ODBC API リファレンス

このセクションのトピックでは、各 ODBC 関数をアルファベット順に説明します。 各関数は、C プログラミング言語関数として定義されます。 説明には、次のようなものがあります。

  • 目的

  • ODBC バージョン

  • 標準 CLI 準拠レベル

  • 構文

  • 引数

  • 戻り値

  • 診断

  • 使用と実装に関するコメント

  • コードの例

  • 関連する関数への参照

標準 CLI 準拠レベルには、ISO 92、Open Group、ODBC、Deprecated のいずれかを指定できます。 Open Group は ISO 92 の純粋なスーパーセットであるため、ISO 92 準拠としてタグ付けされた関数も Open Group バージョン 1 に表示されます。 Open Group 準拠としてタグ付けされた関数は、ODBC 3 にも表示されます。x(ODBC 3 の場合)。x は、Open Group バージョン 1 の純粋なスーパーセットです。 ODBC 準拠としてタグ付けされた関数は、どちらの標準にも表示されません。 非推奨としてタグ付けされた関数は、ODBC 3 では非推奨とされました。x

診断情報の処理については、 SQLGetDiagField 関数の説明を参照してください。 SQLSTATE 値に関連付けられているテキストは、条件の説明を提供するために含まれていますが、特定のテキストを指定するためのものではありません。

注意

ODBC 関数に関するドライバー固有の情報については、ドライバーのセクションを参照してください。

このセクションには、次の関数のトピックが含まれています。