JDBC ドライバーの使用

JDBC ドライバーのダウンロード

このセクションでは、SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー を使用して SQL Server データベースへのシンプルな接続を作成する方法について簡単に説明します。 SQL Server データベースに接続する前に、まず SQL Server をローカル コンピューターまたはサーバーのどちらかにインストールし、JDBC ドライバーをローカル コンピューターにインストールする必要があります。

適切な JAR ファイルを選択する

Microsoft JDBC Driver には、次の Java Runtime Environment (JRE) 設定との通信で使用される複数の Jar が用意されています。

Microsoft JDBC Driver 11.2 for SQL Server には、mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre17.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar のクラス ライブラリ ファイルが用意されています。

Microsoft JDBC Driver 10.2 for SQL Server では、mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 9.4 for SQL Server では、mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 9.2 for SQL Server では、mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre11.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 8.4 for SQL Server では、mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 8.2 for SQL Server では、mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre11.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server では、mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar の各クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server には、mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar および mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server には、mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar および mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server には、mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar、および mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server には、mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jarおよび mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 6.0 および 4.2 SQL Server には、sqljdbc41.jar、および sqljdbc42.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

Microsoft JDBC Driver 4.1 SQL Server には、sqljdbc41.jar クラス ライブラリ ファイルが提供されます。

何を選択したかによって、使用可能な機能が決まります。 選択する JAR ファイルの詳細については、「JDBC Driver のシステム要件」を参照してください。

クラスパスの設定

Microsoft JDBC Driver の jar は Java SDK の一部ではないため、ユーザー アプリケーションのクラスパスに含める必要があります。

JDBC Driver 11.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre17.jar、または mssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 10.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar、または mssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 9.4 を使用する場合は、mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 9.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 8.4 を使用する場合は、mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 8.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 7.4 を使用する場合は、mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 7.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar または mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jarを含むようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 7.0 を使用する場合は、mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar または mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar を含むようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 6.4 を使用する場合は、mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar、または mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar が含まれるようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 6.2 を使用する場合は、mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar または mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar を含むようにクラスパスを設定します。

JDBC Driver 4.1 または 4.2 を使用する場合は、該当するドライバーのダウンロードから sqljdbc41.jar または sqljdbc42.jar ファイルが含まれるようにクラスパスを設定します。

クラスパスに適切な Jar ファイルのエントリがない場合、アプリケーションでは Class not found という一般的な例外がスローされます。

Microsoft JDBC Driver 11.2 の場合

mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre17.jar、または mssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-11.2.0.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-11.2.0.jre17.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 11.2 for SQL Server\sqljdbc_11.2\enu\mssql-jdbc-11.2.0.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_11.2/enu/mssql-jdbc-11.2.0.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントには 1 つの Microsoft JDBC Driver for SQL Server (mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre17.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar のいずれか) のみが含まれていることを確認してください。

Microsoft JDBC Driver 10.2 の場合

mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar、または mssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 10.2 for SQL Server\sqljdbc_10.2\enu\mssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_10.2/enu/mssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar、または mssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar など)。

Microsoft JDBC Driver 9.4 の場合

mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 9.4 for SQL Server\sqljdbc_9.4\enu\mssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_9.4/enu/mssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar など)。

Microsoft JDBC Driver 9.2 の場合

mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 9.2 for SQL Server\sqljdbc_9.2\enu\mssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_9.2/enu/mssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar など)。

Microsoft JDBC Driver 8.4 の場合

mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 8.4 for SQL Server\sqljdbc_8.4\enu\mssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_8.4/enu/mssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar など)。

Microsoft JDBC Driver 8.2 の場合

mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 8.2 for SQL Server\sqljdbc_8.2\enu\mssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_8.2/enu/mssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar、または mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar など)。

Microsoft JDBC Driver 7.4 の場合

mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar、または mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server\sqljdbc_7.4\enu\mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_7.4/enu/mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントに SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が 1 つだけ含まれていることを確認します (mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar など)。

Microsoft JDBC driver 7.2 の場合

Mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar または mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server\sqljdbc_7.2\enu\mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_7.2/enu/mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar

CLASSPATH ステートメントには 1 つの SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー (mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar または mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar のいずれか) のみが含まれていることを確認してください。

Microsoft JDBC Driver 7.0 の場合

mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar または mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server\sqljdbc_7.0\enu\mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_7.0/enu/mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar

CLASSPATH ステートメントには 1 つの SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー (mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar または mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar のいずれか) のみが含まれていることを確認してください。

Microsoft JDBC Driver 6.4 の場合

mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar、または mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jar
  
\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server\sqljdbc_6.4\enu\mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_6.4/enu/mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar

CLASSPATH ステートメントには 1 つの SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー (mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar のいずれか) のみが含まれていることを確認してください。

Microsoft JDBC Driver 6.2 の場合

mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar または mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar ファイルが次の場所にインストールされます。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar
  
\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server\sqljdbc_6.2\enu\mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_6.2/enu/mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar

CLASSPATH ステートメントには 1 つの SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー (mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar または mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar のいずれか) のみが含まれていることを確認してください。

Microsoft JDBC Driver 4.1、4.2、および 6.0 の場合

sqljdbc.jar ファイル、sqljdbc4.jar ファイル、sqljdbc41.jar ファイル、または sqljdbc42.jar ファイルは次の場所にインストールします。

