Share via


Put Block

Put Block 操作は、コミットする新しいブロックを BLOB の一部として作成します。

要求

要求は Put Block 次のように構築できます。 HTTPS を使用することをお勧めします。 myaccount をストレージ アカウントの名前に置き換えます。

PUT メソッド要求 URI HTTP バージョン
https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?comp=block&blockid=id HTTP/1.1

エミュレートされたストレージ サービス要求

エミュレートされたストレージ サービスに対して要求を行うときは、エミュレーターのホスト名と BLOB サービス ポートを として 127.0.0.1:10000指定し、その後にエミュレートされたストレージ アカウント名を指定します。

PUT メソッド要求 URI HTTP バージョン
http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1/mycontainer/myblob?comp=block&blockid=id HTTP/1.1

詳細については、ローカルでの Azure Storage の開発に Azurite エミュレーターを使用する方法に関するページを参照してください。

URI パラメーター

パラメーター 説明
blockid 必須。 ブロックを識別する有効な Base64 文字列値。 エンコードする前に、文字列のサイズが 64 バイト以下である必要があります。

指定した BLOB の場合、パラメーターの値 blockid の長さはブロックごとに同じサイズである必要があります。

: Base64 文字列は URL エンコードされている必要があります。
timeout 省略可能。 timeout パラメーターは、秒単位で表されます。 詳細については、「 BLOB サービス操作のタイムアウトを設定する」を参照してください。

要求ヘッダー

必須の要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

要求ヘッダー 説明
Authorization 必須。 承認スキーム、アカウント名、署名を指定します。 詳細については、「 Azure Storage への要求を承認する 」を参照してください。
Date または x-ms-date 必須。 要求に対して協定世界時 (UTC) を指定します。 詳細については、「Azure Storage への要求を承認する」をご覧ください。
x-ms-version すべての承認された要求に必要です。 この要求に使用する操作のバージョンを指定します。 詳細については、「 Azure Storage Services のバージョン管理」を参照してください。
Content-Length 必須。 ブロックのコンテンツのサイズ (バイト単位)。 ブロックのサイズは、バージョン 2019-12-12 以降では 4,000 メビバイト (MiB) 以下である必要があります。 以前のバージョンの制限については、「 解説 」セクションを参照してください。

長さが指定されていない場合、操作は状態コード 411 (必要な長さ) で失敗します。
Content-MD5 省略可能。 ブロックのコンテンツの MD5 ハッシュ。 このハッシュは、転送時のブロックの整合性を確認するために使用します。 このヘッダーを指定すると、ストレージ サービスによって、到達したコンテンツのハッシュと、このヘッダー値が比較されます。

: この MD5 ハッシュは BLOB と共に格納されません。

2 つのハッシュが一致しない場合、エラー コード 400 (Bad Request) で操作が失敗します。
x-ms-content-crc64 省略可能。 ブロック コンテンツの CRC64 ハッシュ。 このハッシュは、転送時のブロックの整合性を確認するために使用します。 このヘッダーを指定すると、ストレージ サービスによって、到達したコンテンツのハッシュと、このヘッダー値が比較されます。

: この CRC64 ハッシュは BLOB と共に格納されません。

2 つのハッシュが一致しない場合、操作はエラー コード 400 (無効な要求) で失敗します。

Content-MD5 ヘッダーと x-ms-content-crc64 ヘッダーの両方が存在する場合、要求は 400 (無効な要求) で失敗します。

このヘッダーは、バージョン 2019-02-02 以降でサポートされています。
x-ms-encryption-scope 省略可能。 要求の内容を暗号化するために使用する暗号化スコープを示します。 このヘッダーは、バージョン 2019-02-02 以降でサポートされています。
x-ms-lease-id:<ID> BLOB にアクティブなリースが存在する場合は必須です。 アクティブなリースが存在する BLOB に対してこの操作を実行するには、このヘッダーに有効なリース ID を指定します。
x-ms-client-request-id 省略可能。 ログ記録の構成時にログに記録される 1 kibibyte (KiB) 文字制限を使用して、クライアントによって生成された不透明な値を提供します。 このヘッダーを使用して、クライアント側のアクティビティとサーバーが受信する要求を関連付けるよう強くお勧めします。 詳細については、「Azure Blob Storageの監視」を参照してください。

