FileService に対する操作

このリソースはFileService、ストレージ アカウント内のすべてのファイル共有に適用される、Azure Files固有の管理設定を提供します。 リソースは FileService ストレージ アカウント リソースの子であり、ストレージ アカウントには 1 つの FileService リソースのみが含まれます default

リソースを操作するには、次の FileService 2 つの方法があります。

  • (推奨)ストレージ リソース プロバイダー (Microsoft.Storage) は、Azure Resource Managerを介して管理するコントロール プレーン API を提供します。
  • (レガシ)FileREST API。この API は、管理する追加の HTTPS エンドポイントを提供します FileService

特定の理由がない限り、すべての管理アクティビティにコントロール プレーン API (ストレージ リソース プロバイダー) を使用する必要があります。 管理する FileService API は、従来の理由からデータ プレーンを介して公開されます。 管理アクションを実行するデータ プレーン API は完全にサポートされており、次の状況で使用できます。

  • これらの API を既に使用しているレガシ アプリケーションまたはサービスがあります。
  • あなたは非常に高いスケール要件を持っています。ストレージ リソース プロバイダーによって提供されるコントロール プレーン API は、FileREST API よりもはるかに低いスケール保証を持ちます。

FileREST で FileService 公開されている場合でも、データ プレーン REST SDK に新しいパラメーターとアクションが追加されない場合があります。 コントロール プレーン SDK を使用して、パラメーターとアクションにアクセスします。

Azure Filesの API の領域の詳細については、REST API のAzure Filesに関するページを参照してください。

管理 API

このセクションでは、次のトピックを扱います。

アクション コントロール プレーン API (Microsoft.Storage) データ プレーン API (FileREST) SMB ファイル共有で使用できる NFS ファイル共有で使用できる
Get FileService ファイル サービスのプロパティを取得する Yes Yes
FileService を設定します File Services - サービスのプロパティを設定する Set File Service Properties Yes Yes
Preflight File Request -- Preflight File Request Yes Yes

関連項目