Share via


SharePoint 統合の計画

Reporting Services では、SharePoint 製品との統合が 2 つのレベルでサポートされています。完全な統合は SharePoint 統合モードの配置シナリオによってサポートされ、部分的な統合は、1 組の Web パーツを SharePoint サイトにインストールしてリモートのレポート サーバー インスタンスを指すように設定することによってサポートされます。

  • "SharePoint 統合モード" を使用すると、SharePoint のデータベースおよびセキュリティ モデルに Reporting Services を統合することができます。これらの機能は、SharePoint 3.0 製品またはテクノロジの大規模な環境内でレポート サーバーが実行されるように構成すると利用できるようになります。このモードを使用するには、追加のソフトウェアと構成が必要です。アドイン コンポーネントをダウンロードしてインストールし、複数サーバーにまたがるコンテンツやアプリケーション データを格納するレポート サーバー データベースを作成し、両方のサーバーで統合設定を構成します。このモードでは、レポート サーバー インスタンスを統合操作専用にする必要があります。これによって高度な統合が実現し、SharePoint Web アプリケーションのアプリケーション ページとデータ ストアを使用して、レポート サーバーのコンテンツの種類に対するアクセスと管理が可能になります。詳細については、「SharePoint 2010 統合用の Reporting Services の構成」を参照してください。

  • 部分的な統合は、SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2 から導入されたレポート エクスプローラー Web パーツとレポート ビューアー Web パーツによってサポートされます。これらの Web パーツは引き続き利用できます。ネイティブ モードを使用するように構成されたレポート サーバーからレポートを選択して閲覧できます。

SharePoint 統合モードのレポート サーバーは、Windows SharePoint Services 3.0 または Office SharePoint Server 2007 でサポートされます。以前のリリースの SharePoint 製品またはテクノロジを使用している場合でも、ネイティブ モードのレポート サーバーで機能する 2 つの Reporting Services Web パーツを使用して SharePoint サイトからレポート サーバーのコンテンツにアクセスすることはできますが、SharePoint 統合モードで実行することはできません。この Web パーツは、3.0 リリースの SharePoint 製品でも使用できますが、Web パーツ アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) に追加する必要があります。

レポート サーバーを SharePoint Web アプリケーションに統合するための配置方法を選択する際の参考として、このトピックでは、SharePoint 製品およびテクノロジの 2.0 リリースと 3.0 リリースに対して Reporting Services でサポートされている統合機能を比較します。配置モードの詳細については、「配置モードの計画」を参照してください。

2.0 リリースと 3.0 リリースに対する統合サポートの比較

次の表では、新しいレベルと以前のレベルの統合機能を比較しています。新しい配置を計画する場合や、組織の新しい統合機能を評価する場合は、この表を利用して各実装の利点と欠点を比較検討できます。

比較のポイント

SharePoint 統合モード

SharePoint 2.0 Web パーツ

主な統合機能

SharePoint 製品およびテクノロジを使用して、レポートの管理、保護、表示、および配信を行うためのユーザー インターフェイス (UI) を提供します。レポート、データ ソース、およびデータ モデルは、SharePoint ライブラリで保存、アクセス、および管理されます。

Reporting Services は、SharePoint のデータベースおよびセキュリティと統合されます。この構成では、SharePoint が、ユーザーのアクセスを受け付けるフロントエンド サーバーとして、Reporting Services が、レポート機能を提供するバックエンド サーバーとして機能します。

レポートは、単一のまったく新しいレポート ビューアー Web パーツに表示されます (全体表示または SharePoint ダッシュボード内)。この Web パーツは、フィルターおよび行のコンシューマー インターフェイスをサポートしており、SharePoint フィルター Web パーツをはじめとする、各種の SharePoint Web パーツ (レポート ライブラリ Web パーツ、共有ドキュメント ライブラリ Web パーツなど) に接続します。このビューアーには、レポート ビューアー Web パーツをカスタマイズするためのプロパティも用意されています。

無料の Reporting Services アドインを Web からダウンロードすることにより、レポート サーバー アプリケーション ページを SharePoint Web フロントエンドに追加するセットアップ プログラムを入手できます。

データ ドリブン サブスクリプションがサポートされているほか、プログラミングや SQL Server 2008 の SQL Server Management Studio を使ってジョブを管理することもできます。

2 つの Web パーツによってアクセス機能と表示機能が提供されますが、管理機能は提供されません。

レポート エクスプローラー Web パーツでは、レポート サーバーに格納されているレポートの一覧を表示できます。

レポート ビューアー Web パーツでは、レポートを表示できます。

これらの Web パーツを他の SharePoint Web パーツに接続することはできません。

データ ストレージ

統合ストレージ :

