次の方法で共有


Weather - Get Daily Historical Records

過去の毎日の記録的な気温、降水量、降雪などの気候データを特定の場所で取得するには、 を使用します。

Get Daily Historical Records API は、過去 1 日の記録温度、降水量、降雪などの気候データを特定の座標位置で返す HTTP GET 要求です。 レコード データの可用性は、場所によって異なります。 一般に、履歴データは、場所に応じて、過去 5 年から 40 年以上前まで利用できる場合があります。

GET https://atlas.microsoft.com/weather/historical/records/daily/json?api-version=1.1&query={query}&startDate={startDate}&endDate={endDate}
GET https://atlas.microsoft.com/weather/historical/records/daily/json?api-version=1.1&query={query}&startDate={startDate}&endDate={endDate}&unit={unit}

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
format
path True

JsonFormat

応答の目的の形式。 サポートされているのは json 形式のみです。

api-version
query True

string

Azure Maps API のバージョン番号。

endDate
query True

string

date

ISO 8601 形式の終了日 (2019-10-28 など)。 サポートされる日付範囲は 1 から 31 カレンダー日であるため、startDate と endDate を指定してください。これは、最大 31 日を超えないようにしてください (つまり、startDate=2012-01-01&endDate=2012-01-31)。

query
query True

number[]

緯度の後に経度 (例: "47.641268,-122.125679" など) で構成されるコンマ区切り文字列として指定された該当するクエリ。

startDate
query True

string

date

ISO 8601 形式の開始日 (2019-10-27 など)。 サポートされる日付範囲は 1 から 31 カレンダー日であるため、startDate と endDate を指定してください。これは、最大 31 日を超えないようにしてください (つまり、startDate=2012-01-01&endDate=2012-01-31)。

unit
query

WeatherDataUnit

メトリック単位またはインペリアル単位のいずれかでデータを返すように指定します。 既定値はメトリックです。

要求ヘッダー

名前 必須 説明
x-ms-client-id

string

Microsoft Entra ID セキュリティ モデルと組み合わせて使用するアカウントを指定します。 これは Azure Maps アカウントの一意の ID を表し、Azure Maps 管理プレーン アカウント API から取得できます。 Azure Maps で Microsoft Entra ID セキュリティを使用するには、ガイダンスについては、次 の記事を 参照してください。

応答

名前 説明
200 OK

DailyHistoricalRecordsResult

OK

Other Status Codes

ErrorResponse

予期しないエラーが発生しました。

セキュリティ

AADToken

これらは Microsoft Entra OAuth 2.0 フローです。 Azure ロールベースのアクセス制御と組み合わせて使用すると、Azure Maps REST API へのアクセスを制御できます。 Azure ロールベースのアクセス制御は、1 つ以上の Azure Maps リソース アカウントまたはサブリソースへのアクセスを指定するために使用されます。 Azure Maps REST API に対する 1 つ以上のアクセス許可で構成される組み込みロールまたはカスタム ロールを使用して、任意のユーザー、グループ、またはサービス プリンシパルにアクセス権を付与できます。

シナリオを実装するには、 認証の概念を表示することをお勧めします。 要約すると、このセキュリティ定義は、特定の API とスコープに対するアクセス制御が可能なオブジェクトを使用してアプリケーションをモデル化するためのソリューションを提供します。

メモ

  • このセキュリティ定義 では 、 ヘッダーを x-ms-client-id 使用して、アプリケーションがアクセスを要求している Azure Maps リソースを示す必要があります。 これは、 Maps 管理 API から取得できます。

Authorization URLは、Azure パブリック クラウド インスタンスに固有です。 ソブリン クラウドには、一意の承認 URL と Microsoft Entra ID 構成があります。 * Azure ロールベースのアクセス制御は、Azure portal、PowerShell、CLI、Azure SDK、または REST API を介して Azure 管理プレーン から構成されます。 * Azure Maps Web SDK を使用すると、複数のユース ケースに対するアプリケーションの構成ベースのセットアップが可能になります。

型: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

名前 説明
https://atlas.microsoft.com/.default https://atlas.microsoft.com/.default

subscription-key

これは、Azure portal で Azure Maps アカウントを作成 するとき、または PowerShell、CLI、Azure SDK、または REST API を使用するときにプロビジョニングされる共有キーです。

このキーを使用すると、すべてのアプリケーションがすべての REST API にアクセスできます。 つまり、このキーは、発行されたアカウントのマスター キーとして使用できます。

公開されているアプリケーションの場合、キーを安全に格納できるように 、機密クライアント アプリケーション のアプローチを使用して Azure Maps REST API にアクセスすることをお勧めします。

型: apiKey
/: query

SAS Token

これは、Azure portal、PowerShell、CLI、Azure SDK、または REST API を使用して、Azure 管理プレーンを介して Azure Maps リソース の SAS の一覧表示操作から作成される共有アクセス署名トークンです。

このトークンを使用すると、すべてのアプリケーションが Azure ロールベースのアクセス制御を使用してアクセスし、特定のトークンに使用される有効期限、レート、およびリージョンをきめ細かく制御できます。 つまり、SAS トークンを使用して、アプリケーションが共有キーよりもセキュリティで保護された方法でアクセスを制御できるようにします。

公開されているアプリケーションの場合、 Map アカウント リソース で許可される配信元の特定の一覧を構成して、レンダリングの不正使用を制限し、SAS トークンを定期的に更新することをお勧めします。

