Microsoft セキュリティ情報 MS14-042 - 中

Microsoft Service Bus の脆弱性により、サービス拒否 (2972621) が発生する可能性がある

公開日: 2014 年 7 月 8 日 |更新日: 2014 年 10 月 14 日

バージョン: 2.0

一般情報

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Service Bus for Windows Server で公開されている 1 つの脆弱性を解決します。 リモート認証された攻撃者が、特別に細工された高度なメッセージ キュー プロトコル (AMQP) メッセージのシーケンスをターゲット システムに送信するプログラムを作成して実行すると、この脆弱性によりサービス拒否が発生する可能性があります。 Microsoft Service Bus for Windows Server は、Microsoft オペレーティング システムには付属していません。 影響を受けるシステムを脆弱にするには、まず Microsoft Service Bus をダウンロード、インストール、構成してから、その構成の詳細 (ファーム証明書) を他のユーザーと共有する必要があります。

このセキュリティ更新プログラムは、影響を受けるエディションの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2012 R2 にインストールされている場合、Microsoft Service Bus 1.1 に対して Moderate と評価されます。 詳細については、「 影響を受けるソフトウェア」および「影響を受けないもの」 セクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Service Bus for Windows Server が AMQP メッセージを処理する方法を変更することで、この脆弱性を解決します。 この脆弱性の詳細については、このセキュリティ情報の特定の脆弱性に関 するよく寄せられる質問 (FAQ) のサブセクションを参照してください。

推薦。 ほとんどのお客様は自動更新を有効にしており、このセキュリティ更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされるため、何も行う必要はありません。 自動更新の特定の構成オプションについては、「 Microsoft サポート技術情報の記事 294871」を参照してください。 自動更新を有効にしていないお客様の場合は、「 自動更新を有効または無効にする」 の手順を使用して自動更新を有効にすることができます。

管理者と企業のインストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールするエンド ユーザー (自動更新を有効にしていないお客様を含む) の場合、お客様は、更新プログラム管理ソフトウェアを使用してセキュリティ更新プログラムを適用するか、 Microsoft Update サービスを使用して更新プログラムを確認することを検討することをお勧めします。 更新プログラムは、このセキュリティ情報の後の「影響を受けるソフトウェア」の表のダウンロード リンクからも入手できます。

その他のガイダンスについては、このセキュリティ情報の 「検出および展開ツールとガイダンス 」セクションを参照してください。

サポート技術情報の資料

  • サポート技術情報の記事: 2972621
  • ファイル情報: はい
  • SHA1/SHA2 ハッシュ: はい
  • 既知の問題: はい

 

影響を受けるソフトウェアと影響を受けないもの

影響を受けるバージョンまたはエディションを特定するために、次のソフトウェアがテストされています。 その他のバージョンまたはエディションは、サポート ライフ サイクルを過ぎているか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフ サイクルを確認するには、「Microsoft サポート ライフサイクル」を参照してください。

影響を受けるソフトウェア 

Product セキュリティへの影響の最大値 重大度評価の集計 更新置換済み
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1\ にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 \ (2972621) サービス拒否 なし
Windows Server 2012\ (2972621) にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 サービス拒否 なし
Windows Server 2012 R2\ (2972621) にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 サービス拒否 なし

 

更新に関する FAQ

この脆弱性の影響を受ける Microsoft Service Bus for Windows Server の製品バージョンは何ですか?
Microsoft Service Bus 1.1 は、システム上に存在する影響を受けるバイナリの製品バージョンが、次の表の 脆弱な製品バージョン に記載されているものと一致する場合、脆弱性の影響を受けます。

影響を受けるバイナリ 脆弱な製品バージョン 更新プログラムを適用した後の予想される製品バージョン
Microsoft.ServiceBus.dll 2.1.30904.0 2.1.40512.2
Microsoft.Cloud.ServiceBus.Client.dll 2.1.30904.0 2.1.40512.2
Microsoft.ServiceBus.Commands.dll 2.0.30904.0 2.0.40512.2
Microsoft.Cloud.ServiceBus.Messaging.dll 2.0.30904.0 2.0.40512.2

システムに存在する影響を受けるバイナリの製品バージョンが 2 番目の列のエントリ以上である場合、Microsoft Service Bus 1.1 は脆弱性に対処するように更新されており、影響を受けません。

現在システムにインストールされている Microsoft Service Bus for Windows Server のバージョンを確認操作方法。 
Microsoft Service Bus 1.1 が既にコンピューターにインストールされている場合は、「 プログラムの追加と削除」に一覧表示されます。 影響を受けるバイナリ (C:\Program Files\Service Bus\1.1 ディレクトリにあります) の製品バージョン番号をチェックする場合は、ファイルのプロパティを表示し、[詳細] タブにある製品バージョンを確認します。影響を受けるバイナリと脆弱な製品バージョンを上の表に示します。

