Share via


データ バインドされたコントロールによるデータ ソースの構成

Microsoft Expression Web のデータ ソース構成ウィザードを使用すると、データ バインドをサポートする ASP.NET コントロールを使用して、データベースのデータを表示できます。データ バインドをサポートする ASP.NET コントロールの一覧については、「データベースの使用」を参照してください。

Noteメモ :

データ ソース コントロールを使用してデータ ソースを構成する方法については、「データ ソース コントロールを使用したデータ ソースの構成」を参照してください。Expression Web では、Microsoft Office Access データベース、OLE DB プロトコルまたは ODBC プロトコルを使用してアクセスできるデータベース、ASP.NET SiteMapDataSource コントロール、XML ファイルなど、さまざまなデータ ソースに接続できます。

important note重要 :

Microsoft Access データベース (.mdb ファイル) は、Microsoft SQL Server データベースより安全性が劣ります。可能であれば、SQL Express などの SQL データベースにデータを移動することを検討してください。ただし、.mdb ファイルを Web アプリケーションの一部として使用する必要がある場合は、MSDN ライブラリの「データ アクセスのセキュリティ保護 Cc295462.xtlink_newWindow(ja-jp,Expression.40).png」の Microsoft Access データベースのセクションに記載されているガイドラインに従ってください。

ここでは、データベースに格納されているコンテンツを表示する ASP.NET データ コントロールを挿入する方法について説明します。その後で、データ ソース構成ウィザードを使用してデータベースに接続する方法を説明します。

データ ソースを構成するには

  1. .aspx ページを開き、[デザイン] ビューの [ツールボックス] パネルから、GridView などのデータ バインド コントロールの 1 つをページにドラッグします。

  2. コントロールを右クリックし、[コモン コントロール タスクの表示] をクリックします。

  3. [コモン コントロール タスクの表示] ウィンドウで、[データ ソースの選択] ボックスの一覧から [新しいデータ ソース] をクリックします。使用できるドロップダウン リストが [コモン コントロール タスクの表示] ウィンドウにない場合は、[データ ソースの選択] をクリックします。

  4. データ ソース構成ウィザードの [データ ソースの種類を選択] ページで、次のいずれかをクリックして、接続先となるデータ ソースの種類を指定します。

    • Access データベース : Microsoft Access で作成されたデータベースに接続します。

    • データベース : Microsoft SQL Server、Oracle、OLE DB など、ADO.NET がサポートする任意の SQL データベースに接続します。

      Noteメモ :

      [データベース] を選択すると、コントロールは [データ ソース ライブラリ] の ASP.NET 接続にバインドされます。

    • サイト マップ : そのアプリケーションのサイト ナビゲーション ツリーに接続します (アプリケーション ルートに有効なサイトマップ ファイルが必要です)。

    • XML ファイル : XML ファイルに接続します。

      Noteメモ :

      [データ ソースの ID を指定する] テキスト ボックスで指定するデータ ソース コントロールの ID 属性の値は、データ ソース構成ウィザードによって自動的に作成されます。

  5. 接続するデータ ソースの種類を選択したので、データ ソースを ASP.NET コントロールに接続できる状態になりました。詳細については、次の一覧にある、対応するデータの種類のセクションを参照してください。

    接続先 参照するセクション

    Access データベース ソース

    Access データベースを構成するには

    データベース ソース

    データベース ソースを構成するには

    サイト マップ データ ソース

    サイト マップ データ ソースを構成するには

    XML ファイル ソース

    XML ファイル ソースを構成するには

Access データベースを構成するには

  1. [データベースの選択] ページの [Microsoft Access データ ファイル] ボックスで、Microsoft Access データベース ファイルの相対パスを指定し、[次へ] をクリックします。

  2. [Select ステートメントの構成] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを実行します。

    • [カスタム SQL ステートメントまたはストアド プロシージャの指定] をクリックして、ユーザー設定の SQL ステートメントを作成するか、サイト用に構成されたストアド プロシージャがある場合はそのストアド プロシージャを選択します。

    • [テーブルまたはビューから列を指定] をクリックして、テーブル名と取得するデータの列を選択します。[WHERE]、[ORDER BY]、[詳細] の各ボタンを使用すると、さらに SELECT ステートメントを定義できます。作成した SELECT ステートメントは、[SELECT] ステートメント領域に表示されます。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. [クエリのテスト] ページの [クエリのテスト] をクリックして、目的のデータがクエリから返されることを確認した後、[完了] をクリックします。

データベース ソースを構成するには

  1. [データ接続の選択] ページで、次のいずれかの操作を行います。

    • [アプリケーションがデータベースへの接続に使用するデータ接続] ダイアログ ボックスで、[データ ソース ライブラリ] パネルで構成した ASP.NET 接続を選択します。

    • [新しい接続] をクリックして、新しいデータベース接続を作成します。データ ソースの選択ウィザードで、データ ソースの種類とプロバイダーを選択し、接続文字列を作成できます。

  2. [次へ] をクリックします。

  3. 新しいデータベースの接続文字列を作成した場合は、[アプリケーション構成ファイルに接続文字列を保存] ページの [はい、この接続を次の名前で保存します] チェック ボックスをオンにし、web.config ファイルに接続文字列を保存するための接続文字列名を指定します。[次へ] をクリックします。

    Noteメモ :

    保存した後で接続文字列を変更するには、[パネル] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。[データ ソース ライブラリ] パネルの [ASP.NET 接続] で、変更するデータ ソースを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細設定] をクリックします。

  4. [カスタム ステートメントまたはストアド プロシージャを定義します。] ページで、次のいずれかの操作を行います。

    • データベース内にストアド プロシージャがあり、データ ソースとして使用する場合は、[ストアド プロシージャ] をクリックして、ボックスの一覧からストアド プロシージャを選択します。

    • [SQL ステートメント] をクリックして、作成するステートメントの種類に対応するタブ ([SELECT]、[UPDATE]、[INSERT]、または [DELETE]) をクリックします。[編集] ダイアログボックスに SQL ステートメントを入力します。または、簡単に SQL ステートメントを作成するには、[クエリ ビルダー] をクリックします。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [クエリのテスト] ページの [クエリのテスト] をクリックして、目的のデータがクエリから返されることを確認した後、[完了] をクリックします。

サイト マップ データ ソースを構成するには

  • サイト マップ データ ソースを指定した場合は、Expression Web が ASP.NET SiteMapDataSource コントロールを作成して、ウィザードを完了します。

XML ファイル ソースを構成するには

  1. [データ ソースの構成] ダイアログ ボックスで、[データ ファイル] の [参照] をクリックします。

    Noteメモ :

    XML データ ソースを選択する前に、Web ページを保存します。

  2. [XML ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、XML ファイルを検索して [開く] をクリックします。

  3. オプション : [変換ファイル] ダイアログ ボックスで、XSLT ファイルの場所を指定します。

  4. オプション : [XPath 式] ダイアログ ボックスで、XPath 式を入力します。XPath 式では、次の書式を使用します。指定できる子要素のレベル数に制限はありません。

    /rootElementName/childElementName
    
    Noteメモ :

    [XPath 式] を指定した場合は、指定した要素のレベル以下のデータのみが返されます。

関連項目

参照

データ ソースの詳細 パネル
データ ソース ライブラリ パネル

概念

ASP.NET データ コントロール
データベースの使用