SharePoint 移行評価ツールの概要

SharePoint 移行評価ツールは、単純なコマンド ライン実行可能ツールです。 これは、SharePoint ファームの内容をスキャンして、Microsoft 365 を使用してサーバーを SharePoint に移行した場合の影響を特定するのに役立ちます。

このツールは環境に影響を与えずに実行するように設計されているため、環境のスキャンを完了するにはツールに 1 日から 2 日が必要になる場合があります。 この間、ツールはコンソール ウィンドウで進行状況を報告します。 スキャンが完了すると、出力ファイルは Logs ディレクトリに格納されます。 ここでは、移行の影響を受ける可能性があるシナリオの概要と詳細な分析情報を確認できます。

注:

SharePoint 移行ツールをダウンロードするには、「 SharePoint 移行評価ツールのダウンロード」を参照してください。

注:

Microsoft 製品とサービスの品質を向上させるために、このツールは匿名の統計情報を Microsoft に報告します。 必要に応じて、スキャンの最後にメッセージが表示されたときに組織を識別できます。 ツールがインターネットに接続してこの情報を報告できない場合でも、ツールは期待どおりに機能します。

SharePoint 移行評価ツールのモード

このツールには、評価と ID マッピングの 2 つのモードがあります。

料金の考え方の案内

既定のモード。 SMAT.exeを実行すると、評価が実行されます。 評価プロセスは、SharePoint ファームと関連するコンテンツに対してスキャンを実行します。 これは、SharePoint に移行するお客様に問題が発生することがわかっている問題を探します。 使用可能なスキャンの詳細については、「 SharePoint 移行評価ツール: スキャン レポートロードマップ」を参照してください。

ID マッピング

ID マッピングを使用すると、SharePoint 環境にアクセスできるすべてのユーザー ID とグループ ID のレポートを生成し、それらの ID を Azure AD ユーザー ID とグループ ID にマップしようとします。

このプロセスは、移行にとって非常に重要です。 移行前に ID が正しく設定されていない場合、ユーザーはコンテンツへのアクセスを失う可能性があり、サイトの情報が正しくない可能性があります。 たとえば、[ 作成者 ] フィールドと [変更済み ] フィールドに移行後に正しい ID が表示されない場合があります。

ID マッピングの詳細については、「 SharePoint 移行 ID マッピング ツール」を参照してください。

前提条件

このツールは、SharePoint 2010、2013、または 2016 ファーム内から実行するように構築されており、次の前提条件があります。

  • ツールを実行するには、実行前にすべてのファイルを圧縮パッケージから抽出する必要があります。

  • ツールはファーム サービス アカウントとして実行する必要があります。 ファーム管理者アカウントは、アカウントにすべての Web アプリケーションへの読み取りアクセス権が付与されている限り許容されます。 アカウントには、操作>管理者とユーザー プロファイル サービス アプリケーションの共有>アクセス許可両方に対する明示的なフル コントロールアクセス許可も必要です。 環境をスキャンする前に、アカウントに十分なアクセス許可があることを確認するための一連のチェックがあります。

  • このツールでは、英語版の SharePoint のみがサポートされています。

構成ファイル

SMAT の 2 つの構成ファイルを変更できます。

  • SiteSkipList.csv は、SMAT.exeと同じディレクトリにインストールされます。 この CSV にサイトを追加すると、これらのサイトをレポート出力に含めないように SMAT に指示されます。 スキップ リストにサイトを追加する方法の例については、「SiteSkipList.csv」を参照してください。

  • ScanDef.json は、SMAT と同じディレクトリにインストールされます。 ScanDef.json を使用して、SMAT の個々のスキャンを有効または無効にすることができます。 このファイルには、SharePoint 2010 と 2013 の両方で評価するための構成と ID マッピングが含まれています。

スキャンを無効にするには、ScanDef.json ファイル内のエントリを見つけて、[ 有効]false に設定します。 これは、ビジネスが気にしないスキャンがある場合に便利です。 スキャンを無効にすると、SMAT の全体的な実行時間が短縮されます。

次に、アラート スキャンを無効にします。

{ "Name": "Alerts", "Type": "AlertsScanner", "SupportedVersions": [ "2010", "2013", "2016" ], "ReportCategoryType": "SPSite", "Enabled": false }

SupportedVersion は、特定のスキャンが適用される SharePoint のバージョンを SMAT に通知します。 たとえば、SharePoint 2010 には SharePoint アドインがないため、アプリ スキャナーでは 2010 がサポートされているバージョンとして一覧表示されません。