型: apiKey
/: header

Successful Daily Historical Records Request

Sample request

GET https://atlas.microsoft.com/weather/historical/records/daily/json?api-version=1.1&query=39.952583,-75.165222&startDate=2012-01-20&endDate=2012-01-22

Sample response

{
  "results": [
    {
      "date": "2012-01-20T00:00:00-04:00",
      "temperature": {
        "maximum": {
          "value": 18.3,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1951
        },
        "minimum": {
          "value": -19.4,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1984
        },
        "average": {
          "value": -0.6,
          "unit": "C",
          "unitType": 17
        }
      },
      "precipitation": {
        "maximum": {
          "value": 48,
          "unit": "mm",
          "unitType": 3,
          "year": 1978
        }
      },
      "snowfall": {
        "maximum": {
          "value": 12.19,
          "unit": "cm",
          "unitType": 4,
          "year": 1978
        }
      }
    },
    {
      "date": "2012-01-21T00:00:00-04:00",
      "temperature": {
        "maximum": {
          "value": 16.7,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1959
        },
        "minimum": {
          "value": -21.1,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1985
        },
        "average": {
          "value": -2.2,
          "unit": "C",
          "unitType": 17
        }
      },
      "precipitation": {
        "maximum": {
          "value": 33.5,
          "unit": "mm",
          "unitType": 3,
          "year": 1979
        }
      },
      "snowfall": {
        "maximum": {
          "value": 34.29,
          "unit": "cm",
          "unitType": 4,
          "year": 2014
        }
      }
    },
    {
      "date": "2012-01-22T00:00:00-04:00",
      "temperature": {
        "maximum": {
          "value": 21.1,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1906
        },
        "minimum": {
          "value": -21.7,
          "unit": "C",
          "unitType": 17,
          "year": 1984
        },
        "average": {
          "value": -0.3,
          "unit": "C",
          "unitType": 17
        }
      },
      "precipitation": {
        "maximum": {
          "value": 26.2,
          "unit": "mm",
          "unitType": 3,
          "year": 1987
        }
      },
      "snowfall": {
        "maximum": {
          "value": 22.35,
          "unit": "cm",
          "unitType": 4,
          "year": 1987
        }
      }
    }
  ]
}

定義

名前 説明
DailyHistoricalRecords
DailyHistoricalRecordsResult
ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

JsonFormat

応答の目的の形式。 サポートされているのは json 形式のみです。

UnitType

表示される単位の種類に関連付けられている数値 ID 値。 単位変換に使用できます。 詳細については、「 Azure Maps の Weather サービス 」を参照してください。

WeatherDataUnit

メトリック単位またはインペリアル単位のいずれかでデータを返すように指定します。 既定値はメトリックです。

WeatherUnit

天気に関連する特定の単位の特定の値。

WeatherUnitYear
WeatherUnitYearMax

返される温度値。

WeatherUnitYearMaxMinAvg

返される温度値。

DailyHistoricalRecords

名前 説明
date

string

ISO 8601 形式で表示されている現在の観測値の日付と時刻 (例: 2019-10-27T19:39:57-08:00)。

precipitation

WeatherUnitYearMax

落下した沈殿の最大量 (液体相当)。

snowfall

WeatherUnitYearMax

最大降雪量。

temperature

WeatherUnitYearMaxMinAvg

温度の値。

DailyHistoricalRecordsResult

名前 説明
nextLink

string

は、返される機能の次のページへのリンクです。 最後のページの場合は、このフィールドはありません。

results

DailyHistoricalRecords[]

要求された各日の履歴レコード。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

JsonFormat

応答の目的の形式。 サポートされているのは json 形式のみです。

名前 説明
json

string

JavaScript オブジェクト表記データ交換形式

UnitType

表示される単位の種類に関連付けられている数値 ID 値。 単位変換に使用できます。 詳細については、「 Azure Maps の Weather サービス 」を参照してください。

名前 説明
0

Integer

1

Integer

10

Integer

11

Integer

12

Integer

13

Integer

14

Integer

15

Integer

16

Integer

17

Integer

18

Integer

19

Integer

2

Integer

20

Integer

21

Integer

22

Integer

3

Integer

31

Integer

4

Integer

5

Integer

6

Integer

7

Integer

8

Integer

9

Integer

WeatherDataUnit

メトリック単位またはインペリアル単位のいずれかでデータを返すように指定します。 既定値はメトリックです。

名前 説明
imperial

string

データをインペリアル単位で返します。 帝国システムの単位の例としては、華氏とマイルがあります。

metric

string

メトリック単位でデータを返します。 メートル法の単位の例としては、摂氏とキロメートルがあります。

WeatherUnit

天気に関連する特定の単位の特定の値。

名前 説明
unit

string

戻り値の単位の型。

unitType

UnitType

表示される単位の種類に関連付けられている数値 ID 値。 単位変換に使用できます。 詳細については、「 Azure Maps の Weather サービス 」を参照してください。

value

number

丸められた値。

WeatherUnitYear

名前 説明
unit

string

戻り値の単位の型。

unitType

integer

表示される単位の種類に関連付けられている数値 ID 値。 単位変換に使用できます。 詳細については、「 Azure Maps の Weather サービス 」を参照してください。

value

number

丸められた値。

year

integer

値が発生した年。

WeatherUnitYearMax

返される温度値。

名前 説明
maximum

WeatherUnitYear

期間の最大温度。

WeatherUnitYearMaxMinAvg

返される温度値。

名前 説明
average

WeatherUnit

期間の平均温度。

maximum

WeatherUnitYear

期間の最大温度。

minimum

WeatherUnitYear

期間の最小温度。