンドレットは、SPO を名詞として開始します。 逆に、Microsoft 365は MSO を名詞として開始します。

SharePoint管理シェル コマンドは SharePoint 設定とサイト コレクションを管理しますが、Microsoft 365 コマンドはユーザー、ライセンス、組織情報、サービスなどの Microsoft 365 レベルのタスクを管理します。 ユーザーとグループの両方を管理します。 ただし、Microsoft 365 PowerShell コマンドは、すべてのサービスのユーザーとグループをMicrosoft 365します。 [SharePoint] コマンドは、[オンライン] のユーザーとグループSharePointします。

管理センターまたはオンライン PowerShell SharePointを使用SharePointする必要がありますか?

Microsoft 365 と SharePoint Online を使い始め、SharePoint サイトまたはユーザーの管理をあまり行ってない場合は、SharePoint 管理センターを開始する際に便利です。

SharePoint サイトとユーザーについて理解した後、特に多数のサイト コレクションまたはユーザーを管理する場合は、SharePoint Online PowerShell コマンドを使用してみてください。

注意

オンライン コマンドレットの完全なSharePointについては、「オンライン PowerShell SharePoint」を参照してください。

アクセス許可を取得して環境をセットアップする方法

オンライン PowerShell SharePointを使用するには、組織の管理者SharePoint必要があります。 SharePoint 管理シェル モジュールのインストールと SharePoint SharePoint Online サービスへの接続の詳細については、「オンライン管理シェルの概要」を参照してください