Share via


SAMP

SAMP SAMP *
*前のトピック: S
*次のトピック: SCRIPT

SAMP

解説

サンプルテキストを小さいフォントで表示する。終了タグで通常のフォーマットに戻る。 デフォルトでは等幅フォントが使われる。SAMPタグより前でFONTまたはBASEFONTエレメントによってフォントフェースが指定された場合には、そのフォントが使用される。

構文

<SAMP
CLASS=classname
ID=value
LANG=language
LANGUAGE=JAVASCRIPT | JSCRIPT | VBSCRIPT | VBS
STYLE=css1-properties
TITLE=text
event = script
>

パラメータ解説
CLASS=classname 定義されたタグのクラス。これはタグ付きのサブクラススタイルシートとの関連で使用される。
ID=value ハイパーテキストリンクのターゲットとして使用したり、関連するスタイルシートの中の名前付きエレメントを指定するためのSGML識別子。IDの値は文字で始めなければならない。アンダースコア("_")もID名として使用できる。IDはドキュメントの中で重複すべきではない。同じIDで複数のオブジェクトが存在する場合には、それらをまとめたコレクションが作成され、その中では配置順の番号でだけ参照できる。
LANG=language ISO標準言語省略形式でどの言語を使うかを指定する。
LANGUAGE=JAVASCRIPT | JSCRIPT | VBS | VBSCRIPT 使用したスクリプト言語を指定する。これによって適切なスクリプトエンジンを呼び出すことができる。デフォルト値はJAVASCRIPTである。
JAVASCRIPT, JSCRIPT JScriptスクリプトの場合。
VBS, VBSCRIPT VBScriptスクリプトの場合。
STYLE=css1-properties タグのインラインスタイルシート。
TITLE=text 案内情報を提供するために使う。TITLE属性のコンテントはonmouseoverイベント中にツールチップに表示される。
event 次のイベントから1つ以上使用できる。

注意事項

開始タグと終了タグが必要である。

<SAMP>Here is some text in a small fixed-width font.</SAMP>

スクリプトオブジェクト

SAMP

関連事項

CODEエレメント

Up トップに戻る
© 1997 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of Use.