次の方法で共有


SCRIPT

SCRIPT SCRIPT *
*前のトピック: SAMP
*次のトピック: SELECT

SCRIPT

解説

スクリプトエンジンで解釈されるスクリプトを指定する。

構文

<SCRIPT
CLASS=classname
DEFER
EVENT=eventname
FOR=element
ID=value
LANGUAGE=JAVASCRIPT | JSCRIPT | VBSCRIPT | VBS
SRC=url
TITLE=text
TYPE=MIME-type
>

パラメータ解説
CLASS=classname定義されたタグのクラス。これはタグ付きのサブクラススタイルシートとの関連で使用される。
DEFERブロック内にインラインスクリプトがなく、関数だけを含んでいることを示す。スクリプトが必要になるまでその解析を延期することにより、ドキュメントのロード時間が短くなり、結果的にパフォーマンスが良くなる
EVENT=eventname スクリプトに対応するイベントを指定する。
FOR=element イベントスクリプトにバインドされているエレメントを指定する。スクリプトオブジェクトまたはエレメントIDがelement値として指定できる。
ID=value ハイパーテキストリンクのターゲットとして使用したり、関連するスタイルシートの中の名前付きエレメントを指定するためのSGML識別子。IDの値は文字で始めなければならない。アンダースコア("_")もID名として使用できる。IDはドキュメントの中で重複すべきではない。同じIDで複数のオブジェクトが存在する場合には、それらをまとめたコレクションが作成され、その中では配置順の番号でだけ参照できる。
LANGUAGE=JAVASCRIPT | JSCRIPT | VBS | VBSCRIPT 使用したスクリプト言語を指定する。これによって適切なスクリプトエンジンを呼び出すことができる。デフォルト値はJAVASCRIPTである。この属性はTYPE=valueによってオーバーライドされる。
JAVASCRIPT, JSCRIPT JScriptスクリプトの場合。
VBS, VBSCRIPT VBScriptスクリプトの場合。
SRC=url そのファイルのURLを指定する。
TITLE=text 案内情報を提供するために使う。
TYPE=MIME-type 関連するスクリプトエンジンのためにMIMEタイプを指定する。

注意事項

SCRIPTブロック内で関数の外にあるコードは、ページがロードされるとすぐに実行される。スクリプトをサポートしていないブラウザではスクリプト自身が表示されてしまうが、これを防ぐためにはSCRIPTブロックをコメントブロック内で入れ子構造にしておく必要がある。

このエレメントはブロックエレメントである。

開始タグと終了タグが必要である。

スクリプトオブジェクト

SCRIPT

Up トップに戻る
© 1997 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of Use.