次の方法で共有


SQL Server および Azure SQL Database のデータをインポートおよびエクスポートする

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed InstanceAzure Synapse AnalyticsAnalytics Platform System (PDW)

さまざまな方法を使って、SQL Server と Azure SQL Database のデータをインポートしておよびエクスポートできます。 Transact-SQL ステートメント、コマンドライン ツール、ウィザードなどの方法があります。

また、インポートおよびエクスポートするデータの形式にもさまざまな種類があります。 フラット ファイル、Excel、主要なリレーショナル データベース、さまざまなクラウド サービスなどの形式があります。

データのインポートとエクスポートの方法

Transact-SQL ステートメントを使用する

BULK INSERT または OPENROWSET(BULK...) コマンドでデータをインポートできます。 通常は、SQL Server Management Studio (SSMS) でこれらのコマンドを実行します。 詳しくは、「BULK INSERT または OPENROWSET(BULK...) を使用した一括データのインポート」をご覧ください。

コマンド プロンプトから BCP を使用する

BCP コマンドライン ユーティリティを使って、データをインポートおよびエクスポートできます。 詳しくは、「bcp ユーティリティを使用した一括データのインポートとエクスポート」をご覧ください。

フラット ファイルのインポート ウィザードを使用する

インポート ウィザードやエクスポート ウィザードおよびその他のツールで使用可能な構成オプションが必ずしもすべて必要ではない場合、SQL Server Management Studio (SSMS) のフラット ファイルのインポート ウィザードを使用して、テキスト ファイルを SQL Server にインポートできます。 詳細については、次の記事を参照してください。

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを使用する

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを使って、さまざまなソースとデスティネーションの間で、データをインポートおよびエクスポートできます。 ウィザードを使うには、SQL Server Integration Services (SSIS) または SQL Server Data Tools (SSDT) がインストールされている必要があります。 詳しくは、「SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを使用してデータをインポートおよびエクスポートする」をご覧ください。

独自のインポートまたはエクスポートを設計する

カスタム データ インポートを設計する場合は、次のいずれかの機能またはサービスを使うことができます。

インポートおよびエクスポートのデータ形式

サポートされるフォーマット

フラット ファイルまたはその他のさまざまなファイル形式、リレーショナル データベース、およびクラウド サービスで、データをインポートおよびエクスポートできます。 特定のツールでのこれらのオプションについて詳しくは、次のトピックをご覧ください。

よく使われるデータ形式

一部のよく使われるデータ形式には、特別な考慮事項と例があります。 これらのデータ形式について詳しくは、次のトピックをご覧ください。

次のステップ

インポートまたはエクスポート タスクをどこから始めればよいかわからない場合は、SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを検討してください。 概要については、「簡単な例によるインポートおよびエクスポート ウィザードの概要」をご覧ください。