レポート、モデル、およびデータ ソースを SharePoint ライブラリにパブリッシュまたはアップロードできます。

SharePoint ドキュメント ライブラリのレポート、データ ソース、およびデータ モデルは、その SharePoint ドキュメント ライブラリの SharePoint コンテンツ データベース内のファイルとして保存されます。ファイルは、.rdl、.rsds、.smdl などの拡張子で保存されます。レポート、データ ソース、またはデータ モデルの表示要求や管理要求がユーザーから送信されると、その内容が Reporting Services によって SharePoint コンテンツ データベースと同期されます。詳細については、「SharePoint データベースへのレポート サーバー コンテンツの格納と同期」を参照してください。

スケジュール、サブスクリプション、キャッシュなど、レポートのメタデータは、レポート サーバー データベースにのみ格納されます。

ストレージは統合されません。

レポート サーバーが、そのサーバーで処理および管理されているアイテムの唯一のストレージとなります。

セキュリティおよび権限

統合セキュリティ :

SharePoint Web アプリケーション用に定義された認証プロバイダーと権限は、レポート サーバーの操作やコンテンツへのアクセスを制御する際に使用されます。Reporting Services のアイテムと操作にセキュリティを確保し、権限を結び付けるために、レポート サーバーは、SharePoint の権限と Reporting Services の権限との間でセキュリティ マッピングを実行します。詳細については、「SharePoint 統合モードの Reporting Services のセキュリティ概要」を参照してください。

独立セキュリティ :

レポート サーバーが、そのサーバーで管理されているアイテムおよび操作に対してセキュリティを提供します。レポートへのアクセスおよびコンテンツの管理は、レポート サーバー ツールを使用して行われます。

コンテンツの作成

レポート、モデル、およびデータ ソースは、SharePoint、レポート デザイナー、またはモデル デザイナーからアップロードすることによって、SharePoint ライブラリに直接パブリッシュされます。

モデルの生成、モデルのセキュリティ保護、および SharePoint Web アプリケーションからモデル内のエンティティへのレポートのリンクを行います。

SharePoint Web アプリケーションからレポート ビルダーを使用して、レポートを作成および編集します。

データ ソースは、SharePoint ドキュメント ライブラリで、コンテンツの種類として [レポート データ ソース] を使用して作成されます。

すべてのレポート サーバー コンテンツが、クライアントのツールで作成されます。また、レポート マネージャーから起動されるレポート ビルダーでも作成されます。

すべてのコンテンツの作成および管理が、Reporting Services クライアント ツールのみを使用して行われます。

製品とバージョンの要件

SQL Server 2008 または SQL Server 2005 SP2。

Windows SharePoint Services 3.0 または Office SharePoint Server 2007 も必要です。

SQL Server 2008、SQL Server 2005 のすべてのバージョン、および SQL Server 2000 SP2。

Windows SharePoint Services 2.0 および SharePoint Portal Server を使用できます。Web パーツは、Windows SharePoint Services 3.0 および Office SharePoint Server 2007 と互換性があります。

インストールと構成

SharePoint ファーム内の各 Web フロントエンドに Reporting Services アドインをダウンロードしてインストールします。

SharePoint のサーバーの全体管理および Reporting Services 構成ツールで統合を構成します。

Windows SharePoint Services の除外ディレクトリの一覧に Reporting Services の仮想ディレクトリを追加します。

.cab ファイルを実行して、Web パーツをインストールします。

Web.config ファイルを変更して、手動でファイルをコピーします。

Windows SharePoint Services 3.0 および SharePoint Portal Server 2007 では、アセンブリを GAC に追加する必要があります。

モードの要件

SharePoint 統合モードで実行するレポート サーバーが必要です。

ネイティブ モードのレポート サーバーが必要です。レポート マネージャーを有効にする必要もあります。

制限事項

リンク レポートまたはレポート マネージャーはサポートされません。

プログラムによるバッチ操作はサポートされていません。

SharePoint Web アプリケーションとレポート サーバーで個別のセキュリティ ポリシーを構成して管理する必要があります。

各サーバー上のコンテンツと操作を管理するために個別のツールが必要です。

スケジュールされた操作、データ ソース、レポート履歴、データ処理、およびサブスクリプションは、レポート サーバー ツールを使用して管理する必要があります。

次の手順 : 統合機能を配置する方法

使用する方法を決定したら、次に、統合方法の実装に必要な構成とツールを確認します。

レポート エクスプローラー Web パーツとレポート ビューアー Web パーツについて

Reporting Services の以前のリリースでも、SharePoint 製品に対する統合はサポートされていました。具体的には、SQL Server 2000 Reporting Services SP2、SQL Server 2005、および SQL Server 2005 SP1 では、SharePoint Web アプリケーションで登録して使用できる 2 つの Web パーツ (レポート エクスプローラーおよびレポート ビューアー) を提供していました。これらの Web パーツは、SharePoint Version 2.0 テクノロジ向けにデザインされたものです。これらの Web パーツは、SQL Server 2008 R2 でも引き続き使用でき、SharePoint 3.0 製品またはテクノロジの配置で使用できます。これらの Web パーツは、新しい機能を含むように更新されていないので、現在、これらの Web パーツを使用している場合は、以前と同じレベルの機能が引き続き提供されます。