Microsoft SQL Server 用 Drivers for PHP のリリース ノート

このページでは、Microsoft Drivers for PHP for SQL Server の各バージョンで追加された内容について説明します。

5.10

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

  • リリース番号: 5.10.1
  • リリース日: 2022 年 6 月 14 日

5.10.1 で修正された問題:

  • UID を指定するときのユーザー割り当てマネージド ID (ActiveDirectoryMsi) 認証を修正しました
  • ActiveDirectoryIntegrated 認証のブロックを削除しました

以前の 5.10 リリース

  • リリース番号: 5.10.01
  • リリース日: 2022 年 1 月 31 日

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

5\.10 の新機能

[新しい項目] 詳細
PHP 8.1 のサポートが追加されました。  
PHP 7.3 のサポートを終了しました。  
macOS Mojave、Ubuntu 16.04、Alpine 3.11 および 3.12 のサポートを終了しました。  
Windows 11 と Windows Server 2022 のサポートを追加しました。  
macOS Monterey、Debian 11、Ubuntu 21.04 および 21.10、Alpine 3.13、3.14、3.15 のサポートを追加しました。  
Apple M1 ARM64 ハードウェアのサポートを追加しました。 ODBC ドライバー 17.8 以降が必要です。
テーブル値パラメーターのサポートを追加しました。  
接続レベルでの設定 PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES が許可されました。  
接続キーワードと値の検証が調整され、柔軟性が高まりました。  

1 このリリースには ODBC Driver 17.4.2 以降が必要です。 これがないと、属性の設定に失敗したことに関する警告が示されます。 この警告は、古い ODBC ドライバーの使用時に抑制されることがあります。 SQLSRV を使用する場合は、「方法: SQLSRV ドライバーを使用してエラーおよび警告処理を構成する」を参照してください。 PDO_SQLSRV を使用する場合、警告は既定で抑制されますが、ログに記録することはできます。 詳細については、「アクティビティのログ記録」を確認してください。

既知の問題

  • 文字列パラメーターを短い文字列としてバインドし、後でより長い文字列をバインドするために再利用すると、文字列の切り詰めエラーが発生します。

以前のリリース

5.9

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.9.01
  • リリース日:2021 年 1 月 29 日

5\.9 の新機能

[新しい項目] 詳細
PHP 8.0 のサポートが追加されました。  
PHP 7.2 のサポートを終了しました。  
すべてのプラットフォーム上で Microsoft ODBC Driver 17.7 のサポートが追加されました。  
macOS Big Sur、Ubuntu 20.04、Ubuntu 20.10 および Alpine 3.12 のサポートが追加されました。 ODBC Driver 17.5 以降が必要になるものもあります。
macOS High Sierra、Debian 8、および Ubuntu 19.10 のサポートを終了しました。  
GB18030 ロケールのサポート。  
追加の ODBC メッセージ (使用可能な場合) を含めるために PDO errorinfo が拡張されました。  
順位情報を使用したデータ分類のサポート。 SQL Server 2019 および ODBC Driver 17.4.2 以降が必要になります。
Azure Active Directory サービス プリンシパル認証のサポートが追加されました。 ODBC ドライバー 17.7 以降が必要です。
入力または出力として 10 進数を処理するときのパフォーマンスが向上し、数値の不要な変換が行われないようになりました。  
クライアント バッファーを使用して数値をフェッチするときのパフォーマンスが向上しました。  
ロック タイムアウトを使用せずにクエリ タイムアウトを設定します。これにより、サーバーに必要以上に接続せずに済みます。  

1 このリリースには ODBC Driver 17.4.2 以降が必要です。 これがないと、属性の設定に失敗したことに関する警告が示されます。 この警告は、古い ODBC ドライバーの使用時に抑制されることがあります。 SQLSRV を使用する場合は、「方法: SQLSRV ドライバーを使用してエラーおよび警告処理を構成する」を参照してください。 PDO_SQLSRV を使用する場合、警告は既定で抑制されますが、ログに記録することはできます。 詳細については、「アクティビティのログ記録」を確認してください。

5.8.1

このリリースは、Linux と macOS にのみ適用されます。

GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.8.1
  • リリース日:2020 年 4 月 15 日

5\.8.1 の新機能

[新しい項目] 詳細
バグの修正 Alpine Linux の既定のロケールの問題を修正しました。
バグの修正 Alpine Linux でクライアント側のカーソル機能をサポートするために不要なデータ構造を削除しました。
バグの修正 Alpine Linux で両方のドライバーが有効になっている場合のログ記録に関する問題を修正しました。