要求ヘッダー (顧客が指定した暗号化キー)

バージョン 2019-02-02 の時点で、お客様が指定したキーを使用して BLOB を暗号化する要求で、次のヘッダーを指定できます。 顧客が指定したキー (および対応するヘッダーのセット) を使用した暗号化は省略可能です。

要求ヘッダー 説明
x-ms-encryption-key 必須。 Base64 でエンコードされた AES-256 暗号化キー。
x-ms-encryption-key-sha256 必須。 暗号化キーの Base64 でエンコードされた SHA256 ハッシュ。
x-ms-encryption-algorithm: AES256 必須。 暗号化に使用するアルゴリズムを指定します。 このヘッダーの値は AES256 である必要があります。

要求本文

要求本文にはブロックのコンテンツが含まれます。

要求のサンプル

Request Syntax:  
PUT https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?comp=block&blockid=AAAAAA%3D%3D HTTP/1.1  
  
Request Headers:  
x-ms-version: 2011-08-18  
x-ms-date: Sun, 25 Sep 2011 14:37:35 GMT  
Authorization: SharedKey myaccount:J4ma1VuFnlJ7yfk/Gu1GxzbfdJloYmBPWlfhZ/xn7GI=  
Content-Length: 1048576  

Response

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

status code

操作が正常に終了すると、状態コード 201 (Created) が返されます。

状態コードの詳細については、「 状態コードとエラー コード」を参照してください。

応答ヘッダー

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。 すべての標準ヘッダーは 、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています

応答ヘッダー 説明
Content-MD5 クライアントがメッセージ コンテンツの整合性をチェックできるように返されます。 このヘッダーの値は Blob Storage によって計算され、要求ヘッダーで指定されている値と必ずしも同じとは限りません。 バージョン 2019-02-02 以降の場合、このヘッダーは要求にこのヘッダーがある場合にのみ返されます。
x-ms-content-crc64 バージョン 2019-02-02 以降では、クライアントがメッセージ コンテンツの整合性をチェックできるように、このヘッダーが返されます。 このヘッダーの値は Blob Storage によって計算され、要求ヘッダーで指定されている値と必ずしも同じとは限りません。

このヘッダーは、ヘッダーが要求に存在しない場合 Content-md5 に返されます。
x-ms-request-id 行われた要求を一意に識別し、それを使用して要求のトラブルシューティングを行うことができます。 詳細については、「 API 操作のトラブルシューティング」を参照してください。
x-ms-version 要求の実行に使用された Blob Storage のバージョンを示します。 このヘッダーは、バージョン 2009-09-19 以降に対して行われた要求に対して返されます。
Date サービスによって生成される UTC 日付/時刻値。応答がいつ開始されたかを示します。
x-ms-request-server-encrypted: true/false バージョン 2015-12-11 以降。 指定したアルゴリズムを true 使用して要求の内容が正常に暗号化された場合、このヘッダーの値は に設定されます。 それ以外の場合、値は false に設定されます。
x-ms-encryption-key-sha256 バージョン 2019-02-02 以降。 このヘッダーは、クライアントが指定されたキーを使用して要求の内容が正常に暗号化されるように、要求で顧客が指定したキーを暗号化に使用した場合に返されます。
x-ms-encryption-scope バージョン 2019-02-02 以降。 このヘッダーは、要求が暗号化スコープを使用した場合に返されるため、クライアントは、暗号化スコープを使用して要求の内容が正常に暗号化されていることを確認できます。
x-ms-client-request-id 要求とそれに対応する応答のトラブルシューティングに使用できます。 このヘッダーの値は、要求に存在し、その値に 1,024 文字以下の ASCII 文字が含まれている場合、ヘッダーの値 x-ms-client-request-id と等しくなります。 ヘッダーが x-ms-client-request-id 要求に存在しない場合は、応答に存在しません。

