Always On 可用性グループの PowerShell コマンドレットの概要

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

Microsoft PowerShell は、特にシステム管理用に設計されている、タスク ベースのコマンド ライン シェルとスクリプト言語です。 Always On 可用性グループ は、 SQL Server で一連の PowerShell コマンドレットを提供しており、それらを使用すると可用性グループ、可用性レプリカ、および可用性データベースの配置、管理、および監視ができます。

Note

PowerShell コマンドレットは、アクションを正常に開始した時点で完了できます。 つまり、目的の操作 (可用性グループのフェールオーバーなど) の完了を示すわけではありません。 一連の操作をスクリプト化している場合は、アクションの状態を確認し、完了するまで待機しなければならないことがあります。

Note

Always On 可用性グループのタスクを実行するコマンドレットの使用方法を説明している SQL Server オンライン ブックのトピックの一覧については、「Always On 可用性グループ (SQL Server) の概要」の「関連タスク」を参照してください。

Always On 可用性グループのためのサーバー インスタンスの構成

コマンドレット 説明 サポート対象
Disable-SqlAlwaysOn サーバー インスタンス上の Always On 可用性グループ 機能を無効にします。 PathInputObject、または Name パラメーターによって指定されるサーバー インスタンス。 ( SQL Server をサポートしている Always On 可用性グループのエディションである必要があります)。
Enable-SqlAlwaysOn Always On 可用性グループ 機能をサポートしている SQL Server のインスタンス上で Always On 可用性グループ を有効化します。 AlwaysOn 可用性グループのサポートの詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。 SQL Server をサポートしている Always On 可用性グループの任意のエディション。
New-SqlHadrEndPoint サーバー インスタンス上に新しいデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。 このエンドポイントは、プライマリ データベースとセカンダリ データベース間のデータ移動のために必要です。 の任意のインスタンス SQL Server
Set-SqlHadrEndpoint 既存のデータベース ミラーリング エンドポイントの名前、状態、認証などのプロパティを変更します。 Always On 可用性グループ をサポートしていて、データベース ミラーリング エンドポイントが存在しないサーバー インスタンス。

データベースおよびトランザクション ログのバックアップと復元

コマンドレット 説明 サポート対象
Backup-SqlDatabase データまたはログ バックアップを作成します。 任意のオンライン データベース ( Always On 可用性グループの場合、プライマリ レプリカをホストしているサーバー インスタンス上のデータベース)
Restore-SqlDatabase バックアップを復元します。 SQL Server の任意のインスタンス ( Always On 可用性グループの場合、セカンダリ レプリカをホストしているサーバー インスタンス)

重要

セカンダリ データベースを準備している場合は、すべての Restore-SqlDatabase コマンドで -NoRecovery パラメーターを使用する必要があります。

これらのコマンドレッドを使用してセカンダリ データベースを準備する方法の詳細については、「可用性グループに対するセカンダリ データベースの手動準備 (SQL Server)」を参照してください。

可用性グループの作成と管理

コマンドレット 説明 サポート対象
New-SqlAvailabilityGroup 新しい可用性グループを作成します。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Remove-SqlAvailabilityGroup 可用性グループを削除します。 HADR 対応のサーバー インスタンス
Set-SqlAvailabilityGroup 可用性グループのプロパティを設定します。可用性グループをオンライン/オフラインにします。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Switch-SqlAvailabilityGroup 以下のいずれかの形式のフェールオーバーを開始します。

可用性グループの強制フェールオーバー (データ損失の可能性あり)。

可用性グループの手動フェールオーバー。
対象のセカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンス

可用性グループ リスナーの作成と管理

コマンドレット 説明 サポート対象
New-SqlAvailabilityGroupListener 新しい可用性グループ リスナーを作成して、既存の可用性グループにアタッチします。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Set-SqlAvailabilityGroupListener 既存の可用性グループ リスナーのポート設定を変更します。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp 既存の可用性グループ リスナー構成に静的 IP アドレスを追加します。 IP アドレスには、サブネットを含む IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスを指定できます。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス

可用性レプリカの作成と管理

コマンドレット 説明 サポート対象
New-SqlAvailabilityReplica 新しい可用性レプリカを作成します。 -AsTemplate パラメーターを使用すると、新しい可用性レプリカごとにインメモリの可用性レプリカ オブジェクトを作成できます。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Join-SqlAvailabilityGroup セカンダリ レプリカを可用性グループに参加させます。 セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Remove-SqlAvailabilityReplica 可用性レプリカを削除します。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス
Set-SqlAvailabilityReplica 可用性レプリカのプロパティを設定します。 プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス

可用性データベースの追加と管理

コマンドレット 説明 サポート対象
Add-SqlAvailabilityDatabase プライマリ レプリカ上で、データベースを可用性グループに追加します。

セカンダリ レプリカ上で、セカンダリ データベースを可用性グループに参加させます。
可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス (レプリカがプライマリかセカンダリかで動作が異なります)
Remove-SqlAvailabilityDatabase プライマリ レプリカ上で、可用性グループからデータベースを削除します。

セカンダリ レプリカ上で、ローカル セカンダリ データベースをローカル セカンダリ レプリカから削除します。
可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス (レプリカがプライマリかセカンダリかで動作が異なります)
Resume-SqlAvailabilityDatabase 中断されている可用性データベースのデータ移動を再開します。 データベースが中断されたサーバー インスタンス
Suspend-SqlAvailabilityDatabase 可用性データベースのデータ移動を中断します。 可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス

可用性グループの正常性の監視

以下の SQL Server コマンドレットを使用すると、可用性グループとそのレプリカおよびデータベースの正常性を監視できます。

重要

これらのコマンドレットを実行するには、CONNECT、VIEW SERVER STATE、および VIEW ANY DEFINITION 権限が必要です。

コマンドレット 説明 サポート対象
Test-SqlAvailabilityGroup SQL Server のポリシー ベースの管理 (PBM) のポリシーを評価することによって、可用性グループの正常性を査定します。 可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス。*
Test-SqlAvailabilityReplica SQL Server のポリシー ベースの管理 (PBM) のポリシーを評価することによって、可用性レプリカの正常性を査定します。 可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス。*
Test-SqlDatabaseReplicaState SQL Server のポリシー ベースの管理 (PBM) のポリシーを評価することによって、参加しているすべての可用性レプリカ上の可用性データベースの正常性を査定します。 可用性レプリカをホストする任意のサーバー インスタンス。*

* 可用性グループ内のすべての可用性レプリカについての情報を表示するには、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスを使用してください。

詳細については、「AlwaysOn ポリシーを使用した可用性グループの正常性の確認 (SQL Server)」を参照してください。

参照

Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)
Get Help SQL Server PowerShell