操作方法 Windows Server 用 Microsoft Service Bus のバージョンを手動で更新しますか? 
Microsoft Update 経由で更新プログラムをインストールするのではなく、手動で更新プログラムをインストールすることを選択したお客様は、まず、システムにインストールされているバージョンを決定する必要があります (Microsoft Service Bus 1.1 は、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1、Windows Server 2012、および Windows Server 2012 R2 でのみサポートされています)。 Service Bus 1.1 がシステムにインストールされている場合は、前述の FAQ で説明したように、影響を受けるいずれかのバイナリのビルド バージョンをチェックします。 システムに存在する製品バージョンが脆弱な場合は、このセキュリティ情報の「 影響を受けるソフトウェア 」セクションに記載されている Microsoft ダウンロード センターのリンクを使用して、2972621更新プログラムをダウンロードしてインストールします。

この更新プログラムは、Windows Server 用 Microsoft Service Bus のバージョンをアップグレードしますか? 
いいえ。 2972621更新プログラムでは、以前のバージョンの Microsoft Service Bus はバージョン 1.1 にアップグレードされません。 Microsoft では、このセキュリティ情報に記載されている脆弱性から保護されるようにアップグレードすることをお勧めします。

このセキュリティ情報で説明されているソフトウェアの古いリリースを使用しています。 どうすればよいですか。 
このセキュリティ情報に記載されている影響を受けるソフトウェアは、影響を受けるリリースを特定するためにテストされています。 その他のリリースはサポート ライフサイクルを過ぎている。 製品ライフサイクルの詳細については、「Microsoft サポート ライフサイクル」Web サイトを参照してください。

ソフトウェアの古いリリースをお持ちのお客様は、脆弱性にさらされる可能性を防ぐために、サポートされているリリースに移行することが優先されます。 ソフトウェア リリースのサポート ライフサイクルを確認するには、「ライフサイクル 情報の製品を選択する」を参照してください。 これらのソフトウェア リリースのサービス パックの詳細については、「 Service Pack ライフサイクル サポート ポリシー」を参照してください。

古いソフトウェアのカスタム サポートを必要とするお客様は、Microsoft アカウント チームの担当者、テクニカル アカウント マネージャー、またはカスタム サポート オプションに関する適切な Microsoft パートナー担当者にお問い合わせください。 アライアンス、プレミア、または承認された契約を持たないお客様は、お住まいの地域の Microsoft 営業所にお問い合わせください。 連絡先情報については、 Microsoft Worldwide Information Web サイトを参照し、[連絡先情報] リストで国を選択し、[ 移動 ] をクリックして電話番号の一覧を表示します。 お電話の際は、現地のプレミアサポートセールスマネージャーにお問い合わせください。 詳細については、「Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーに関する FAQ」を参照してください。

重大度評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大の影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、重大度評価とセキュリティへの影響に関連する脆弱性の悪用可能性の可能性については、 7 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。 詳細については、「 Microsoft Exploitability Index」を参照してください。

脆弱性の重大度評価と影響を受けるソフトウェアによる最大のセキュリティ影響
影響を受けるソフトウェア Service Bus のサービス拒否の脆弱性 - CVE-2014-2814 重大度評価の集計
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (2972621) にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 中程 度 サービス拒否
Windows Server 2012 にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 (2972621) 中程 度 サービス拒否
Windows Server 2012 R2 (2972621) にインストールされている場合の Microsoft Service Bus 1.1 中程 度 サービス拒否

 

Service Bus のサービス拒否の脆弱性 - CVE-2014-2814

Microsoft Service Bus for Windows Server にサービス拒否の脆弱性が存在します。 認証された攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Service Bus が受信 AMQP メッセージの応答を停止する可能性があります。

一般的な脆弱性と公開の一覧の標準エントリとしてこの脆弱性を表示するには、 CVE-2014-2814 を参照してください。

軽減要因

軽減策とは、既定の状態に存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 状況によっては、次の軽減要因が役立つ場合があります。

  • Microsoft Service Bus for Windows Server は、Microsoft オペレーティング システムには付属していません。 影響を受けるシステムを脆弱にするには、まず Microsoft Service Bus をダウンロード、インストール、構成してから、その構成の詳細 (ファーム証明書) を他のユーザーと共有する必要があります。

対処方法

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、次の回避策をテストし、回避策が機能を低下させるかどうかを説明しています。

AMQP を無効にする

AMQP プロトコルの機能と接続が必要ない場合は、AMQP の使用を無効にすることができます。 AMQP を無効にするには、次の手順に従います。

  1. c:\Program Files\Service Bus\1.1\ ディレクトリにある GatewayComponents.config ファイルを開きます。 (この回避策を元に戻す場合は、後で復元するためにこのファイルのバックアップを保存します)。

  2. "AmqpProtocolHead" コンポーネントへのすべての参照を削除し、ファイルを保存します。

  3. 変更を有効にするには、次の Service Bus PowerShell コマンドレットを実行します。

     stop-sbhost
    

    続けて次を入力します

     start-sbhost
    

    メモ 構成された Service Bus ファームに複数のノードが存在する場合は、ファーム内の各ノードで上記の手順を実行する必要があります。

回避策の影響。 AMQP 接続は受け入れされません。

回避策を元に戻す方法。

回避策を元に戻すには、次の手順に従います。

  1. GatewayComponents.config ファイルのバックアップを c:\Program Files\Service Bus\1.1\ ディレクトリに復元します。

  2. 変更を有効にするには、次の Service Bus PowerShell コマンドレットを実行します。

     stop-sbhost
    

    続けて次を入力します

     start-sbhost 
    

    メモ 構成された Service Bus ファームに複数のノードが存在する場合は、ファーム内の各ノードで上記の手順を実行する必要があります。

よく寄せられる質問

脆弱性の範囲は何ですか?
これはサービス拒否の脆弱性です。

脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、Microsoft Service Bus が特別に細工された AMQP メッセージを不適切に処理した場合に発生します。

Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) とは
Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) は、堅牢なクロスプラットフォーム メッセージング アプリケーションの構築に使用できる、効率的で信頼性の高いメッセージング プロトコルです。 Microsoft Service Bus for Windows Server の詳細については、「 Service Bus AMQP: 開発者ガイド」を参照してください

Microsoft Service Bus for Windows Server とは
Microsoft Service Bus for Windows Server は、Windows でメッセージング機能を提供するインストール可能なコンポーネントです。 これにより、お客様は、セルフマネージド環境でメッセージ駆動型アプリケーションを構築、テスト、実行できます。 Windows Server 用 Microsoft Service Bus の詳細については、「 Service Bus for Windows Server (Service Bus 1.1)」を参照してください。

攻撃者がこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Microsoft Service Bus が受信メッセージへの応答を停止する可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
リモート認証された攻撃者は、特別に細工された AMQP メッセージのシーケンスをターゲット システムに送信するプログラムを作成して実行することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

主に脆弱性の危険にさらされているシステムは何ですか?
Microsoft Service Bus for Windows Server がインストールされている Windows Server は、この脆弱性によるリスクが最も高くなります。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、Microsoft Service Bus for Windows Server が AMQP メッセージを処理する方法を変更することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
はい。 この脆弱性は一般に公開されています。 一般的な脆弱性と露出番号 CVE-2014-2814 が割り当てられます。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取っていましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性を悪用しようとする攻撃を認識していません。

検出と展開のツールとガイダンス

管理者がセキュリティ更新プログラムを展開するのに役立つリソースがいくつかあります。 

  • Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用すると、管理者はローカル システムとリモート システムをスキャンして、不足しているセキュリティ更新プログラムと一般的なセキュリティ構成の誤りを確認できます。 
  • Windows Server Update Services (WSUS)、Systems Management Server (SMS)、System Center Configuration Managerは、管理者がセキュリティ更新プログラムを配布するのに役立ちます。 
  • アプリケーション互換性ツールキットに含まれる Update Compatibility Evaluator コンポーネントは、インストールされているアプリケーションに対する Windows 更新プログラムのテストと検証を合理化する上で役立ちます。 

これらのツールと使用可能なその他のツールの詳細については、 IT 担当者向けのセキュリティ ツールに関するページを参照してください。 

セキュリティ更新プログラムの展開

Microsoft Service Bus for Windows Server

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名 Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2012 R2 のサポートされているすべてのエディションにインストールされている場合の Microsoft Service Bus for Windows Server の場合:\ ServiceBusServer-KB2972621-x64-EN.exe
インストール スイッチ Microsoft サポート技術情報の記事934307を参照してください
再起動の必要性 この更新プログラムでは、再起動は必要ありません。 インストーラーは、必要なサービスを停止し、更新プログラムを適用してから、サービスを再起動します。 ただし、何らかの理由で必要なサービスを停止できない場合や、必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。
削除情報 コントロール パネル[プログラムと機能] を開き、インストールされている更新プログラムの一覧で Service Bus 1.1 (KB2972621) のセキュリティ更新プログラムを見つけて右クリックし、[アンインストール] をクリックします。\ \ コマンド ラインを使用してセキュリティ更新プログラムをアンインストールする方法については、Microsoft サポート技術情報の記事2972621を参照してください。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事2972621を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Service Bus 1.1\KB2972621

 

その他の情報

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

Microsoft は、お客様のセキュリティ保護を強化するために、毎月のセキュリティ更新プログラムリリースの前に、主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに脆弱性情報を提供しています。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性情報を使用して、ウイルス対策、ネットワークベースの侵入検出システム、ホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアまたはデバイスを介して、お客様に最新の保護を提供できます。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーからアクティブな保護を利用できるかどうかを確認するには、 Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されているプログラム パートナーによって提供されるアクティブな保護 Web サイトに移動してください。

サポート

このセキュリティ更新プログラムのヘルプとサポートを取得する方法

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく "現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性を通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、事業利益の損失、特別な損害を含むいかなる損害についても、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限が適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2014 年 7 月 8 日): セキュリティ情報が公開されました。
  • V2.0 (2014 年 10 月 14 日): このセキュリティ情報は、このセキュリティ情報が最初にリリースされたときに提供されたダウンロード センター専用オプションに加えて、Microsoft Update を介してセキュリティ更新プログラムの提供を発表するために再リリースされました。 システムを既に正常に更新しているお客様は、アクションを実行する必要はありません。

Page generated 2014-10-01 10:14Z-07:00。