応答のサンプル

Response Status:  
HTTP/1.1 201 Created  
  
Response Headers:  
Transfer-Encoding: chunked  
x-ms-content-crc64: 77uWZTolTHU  
Date: Sun, 25 Sep 2011 23:47:09 GMT  
Server: Windows-Azure-Blob/1.0 Microsoft-HTTPAPI/2.0  

承認

Azure Storage でデータ アクセス操作を呼び出す場合は、承認が必要です。 以下で説明するように、操作を Put Block 承認できます。

重要

Microsoft では、マネージド ID でMicrosoft Entra IDを使用して、Azure Storage への要求を承認することをお勧めします。 Microsoft Entra IDは、共有キーの承認と比較して優れたセキュリティと使いやすさを提供します。

Azure Storage では、Microsoft Entra IDを使用して BLOB データへの要求を承認することがサポートされています。 Microsoft Entra IDでは、Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC) を使用して、セキュリティ プリンシパルにアクセス許可を付与できます。 セキュリティ プリンシパルには、ユーザー、グループ、アプリケーション サービス プリンシパル、または Azure マネージド ID を指定できます。 セキュリティ プリンシパルは、OAuth 2.0 トークンを返すためにMicrosoft Entra IDによって認証されます。 その後、そのトークンを、Blob service に対する要求を認可するために使用できます。

Microsoft Entra IDを使用した承認の詳細については、「Microsoft Entra IDを使用して BLOB へのアクセスを承認する」を参照してください。

アクセス許可

Microsoft Entraユーザー、グループ、マネージド ID、またはサービス プリンシパルが操作を呼び出Put Blockすために必要な RBAC アクションと、このアクションを含む最小特権の組み込み Azure RBAC ロールを次に示します。

Azure RBAC を使用したロールの割り当ての詳細については、「 BLOB データにアクセスするための Azure ロールの割り当て」を参照してください。

注釈

Put Block は、今後含めるブロックをブロック BLOB にアップロードします。 ブロック BLOB 内の各ブロックのサイズは異なる場合があります。 ブロック BLOB には、最大 50,000 個のコミット済みブロックを含めることができます。

次の表では、許可されるブロックと BLOB の最大サイズをサービス のバージョン別に示します。

サービスのバージョン 最大ブロック サイズ (経由 Put Block) 最大 BLOB サイズ (経由 Put Block List) 単一書き込み操作による最大 BLOB サイズ (経由 Put Blob)
バージョン 2019-12-12 以降 4,000 MiB 約 190.7 テビバイト (TiB) (4,000 MiB × 50,000 ブロック) 5,000 MiB
バージョン 2016-05-31 から 2019-07-07 100 MiB 約 4.75 TiB (100 MiB × 50,000 ブロック) 256 MiB
2016-05-31 より前のバージョン 4 MiB 約 195 ギビバイト (GiB) (4 MiB × 50,000 ブロック) 64 MiB

BLOB に関連付けられる可能性があるコミットされていないブロックの最大数は 100,000 です。 この数を超えると、サービスは状態コード 409 (RequestEntityTooLargeBlockCountExceedsLimit) を返します。

ブロックのセットをアップロードしたら、 Put Block List 操作を呼び出して、このセットからサーバー上の BLOB を作成または更新できます。 セット内の各ブロックは、その BLOB 内で一意のブロック ID によって識別されます。 ブロック ID は特定の BLOB にスコープ設定されるため、異なる BLOB に同じ ID を持つブロックを含めることができます。

