ロックを保持しているクエリの特定

適用対象:データベースのSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL

データベース管理者は、データベース パフォーマンスを低下させているロックのソースを特定しなければならないことがよくあります。

たとえば、サーバーのパフォーマンスの問題が、ブロックに起因する可能性があるとします。 sys.dm_exec_requests に対してクエリを実行すると、複数のセッションが中断モードになっており、待機の種類から、ロックが待機対象のリソースとなっていることがわかりました。

sys.dm_tran_locks に対してクエリを実行した結果、未解決のロックが多数存在しているにもかかわらず、ロックが許可されたセッションの sys.dm_exec_requests にアクティブな要求がないことがわかりました。

この例では、ロックを実行したクエリ、クエリのプラン、およびロックが行われた時点の Transact-SQL スタックを決定する方法を示します。 さらに、拡張イベント セッションでのペアリング ターゲットの使用法も示します。

この作業には、 SQL Server Management Studio のクエリ エディターを使用した次の手順の実行も含まれます。

Note

この例では、AdventureWorks データベースを使用します。

ロックを保持しているクエリを特定するには

  1. クエリ エディターで、次のステートメントを実行します。

    -- Perform cleanup.   
    IF EXISTS(SELECT * FROM sys.server_event_sessions WHERE name='FindBlockers')  
        DROP EVENT SESSION FindBlockers ON SERVER  
    GO  
    -- Use dynamic SQL to create the event session and allow creating a -- predicate on the AdventureWorks database id.  
    --  
    DECLARE @dbid int  
    
    SELECT @dbid = db_id('AdventureWorks')  
    
    IF @dbid IS NULL  
    BEGIN  
        RAISERROR('AdventureWorks is not installed. Install AdventureWorks before proceeding', 17, 1)  
        RETURN  
    END  
    
    DECLARE @sql nvarchar(1024)  
    SET @sql = '  
    CREATE EVENT SESSION FindBlockers ON SERVER  
    ADD EVENT sqlserver.lock_acquired   
        (action   
            ( sqlserver.sql_text, sqlserver.database_id, sqlserver.tsql_stack,  
             sqlserver.plan_handle, sqlserver.session_id)  
        WHERE ( database_id=' + cast(@dbid as nvarchar) + ' AND resource_0!=0)   
        ),  
    ADD EVENT sqlserver.lock_released   
        (WHERE ( database_id=' + cast(@dbid as nvarchar) + ' AND resource_0!=0 ))  
    ADD TARGET package0.pair_matching   
        ( SET begin_event=''sqlserver.lock_acquired'',   
                begin_matching_columns=''database_id, resource_0, resource_1, resource_2, transaction_id, mode'',   
                end_event=''sqlserver.lock_released'',   
                end_matching_columns=''database_id, resource_0, resource_1, resource_2, transaction_id, mode'',  
        respond_to_memory_pressure=1)  
    WITH (max_dispatch_latency = 1 seconds)'  
    
    EXEC (@sql)  
    --   
    -- Create the metadata for the event session  
    -- Start the event session  
    --  
    ALTER EVENT SESSION FindBlockers ON SERVER  
    STATE = START  
    
  2. サーバーでワークロードを実行したら、クエリ エディターで次のステートメントを実行して、ロックを保持しているクエリを見つけます。

    --  
    -- The pair matching targets report current unpaired events using   
    -- the sys.dm_xe_session_targets dynamic management view (DMV)  
    -- in XML format.  
    -- The following query retrieves the data from the DMV and stores  
    -- key data in a temporary table to speed subsequent access and  
    -- retrieval.  
    --  
    SELECT   
    objlocks.value('(action[@name="session_id"]/value)[1]', 'int')  
            AS session_id,  
        objlocks.value('(data[@name="database_id"]/value)[1]', 'int')   
            AS database_id,  
        objlocks.value('(data[@name="resource_type"]/text)[1]', 'nvarchar(50)' )   
            AS resource_type,  
        objlocks.value('(data[@name="resource_0"]/value)[1]', 'bigint')   
            AS resource_0,  
        objlocks.value('(data[@name="resource_1"]/value)[1]', 'bigint')   
            AS resource_1,  
        objlocks.value('(data[@name="resource_2"]/value)[1]', 'bigint')   
            AS resource_2,  
        objlocks.value('(data[@name="mode"]/text)[1]', 'nvarchar(50)')   
            AS mode,  
        objlocks.value('(action[@name="sql_text"]/value)[1]', 'varchar(MAX)')   
            AS sql_text,  
        CAST(objlocks.value('(action[@name="plan_handle"]/value)[1]', 'varchar(MAX)') AS xml)   
            AS plan_handle,      
        CAST(objlocks.value('(action[@name="tsql_stack"]/value)[1]', 'varchar(MAX)') AS xml)   
            AS tsql_stack  
    INTO #unmatched_locks  
    FROM (  
        SELECT CAST(xest.target_data as xml)   
            lockinfo  
        FROM sys.dm_xe_session_targets xest  
        JOIN sys.dm_xe_sessions xes ON xes.address = xest.event_session_address  
        WHERE xest.target_name = 'pair_matching' AND xes.name = 'FindBlockers'  
    ) heldlocks  
    CROSS APPLY lockinfo.nodes('//event[@name="lock_acquired"]') AS T(objlocks)  
    
    --  
    -- Join the data acquired from the pairing target with other   
    -- DMVs to return provide additional information about blockers  
    --  
    SELECT ul.*  
        FROM #unmatched_locks ul  
        INNER JOIN sys.dm_tran_locks tl ON ul.database_id = tl.resource_database_id AND ul.resource_type = tl.resource_type  
        WHERE resource_0 IS NOT NULL  
        AND session_id IN   
            (SELECT blocking_session_id FROM sys.dm_exec_requests WHERE blocking_session_id != 0)  
        AND tl.request_status='wait'  
        AND REPLACE(ul.mode, 'LCK_M_', '' ) = tl.request_mode  
    
    
  3. 問題を特定したら、一時テーブルとイベント セッションを削除します。

    DROP TABLE #unmatched_locks  
    DROP EVENT SESSION FindBlockers ON SERVER  
    

Note

上記の Transact-SQL コード例は、オンプレミスSQL Serverで実行されますが、Azure SQL データベースでは実行できない場合があります。イベントを直接含む例のコア部分 (たとえば、ADD EVENT sqlserver.lock_acquiredAzure SQL Database でも動作します)。 ただし、sys.server_event_sessions などの予備項目は、例を実行するために sys.database_event_sessions のように、対応する Azure SQL Database に編集する必要があります。 オンプレミスの SQL Server と Azure SQL Database のこれらの軽微な違いの詳細については、次の記事を参照してください。

参照

CREATE EVENT SESSION (Transact-SQL)
ALTER EVENT SESSION (Transact-SQL)
DROP EVENT SESSION (Transact-SQL)
sys.dm_xe_session_targets (Transact-SQL)
sys.dm_xe_sessions (Transact-SQL)