5.8

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.8.0
  • リリース日:2020 年 1 月 31 日

5\.8 の新機能

[新しい項目] 詳細
PHP 7.4 のサポートが追加されました。  
PHP 7.1 のサポートを終了しました。  
すべてのプラットフォーム上で Microsoft ODBC Driver 17.5 のサポートが追加されました。  
Debian 10 および Red Hat 8 のサポートが追加されました。 両方とも、ODBC Driver 17.4 以降を必要とします。
macOS Catalina、Alpine Linux 3.111、および Ubuntu 19.10 のサポートが追加されました。 すべて、ODBC Driver 17.5 以降を必要とします。
SQL Server 2008 R2、macOS Sierra、Ubuntu 18.10、および Ubuntu 19.04 のサポートを終了しました。  
SQL Server に接続するときの言語オプションがサポートされます。  
PHP 7.2 で導入された PHP 拡張文字列型がサポートされます。  
データ分類の秘密度メタデータの取得がサポートされます。 SQL Server 2019 および ODBC Driver 17.4.2 以降が必要になります。
セキュリティで保護されたエンクレーブが設定された Always Encrypted をサポートします。 ODBC Driver 17.4 以降が必要になります。
Linux および macOS でのロケール設定用の構成可能なオプションがサポートされます。
フェッチ時にメタデータをキャッシュし、冗長な呼び出しを省略することで、パフォーマンスが向上しました。  

1 Alpine Linux サポートは、バージョン 5.8 の試験段階です。

5.6.1

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.6.1
  • リリース日:2019 年 3 月 19 日

5\.6.1 の新機能

[新しい項目] 詳細
バグの修正 フィールドまたは列のメタデータを計算するときに作成される前提条件が、アプリケーションの終了を引き起こす可能性がある問題を修正しました。
バグの修正 sqlsrv config ファイルを変更して、pdo_sqlsrv とは別にコンパイルできるようにしました。
バグの修正 問題が発生した場合に false を返すように PDOStatement::getColumnMeta() を修正しました。

5.6

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.6.0
  • リリース日:2019 年 2 月 21 日

5\.6 の新機能

[新しい項目] 詳細
PHP 7.3 のサポート。  
PHP 7.0 のサポートを終了しました。  
すべてのプラットフォーム上で Microsoft ODBC Driver 17.3 がサポートされます。  
macOS Mojave のサポート。 ODBC Driver 17.3 以降が必要になります。
Ubuntu 18.10 および Suse Linux 15 のサポート。 両方とも、ODBC Driver 17.3 以降を必要とします。
Linux Ubuntu 17.10 および macOS El Capitan のサポートを終了しました。  
Azure AD アクセス トークンのサポート。 Linux および macOS では、ODBC Driver 17.2 以降および unixODBC 2.3.6 以降が必要になります。
Azure リソース用のマネージド ID を使用した Azure AD による認証がサポートされます。 ODBC Driver 17.3 以降が必要になります。
新しいフェッチ機能 • pdo_sqlsrv から datetime をオブジェクトとして返すための新しい PDO::SQLSRV_ATTR_FETCHES_DATETIME_TYPE フラグ。

• ReturnDatesAsStrings オプションを sqlsrv のステートメント レベルに追加します。

• フェッチされた結果内で 10 進数を書式設定するための、両方のドライバー用の接続レベルおよびステートメント レベルでの新しいオプション。
ユーザーがソースからビルドすることを選んだ場合に、ドライバーの静的コンパイルがサポートされます。  
フェッチ時にメタデータをキャッシュし、Unicode 文字列の変換を高速化することで、パフォーマンスが向上しました。  

5.3

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.3.0
  • リリース日:2018 年 7 月 20 日

5\.3 の新機能

  • すべてのプラットフォーム上で Microsoft ODBC Driver 17.2 がサポートされます
  • macOS High Sierra のサポート (ODBC Driver 17 以降が必要になります)
  • SQL Server 用 PHP ドライバーと共に Always Encrypted を使用して、サポート対象のすべての Windows、Linux、または macOS プラットフォーム上で Always Encrypted 機能を利用可能にする基本の CRUD 機能に対して、Always Encrypted 対応の Azure Key Vault がサポートされます
  • Ubuntu 18.04 LTS がサポートされます (ODBC Driver 17.2 が必要になります)
  • Linux または macOS での接続の回復性もサポートされます (ODBC Driver 17.2 が必要になります)

