名前空間の作成

重要

この API は廃止され、2021 年 11 月 1 日に廃止され、使用されなくなりました。

新しいサービス名前空間を作成します。 作成すると、この名前空間のリソース マニフェストは変更不可になります。 この操作はべき等です。

名前空間識別子は次の命名規則に従う必要があります。

  1. 名前の長さは 6 ~ 50 文字である。

  2. 名前は Regex ^[a-zA-Z][a-zA-Z0-9-]*$ (名前空間名は英数字とハイフン "-" のみを含むことができる) に一致する。

  3. 名前の末尾が "-"、"-sb" または "-mgmt" ではありません。

  4. この名前は、プロビジョニングの呼び出しを介して使用できます。つまり、名前を正常に作成するには、Azure 全体で一意である必要があります。

  5. 名前は文字で始まる必要がある。

  6. GUID を名前空間の名前として使用できるようになりました。

Request

Method 要求 URI HTTP バージョン
PUT https://management.core.windows.net/{subscription ID}/services/ServiceBus/Namespaces/{namespace name} HTTP/1.1

要求ヘッダー

必須要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

要求ヘッダー 説明
Content-Type application/atom+xml に設定します。
x-ms-version 2012-03-01

この要求ではクライアント証明書も必要です。 この証明書は、特定のサブスクリプション用にアップロードした証明書に一致する必要があります。

要求本文

名前空間の説明。 「名前空間の説明」を参照してくださいRegion のみが必須で、その他のフィールドは省略可能です。

Response

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

応答コード

注意

特殊文字またはエンコードされた文字を含む名前を持つ名前空間を作成する場合 (例: "test?Name=value&"。"test%3FName%3Dvalue%26" にエンコードされ、"(400) 無効な要求本文" 例外が生成されます。

コード 説明
200 作成された名前空間。
401 認証エラー。
500 内部エラーです。

状態コードの詳細については、「 状態コードとエラー コード」を参照してください

レスポンス ヘッダー

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。 すべての標準ヘッダーは 、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています

応答ヘッダー 説明
Content-Type application/atom+xml; type=entry; charset=utf-8

応答本文

名前空間の説明が返されます。 一部の説明のプロパティが PUT 要求から欠落していた場合、それらのプロパティには既定値が含まれる可能性があります。