次の方法で共有


azdata

適用対象: Azure Data CLI (azdata)

以下の記事では、azdata ツールの sql コマンドに関するリファレンスを提供します。 他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

コマンド

コマンド 説明
azdata arc Azure データ サービス向け Azure Arc を使用するためのコマンド。
azdata sql SQL DB CLI により、ユーザーは T-SQL を使用して SQL Server を操作できます。
azdata login クラスターのコントローラー エンドポイントにログインし、その名前空間をアクティブなコンテキストとして設定します。 ログイン時にパスワードを使用するには、AZDATA_PASSWORD 環境変数を設定する必要があります。
azdata logout クラスターからログアウトします。
azdata context コンテキスト管理コマンド。
azdata bdc SQL Server ビッグ データ クラスターを選択、管理、および操作します。
azdata extension CLI 拡張機能を管理および更新します。
azdata app アプリケーションを作成、削除、実行、および管理します。
azdata postgres Postgres のクエリ ランナーと対話型シェル。
azdata notebook ターミナルからノートブックを表示、実行、管理するコマンドです。

azdata login

クラスターが展開されると、展開中にコントローラー エンドポイントが一覧表示されます。これをログインに使用する必要があります。 コントローラー エンドポイントがわからない場合は、システム上の <user home>/.kube/config の既定の場所にクラスターの kube 構成を配置してログインするか、KUBECONFIG 環境変数を使用する (つまり KUBECONFIG=path/to/.kube/config をエクスポートする) ことをお勧めします。ログインすると、このクラスターの名前空間がアクティブなコンテキストに設定されます。

azdata login [--auth] 
             [--endpoint -e]  
             
[--accept-eula -a]  
             
[--namespace -ns]  
             
[--username -u]  
             
[--principal -p]

基本認証を使用してログインします。

azdata login --auth basic --username johndoe --endpoint https://<ip or domain name>:30080

Active directory を使用してログインします。

azdata login --auth ad --endpoint https://<ip or domain name>:30080                

明示的なプリンシパルで active directory を使用してログインします。

azdata login --auth ad --principal johndoe@COSTOSO.COM --endpoint https://<ip or domain name>:30080

対話形式でログインします。 引数として指定されていない場合は、クラスター名の入力が常に求められます。 システムに AZDATA_USERNAME、AZDATA_PASSWORD、および ACCEPT_EULA 環境変数を設定している場合、これらの入力は求められません。 システムに kube 構成がある場合、または構成のパスを指定するために KUBECONFIG 環境変数を使用している場合は、対話型エクスペリエンスでは、まず構成の使用が試行され、構成が失敗した場合にプロンプトが表示されます。

azdata login

ログイン (非対話形式)。 クラスター名、コントローラーのユーザー名、コントローラー エンドポイント、および使用許諾契約の同意を引数として設定してログインします。 環境変数 AZDATA_PASSWORD を設定する必要があります。 コントローラー エンドポイントを指定しない場合は、マシン上の <user home>/.kube/config の既定の場所に kube 構成を配置するか、KUBECONFIG 環境変数を使用してください (つまり、KUBECONFIG=path/to/.kube/config をエクスポートしてください)。

azdata login --namespace ClusterName --username johndoe@contoso.com  --endpoint https://<ip or domain name>:30080 --accept-eula yes

マシン上で kube 構成を使用してログインし、AZDATA_USERNAME、AZDATA_PASSWORD、および ACCEPT_EULA の環境変数を設定してログインします。

azdata login -n ClusterName

省略可能なパラメーター

--auth

認証方法。 基本認証または Active Directory 認証。 既定値は "basic" 認証です。

--endpoint -e

クラスター コントローラーのエンドポイント "https://host:port"。 この引数を使用しない場合は、マシンで kube 構成を使用できます。 構成を <user home>/.kube/config の既定の場所に配置するか、KUBECONFIG 環境変数を使用してください。

--accept-eula -a

Do you accept the license terms? (ライセンス条項に同意しますか?) [yes/no]. ([はい/いいえ]。) この引数を使用しない場合は、環境変数 ACCEPT_EULA を 'yes' に設定できます。 この製品のライセンス条項は https://aka.ms/eula-azdata-en で確認できます。

--namespace -ns

クラスター コントロール プレーンの名前空間。

--username -u

アカウント ユーザー。 この引数を使用しない場合は、環境変数 AZDATA_USERNAME を設定できます。

--principal -p

Kerberos 領域。 ほとんどの場合、Kerberos 領域は、大文字のドメイン名です。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

azdata logout

クラスターからログアウトします。

azdata logout 

このユーザーをログアウトします。

azdata logout

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

次のステップ

他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

azdata ツールをインストールする方法の詳細については、「azdata のインストール」を参照してください。