Share via


azdata bdc status

適用対象: Azure Data CLI (azdata)

以下の記事では、azdata ツールの sql コマンドに関するリファレンスを提供します。 他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

コマンド

コマンド 説明
azdata bdc status show BDC の状態を表示します。

azdata bdc status show

BDC の状態を表示します。

azdata bdc status show [--resource -r] 
                       [--all -a]

ユーザーがログインしている BDC の状態。

azdata bdc status show

リソースのすべてのインスタンスを含む BDC の状態。

azdata bdc status show --all

制御リソースが含まれるサービスの BDC の状態。

azdata bdc status show --resource control

省略可能なパラメーター

--resource -r

このリソースに関連付けられているサービスを取得します。

--all -a

サービス内の各リソースのすべてのインスタンスを表示します。

グローバル引数

--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--output -o

出力形式。 使用できる値: json、jsonc、table、tsv。 既定値: json。

--query -q

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

次のステップ

他の azdata コマンドの詳細については、azdata リファレンスに関するページを参照してください。

azdata ツールをインストールする方法の詳細については、「azdata のインストール」を参照してください。