まだ存在しない BLOB で を呼び出 Put Block すと、コンテンツの長さが 0 の新しいブロック BLOB が作成されます。 この BLOB は、include=uncommittedblobs オプションを指定して List Blobs 操作を実行すると列挙されます。 アップロードするブロックは、新しい BLOB で を呼び出 Put Block List すまでコミットされません。 この方法で作成された BLOB は、サーバー上で 1 週間維持されます。 その期間内にブロックまたはコミットされたブロックを BLOB に追加していない場合、BLOB はガベージ コレクションされます。

操作で Put Block 正常にアップロードされたブロックは、 でコミット Put Block Listされるまで BLOB の一部になりません。 を呼び出して新しい BLOB または更新された BLOB をコミットする前 Put Block List に、 Get Blob を呼び出す場合は、コミットされていないブロックを含めずに BLOB の内容が返されます。

まだコミットされていない別のブロックと同じブロック ID を持つブロックをアップロードした場合、その ID を持つ最後にアップロードされたブロックは、次に成功した Put Block List 操作でコミットされます。

Put Block Listが呼び出されると、ブロック リストで指定されているすべてのコミットされていないブロックが、新しい BLOB の一部としてコミットされます。 BLOB のブロック 一覧で指定されていないコミットされていないブロックは、ガベージ コレクションされ、Blob Storage から削除されます。 最後に成功Put Blockした操作の後、1 週間以内に同じ BLOB への呼び出しまたはPut Block List同じ BLOB に対するPut Block呼び出しが成功しなかった場合は、コミットされていないブロックもガベージ コレクションされます。 PUT BLOB が BLOB で呼び出されると、コミットされていないブロックはすべてガベージ コレクションされます。

BLOB にアクティブなリースがある場合、クライアントは要求で有効なリース ID を指定して、ブロックを BLOB に書き込む必要があります。 クライアントでリース ID が指定されていないか、無効なリース ID が指定されている場合、Blob Storage は状態コード 412 (前提条件に失敗しました) を返します。 クライアントでリース ID が指定されているが、BLOB にアクティブなリースがない場合、Blob Storage は状態コード 412 (前提条件に失敗) も返します。

指定された BLOB の場合、すべてのブロック ID は同じ長さである必要があります。 アップロードされたブロックと既存のコミット前のブロックでブロック ID の長さが異なる場合、サービスはステータス コード 400 (Bad Request) を返します。

バージョン 2019-12-12 以降では 4,000 MiB を超えるブロック、バージョン 2016-05-31 以降では 100 MiB を超えるブロック、または古いバージョンでは 4 MiB を超えるブロックをアップロードしようとすると、サービスは状態コード 413 (要求エンティティが大きすぎる) を返します。 また、このサービスは、許容される最大ブロック サイズ (バイト単位) を含む、応答のエラーに関する追加情報も返します。

を呼び出 Put Block しても、既存の BLOB の最終変更時刻は更新されません。

ページ BLOB に対して Put Block を呼び出すと、エラーが返されます。

アーカイブされた BLOB で を呼び出Put Blockすとエラーが返され、 または cool BLOB でhot呼び出しても BLOB 層は変更されません。

請求

価格要求は、Blob Storage REST API を介して直接、または Azure Storage クライアント ライブラリを介して Blob Storage API を使用するクライアントから送信できます。 これらの要求では、トランザクションあたりの料金が発生します。 トランザクションの種類は、アカウントの課金方法に影響します。 たとえば、読み取りトランザクションは、書き込みトランザクションとは異なる課金カテゴリに計上されます。 次の表は、ストレージ アカウントの種類に基づく要求の課金カテゴリ Put Block を示しています。

操作 ストレージ アカウントの種類 課金カテゴリ
Put Block Premium ブロック BLOB
Standard 汎用 v2
Standard 汎用 v1
書き込み操作

指定した課金カテゴリの価格については、「Azure Blob Storage価格」を参照してください。

こちらもご覧ください

Azure Storage への要求を承認する
状態コードとエラー コード
BLOB サービスのエラー コード
BLOB サービス操作のタイムアウトを設定する