\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\sqljdbc.jar  
  
\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\sqljdbc4.jar  
  
\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\sqljdbc41.jar  
  
\<installation directory>\sqljdbc_<version>\<language>\sqljdbc42.jar  

次のスニペットは、Windows アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.;C:\Program Files\Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server\sqljdbc_4.2\enu\sqljdbc42.jar

次のスニペットは、Unix または Linux アプリケーションで使用される CLASSPATH ステートメントの例です。

CLASSPATH =.:/home/usr1/mssqlserverjdbc/Driver/sqljdbc_4.2/enu/sqljdbc42.jar

CLASSPATH ステートメントに含まれている SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー が、sqljdbc.jar、sqljdbc4.jar、sqljdbc41.jar、または sqljdbc42.jar のいずれか 1 つであることを確認してください。

Note

Windows システムでは、ディレクトリ名が 8.3 ファイル名規則より長い場合、またはフォルダー名にスペースが含まれている場合、クラスパスに問題が生じることがあります。 この種の問題が疑われる場合、sqljdbc.jar ファイル、sqljdbc4.jar ファイル、または sqljdbc41.jar ファイルを一時的に C:\Temp のようなシンプルな名前のディレクトリへ移動し、クラスパスを変更して問題が解決するかどうかを判断する必要があります。

コマンド プロンプトで直接実行されるアプリケーション

クラスパスは、オペレーティング システムにおいて構成されます。 sqljdbc.jar、sqljdbc4.jar、または sqljdbc41.jar をシステムのクラスパスに追加します。 または、java -classpath オプションを使用して、アプリケーションを実行するクラスパスを Java コマンド ラインで指定できます。

IDE で実行されるアプリケーション

各 IDE ベンダーには、自身の IDE 内でクラスパスを設定するための方法が別に用意されています。 オペレーティング システム内でクラスパスを設定するだけでは上手くいきません。 sqljdbc.jar、sqljdbc4.jar、または sqljdbc41.jar を IDE クラスパスに追加する必要があります。

サーブレットおよび JSP

サーブレットや JSP は、Tomcat のようなサーブレット/JSP エンジンで実行されます。 クラスパスは、サーブレット/JSP エンジンのドキュメントに従って設定する必要があります。 オペレーティング システム内でクラスパスを設定するだけでは上手くいきません。 一部のサーブレット/JSP エンジンでは、エンジンのクラスパスを設定するために使用できるセットアップ画面が用意されています。 この場合、正しい JDBC ドライバー用 JAR ファイルを既存のエンジン クラスパスに追加し、エンジンを再起動する必要があります。 この他の場合は、エンジンをインストールするときに lib のような特定のディレクトリに sqljdbc.jar、sqljdbc4.jar、または sqljdbc41.jar をコピーしてドライバーを配置することができます。 エンジン ドライバーのクラスパスは、エンジン固有の構成ファイルで指定することもできます。

Enterprise Java Beans

Enterprise Java Beans (EJB) は、EJB コンテナーで実行されます。 EJB コンテナーは、さまざまなベンダーから供給されています。 Java アプレットはブラウザー上で動作しますが、Web サーバーからダウンロードされます。 sqljdbc.jar、sqljdbc4.jar、または sqljdbc41.jar を Web サーバーのルートにコピーし、アプレットの [HTML archive] タブで JAR ファイル名を指定します。たとえば、<applet ... archive=mssql-jdbc-***.jar> のようになります。

データベースへの単純な接続を行う

sqljdbc.jar クラス ライブラリを使用するには、まず、次のようにして、アプリケーションでドライバーを登録する必要があります。

Class.forName("com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver");

ドライバーが読み込まれたら、接続 URL と、DriverManager クラスの getConnection メソッドを使用して接続を確立できます。

String connectionUrl = "jdbc:sqlserver://localhost:1433;databaseName=AdventureWorks;user=MyUserName;password=*****;encrypt=false;";  
Connection con = DriverManager.getConnection(connectionUrl);  

警告

上記の接続文字列には encrypt=false が使われていますが、運用環境での使用は推奨されません。 JDBC を使ったデータベース接続の暗号化については、「暗号化を使用した接続」を参照してください。

JDBC API 4.0 以降、JDBC ドライバーが自動的に読み込まれるように、DriverManager.getConnection() メソッドが改良されました。 したがって、ドライバーの Jar ライブラリを使用する場合は、アプリケーションから Class.forName メソッドを呼び出してドライバーの登録や読み込みを行う必要はありません。

DriverManager クラスの getConnection メソッドが呼び出されると、登録されている一連の JDBC ドライバーから適切なドライバーが検出されます。 sqljdbc4.jar、sqljdbc41.jar、または sqljdbc42.jar ファイルには "META-INF/services/java.sql.Driver" ファイルが含まれています。これには、com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver が登録済みのドライバーとして含まれています。 現在 Class.forName メソッドを使用してドライバーを読み込む仕様になっている既存のアプリケーションも正常に動作します。特に修正の必要はありません。

Note

sqljdbc4.jar、sqljdbc41.jar、または sqljdbc42.jar のクラス ライブラリは、以前のバージョンの Java Runtime Environment (JRE) では使用できません。 SQL Server 用 Microsoft JDBC ドライバー によってサポートされている JRE バージョンの一覧については、「JDBC Driver のシステム要件」を参照してください。

データ ソースの接続方法と接続 URL の使用方法の詳細については、「接続 URL の構築」と「接続プロパティの設定」を参照してください。

関連項目

JDBC ドライバーの概要