次の方法で共有


アセンブリ (データベース エンジン)

適用対象:SQL Server

このセクションのトピックでは、アセンブリの理解、設計、および実装に役立つ情報について説明します。

アセンブリは、Transact-SQL ではなく、Microsoft .NET Framework共通言語ランタイム (CLR) によってホストされるマネージ コード言語のいずれかで記述された関数、ストアド プロシージャ、トリガー、ユーザー定義集計、およびユーザー定義型を展開するために、SQL Serverのインスタンスで使用される DLL ファイルです。

SQL Serverのアセンブリは、.NET Framework共通言語ランタイムで作成されたマネージド アプリケーション モジュール (.dll ファイル) を参照するオブジェクトです。 アセンブリには、クラス メタデータとマネージド コードが含まれています。 SQL Server のインスタンスにアセンブリをアップロードすることが、次のいずれかのデータベース オブジェクトを作成するための最初の手順になります。

アセンブリは、SQL Serverで次の関数を実行します。

  • 上記の 1 つ以上の CLR データベース オブジェクトの機能を実行するマネージド コードを含む関数。

  • アセンブリのバージョン番号とカルチャ、アセンブリのクラスの一覧を一意に識別する省略可能なパブリック キー、アセンブリで定義されたメソッド、アセンブリのプロセッサ アーキテクチャなどのメタデータを含む関数。

  • コード アクセス権を管理することにより、マネージド コードがリソース外部にアクセスできる程度を管理する関数。

  • アセンブリによって参照される他のアセンブリの依存関係に関するメタデータを含む関数。

このセクションの内容

トピック 説明
アセンブリのデザイン アセンブリを作成する前の注意事項について説明します。 これには、アセンブリのパッケージ化、コード アクセス権、その他の制限事項などがあります。
アセンブリの実装 アセンブリを作成または削除する方法、アセンブリを変更するタイミングとその方法、およびアセンブリに関するメタデータの取得方法について説明します。
アセンブリについての情報の取得 アセンブリに関するメタデータに対してクエリを実行可能なカタログ ビューや関数を一覧します。

参照

CLR (共通言語ランタイム) 統合のプログラミング概念