{ "Name": "Apps", "Type": "AppsScanner", "SupportedVersions": [ "2013", "2016" ], "ReportCategoryType": "SPSite", "Enabled": true }

一部のスキャンには、追加の構成オプションがあります。 これらは、ScanDef.json ファイルで構成できます。 すべてのスキャンに構成可能なプロパティがあるわけではありません。 ただし、スキャンにプロパティがある場合は、ScanDef.json ファイルに既定のプロパティが構成され、変更できます。 たとえば、 SiteTemplateLanguage スキャンには、英語サイト [ロケール 1033] を除外するフィルターがあります。 チームが英語サイトの移行に関する懸念がある場合は、これらのサイトを含むようにフィルターを変更できます。

{ "Name": "SiteTemplateLanguage", "Type": "SiteTemplateLanguageScanner", "SupportedVersions": [ "2010", "2013", "2016" ], "Property": { "ExcludedLanguages": "" }, "ReportCategoryType": "SPSite", "Enabled": true }

ScanDef.json ファイルを削除または破損した場合は、代わりに、SMAT.exe実行可能ファイルに埋め込まれている既定の構成が使用されます。 これは SMAT.log ファイルに示されています。 スキャンを無効にするか、プロパティを変更し、SMAT.exeの実行時に変更が取得されない場合は、SMAT.log ファイルを参照して詳細を確認してください。

実行

抽出されたファイルの場所からsmat.exeを実行します。 使用可能なすべてのパラメーターを表示するには、 を実行します smat.exe /help

SMAT.exeは、渡されたパラメーターに基づいて意図を決定し、要求された作業を行うために適切なアプリケーションを読み込む起動プログラムです。 カバーの下には、作業を行う役割を担う 3 つの実行可能ファイルがあります。

  • SMAT2010.exe - SharePoint 2010 環境で評価を実行します。

  • SMAT2013.exe - SharePoint 2013 環境で評価を実行します。

  • SMIT.exe - SharePoint 2010 と 2013 の両方の環境で ID マッピング作業を実行します。

SMAT.exeを実行してPowerShell.exeから評価を実行すると、次のアクションが実行されます。 SMAT.exeを実行している PowerShell ウィンドウがアプリを起動して作業を実行します。 作業アプリが読み込まれた後、SMAT.exe ローダー プログラムは終了し、オペレーターに制御を返します。 作業を実行するツールは、完了するまで独自のウィンドウで実行されます。

ログ ファイル

出力ディレクトリに最大 3 つのログ ファイルが表示される場合があります。

  • SMAT.log - このファイルには、ツールの実行からのすべてのログが含まれています。 これには、 情報警告エラーの 3 つのレベルのログが含まれています。 情報は、進行状況の追跡と問題のトラブルシューティングに役立ちます。 通常、警告は予期されるエラー状態です。 エラーは、ツールが前進の阻害要因になるかどうかを判断できなかった予期しない状況です。 これらは確認する必要があります。

  • SMAT_Errors.log - これにはエラー イベントのみが含まれます。 ツールの完了後にこのファイルが見つからない場合は、エラーが見つからなかったことを示します。

  • SMATTelemetry.log - テレメトリ アップロード ツールのログが含まれています。 ここでの問題は、レポートの生成には影響しません。

評価の自動化

評価プロセスをスケジュールする必要がある場合は、特定の.exe ファイルを実行して実行できます。 たとえば、評価のために SharePoint 2010 ファームでスケジュールされたタスクを設定する場合は、スケジュールされたタスクをSMAT2010.exeにポイントします。 SharePoint 2013 で評価を実行した PowerShell スクリプトを記述する場合は、スクリプトをSMAT2013.exeにポイントします。

スクリプトのシナリオでは、スイッチを -q 使用して、.exe ファイルをサイレント モードで実行する必要があります。 このモードでは、コンソールへの出力は提供されないため、オペレーターに入力を求めるメッセージが表示されるのを回避します。

現時点では、ID マッピング (SMIT.exe) の実行可能ファイルはスクリプトをサポートしていません。 このプロセスでは、少なくとも Azure への資格情報の入力を求め、Active Directory に接続するための資格情報の入力を求めるメッセージが表示される場合があります。 この実行可能ファイルに対してスクリプトを実行しようとすると、プログラムが資格情報の入力を求められたときにハングし、完了しません。

詳細情報

SharePoint 移行ツールをダウンロードし、評価レポートで特定された問題に対処する方法の詳細については、次を参照してください。