5.2

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:5.2.0
  • リリース日:2018 年 3 月 23 日

5\.2 の新機能

  • Windows 上では PHP 7.2.1 以降、他のプラットフォーム上では 7.2.0 以降がサポートされます
  • Microsoft ODBC Driver 17 のサポート
    • すべてのプラットフォーム上でバージョン 17 が既定になりました
  • Ubuntu 17.10、Debian 9、および Suse Enterprise Linux 12 のサポート
  • Ubuntu 15.10 のサポートを終了しました
  • Windows 上で CRUD 機能を利用した Always Encrypted がサポートされます。 詳しくは、「SQL Server 用 PHP ドライバーと共に Always Encrypted を使用する」をご覧ください
    • Windows 証明書ストアのサポート
    • Always Encrypted は、Microsoft ODBC Driver 17 以降のみでサポートされます
  • Linux および macOS 上で UTF8 以外のロケールがサポートされます
    • Linux および macOS 上での UTF8 以外のロケールは、Microsoft ODBC Driver 17 以降のみでサポートされます
  • Azure Synapse Analytics のサポート
  • Azure SQL Managed Instance のサポート

4.3

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ (こちらから Linux と macOS のパッケージが入手できます)

バージョン情報

  • リリース番号:4.3.0
  • リリース日:2017 年 7 月 6 日

4\.3 の新機能

  • PHP 7.1 のサポート
  • macOS Sierra および macOS El Capitan のサポート
  • Ubuntu 15.10 および Debian 8 のサポート
  • Ubuntu 15.04 のサポートを終了しました
  • 透過的なネットワーク IP の解決を利用した Always On 可用性グループがサポートされます。 詳細については、「 Connection Options」を参照してください。
  • 制限付きの sql_variant データ型のサポートが追加されました。
  • Windows での、アイドル状態の接続の回復性のサポート。 詳細については、「 Connection Options」を参照してください。
  • Linux と macOS 向けの接続プールのサポート。 詳細については、接続プールに関するページを参照してください。
  • ActiveDirectoryPassword および SqlPassword を利用した Azure Active Directory Authentication がサポートされます。 詳細については、「 Connection Options」を参照してください。

4.0

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ

バージョン情報

  • リリース番号:4.0
  • リリース日:2016 年 7 月 1 日

4\.0 の新機能

  • PHP 7.0 のサポート
  • 完全な 64 ビットのサポート
  • Ubuntu 15.04、Ubuntu 16.04、および Red Hat 7 のサポート

3.2

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ

バージョン情報

  • リリース番号:3.2
  • リリース日:2015 年 3 月 9 日

3\.2 の新機能

  • PHP 5.6 のサポート
  • 旧バージョンの PHP 5.5 および 5.4 最新の更新プログラムが含まれています
  • Microsoft SQL Server 用 ODBC Driver 11 が必要です

3.1

Windows パッケージのダウンロード
GitHub リリース タグ

バージョン情報

  • リリース番号:3.1
  • リリース日:2014 年 12 月 12 日

3\.1 の新機能

  • PHP 5.5 のサポート
  • Microsoft SQL Server 用 ODBC Driver 11 が必要です。 以前のバージョンでは、SQL Native Client が必要でした。

3.0

Windows パッケージのダウンロード

3\.0 の新機能

  • PHP 5.4 のサポート PHP 5.2 は、Microsoft SQL Server 用 Drivers for PHP のバージョン 3 ではサポートされていません。
  • AttachDBFileName 接続オプションが追加されています。 詳細については、「 Connection Options」を参照してください。
  • SQL Server 2012 (11.x) で追加された LocalDB のサポート。 詳細については、「LocalDB のサポート」を参照してください。
  • AttachDBFileName 接続オプションが追加されています。 詳細については、「 Connection Options」を参照してください。
  • 高可用性のディザスター リカバリー機能のサポート。 詳細については、「高可用性、障害復旧のサポート」をご覧ください。
  • クライアント側のカーソル (結果セットのメモリ内キャッシュ) のサポート。 詳細については、「カーソルの種類 (SQLSRV ドライバー)」および「カーソルの種類 (PDO_SQLSRV ドライバー)」を参照してください。
  • PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES 属性が追加されました。 詳細については、「PDO::prepare」をご覧ください。

2.0

2\.0 の新機能

バージョン 2.0 では、PDO_SQLSRV ドライバーのサポートが追加されました。 詳細については、「 PDO_SQLSRV ドライバー リファレンス」を参照してください。

参照

Microsoft SQL Server 用 Drivers for PHP の概要