Share via


azdata bdc rotate

適用対象: Azure Data CLI (azdata)

このコマンドによって、ビッグ データ クラスターで自動生成された AD アカウントのパスワードをローテーションします。 詳細については、AD パスワードのローテーションの概要に関する記事を参照してください。 セキュリティ強化プロセスの一環として、このコマンドを自動化スクリプトまたはパイプラインに追加できます。

自動生成された AD オブジェクトのパスワードのローテーションに関するこの機能は、SQL Server ビッグ データ クラスター CU13 で導入されました。

重要

azdata bdc rotate コマンドによってローテーションされるのは、自動生成された AD オブジェクトのパスワードのみです。 azdata bdc rotate コマンドでは、ビッグ データ クラスターの AD 統合展開の実行中に手動で作成された、ビッグ データ クラスター ドメイン サービス アカウント (DSA) の AD のパスワードはローテーションされません。 詳細については、ビッグ データ クラスター AD 統合展開に関する記事を参照してください。

以下の記事では、azdata ツールの sql コマンドに関するリファレンスを提供します。 他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

azdata bdc rotate

azdata bdc rotate [--name -n] 

必須のパラメーター

--name -n

ビッグ データ クラスターの名前。

   azdata bdc rotate -n mybdcclustername

次のステップ

他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

azdata ツールをインストールする方法の詳細については、「azdata のインストール」を参照してください。