Share via


azdata bdc settings

適用対象: Azure Data CLI (azdata)

以下の記事では、azdata ツールの sql コマンドに関するリファレンスを提供します。 他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

コマンド

command 説明
azdata bdc settings set クラスタースコープの設定を行います。
azdata bdc settings apply 保留中の設定変更を BDC に適用します。
azdata bdc settings cancel-apply BDC 設定の適用をキャンセルします。
azdata bdc settings show クラスタースコープの設定、または --recursive を使用してすべてのクラスターの設定を表示します。
azdata bdc settings revert すべてのスコープで BDC の保留中の設定変更を元に戻します。

azdata bdc settings set

クラスタースコープの設定を行います。 設定の完全な名前と値を指定します。 適用を実行して設定を適用し、BDC の設定を更新します。

azdata bdc settings set --settings -s 
                        

"bdc.telemetry.customerFeedback" のクラスターの既定値を設定します。

azdata bdc settings set --settings bdc.telemetry.customerFeedback=false

必須のパラメーター

--settings -s

指定された設定の構成値を設定します。 コンマ区切り一覧を使用して複数の設定を設定できます。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

azdata bdc settings apply

保留中の設定変更を BDC に適用します。

azdata bdc settings apply [--force -f] 
                          

保留中の設定変更を BDC に適用します。

azdata bdc settings apply

強制的に適用すると、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

azdata bdc settings apply --force

省略可能のパラメーター

--force -f

強制的に適用すると、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

azdata bdc settings cancel-apply

設定の適用中にエラーが発生した場合は、ビッグ データ クラスターをその最後の実行状態に戻します。 実行中のクラスターに適用された場合、このコマンドでは何も行われません。 以前の保留中の設定変更は、キャンセル後も保留中になります。

azdata bdc settings cancel-apply [--force -f] 
                                 

BDC 設定の適用をキャンセルします。

azdata bdc settings cancel-apply

強制的に適用をキャンセルすると、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

azdata bdc settings cancel-apply --force

省略可能のパラメーター

--force -f

強制的に適用をキャンセルすると、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

azdata bdc settings show

BDC のクラスターレベルの設定を表示します。 既定では、このコマンドを実行すると、ユーザーが構成したクラスタースコープの設定が表示されます。 他のフィルターを使用して、すべての設定 (システム管理、ユーザー構成可能および継承済み)、すべての構成可能な設定、または保留中の設定を表示できます。 特定のクラスタースコープの設定を表示する場合は、設定名を指定できます。 すべてのスコープ (クラスター、サービス、およびリソース) の設定を表示する場合は、"recursive" を指定できます。

azdata bdc settings show [--settings -s] 
                         [--filter-option -f]  
                         
[--recursive -rec]  
                         
[--include-details -i]  
                         
[--description -d]

BDC テレメトリ コレクションが有効になっているかどうかを表示します。

azdata bdc settings show --settings bdc.telemetry.customerFeedback

すべてのスコープで、ユーザーが構成した設定を BDC に表示します。

azdata bdc settings show --recursive

すべてのスコープで、すべての保留中の設定を BDC に表示します。

azdata bdc settings show –filter-option=pending --recursive

省略可能のパラメーター

--settings -s

指定された設定名の情報を表示します。

--filter-option -f

'ユーザーが構成した' 設定だけでなく、表示されるクラスタースコープの設定をフィルター処理します。 フィルターを使用して、すべての設定 (システム管理およびユーザー構成可能)、すべての構成可能な設定、または保留中の設定を表示できます。 userConfigured

--recursive -rec

クラスター スコープおよびすべての下位スコープ コンポーネント (サービス、リソース) の設定情報を表示します。

--include-details -i

表示するように選択された設定に関する追加の詳細が含まれます。

--description -d

設定の説明が含まれます。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

azdata bdc settings revert

すべてのスコープで BDC の保留中の設定変更を元に戻します。

azdata bdc settings revert [--force -f] 
                           

すべてのスコープで BDC の保留中の設定変更を元に戻します。

azdata bdc settings revert

強制的に元に戻すと、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

azdata bdc settings revert --force

省略可能のパラメーター

--force -f

強制的に元に戻すと、ユーザーは確認を求められず、すべての問題が stderr の一部として出力されます。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

次のステップ

他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

azdata ツールをインストールする方法の詳細については、「azdata のインストール」を参照してください。