scan for startup procs サーバー構成オプションの構成

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server で SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用して、scan for startup procs サーバー構成オプションを構成する方法について説明します。 scan for startup procs オプションは、 SQL Server 起動時のストアド プロシージャの自動実行をスキャンする場合に使用します。 このオプションを 1 に設定すると、 SQL Server によって、サーバーで定義されているすべての自動実行ストアド プロシージャがスキャンされ、実行されます。 scan for startup procs の既定値は 0 です。この値を設定した場合、スキャンは行われません。

このトピックの内容

はじめに

推奨事項

  • このオプションは詳細設定オプションであるため、熟練したデータベース管理者または認定された SQL Server プロフェッショナルだけが変更するようにしてください。

  • このオプションの値は sp_configureを使用して設定できますが、ストアド プロシージャを自動的に実行するかどうかを設定する sp_procoptionを使用すれば、値が自動的に設定されます。 sp_procoption を使用して、最初のストアド プロシージャを autoproc として設定すると、このオプションの値は自動的に 1 に設定されます。 sp_procoption を使用して、最後のストアド プロシージャを autoproc として設定解除すると、このオプションの値は自動的に 0 に設定されます。 sp_procoption を使用して autoprocs として設定またはその設定を解除し、ストアド プロシージャを削除する前に必ず autoprocs の設定を解除すれば、このオプションを手動で設定する必要がなくなります。

セキュリティ

アクセス許可

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。 ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。

SQL Server Management Studio を使用する

[スタートアップ プロシージャのスキャン] オプションを構成するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  2. [詳細設定] ノードをクリックします。

  3. [その他] で、 [スタートアップ プロシージャのスキャン] オプションのドロップダウン リストから値を選択して、[True] または [False] を指定します。

Transact-SQL の使用

[スタートアップ プロシージャのスキャン] オプションを構成するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sp_configure を使用して、 scan for startup procs オプションの値を 1に設定する方法を示します。

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1 ;  
GO  
RECONFIGURE  
GO  
EXEC sp_configure 'scan for startup procs', 1 ;  
GO  
RECONFIGURE  
GO  
  

補足情報: scan for startup procs オプションを構成した後

設定を有効にするには、サーバーを再起動する必要があります。

参照

RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)
sp_procoption (Transact-SQL)