sys.dm_resource_governor_resource_pools_history_ex (Transact-SQL)

適用対象:サポートなし SQL Server Azure SQL Database サポートなし Azure Synapse Analytics サポートなし Analytics Platform System (PDW)

各行は、Azure SQL Database のリソース プール統計の定期的なスナップショットを表します。 スナップショットは、データベース エンジンの起動時に作成され、その後数秒ごとに作成されます。 現在のスナップショットと前のスナップショットの間隔は異なる場合があり、列に duration_ms 指定されます。 使用可能な最新のスナップショットが返されます。リソース プールごとに最大 128 個のスナップショットが返されます。

重要

この DMV によって表示されるデータのほとんどは、内部消費を目的としており、変更される可能性があります。

列名 データ型 説明
pool_id INT リソース プールの ID。 NULL 値は許可されません。
name sysname 共有リソースの名前。 NULL 値は許可されません。
snapshot_time datetime2 取得されたリソース プール統計スナップショットの Datetime。
duration_ms INT 現在のスナップショットと前のスナップショットの間の期間。
statistics_start_time datetime2 このプールの統計がリセットされた時刻。 NULL 値は許可されません。
active_session_count INT 現在のスナップショット内のアクティブなセッションの合計。
active_worker_count INT 現在のスナップショット内のワーカーの合計。
delta_cpu_usage_ms INT 前回のスナップショット以降の CPU 使用率 (ミリ秒単位)。 NULL 値は許可されません。
delta_cpu_usage_preemptive_ms INT 前回のスナップショット以降、プリエンプティブ win32 呼び出しは SQL CPU RG によって制御されません。
used_data_space_kb bigint ユーザー プールに関連付けられているユーザー データベースで使用される合計領域。
allocated_disk_space_kb bigint ユーザー プールに関連付けられている 内のユーザー データベースの合計データ ファイル サイズ。
target_memory_kb bigint リソース プールが達成しようとしているメモリのターゲット量 (キロバイト単位)。 これは、現在の設定とサーバーの状態に基づいています。 NULL 値は許可されません。
used_memory_kb bigint リソース プールに使用されるメモリの量 (キロバイト単位)。 NULL 値は許可されません。
cache_memory_kb bigint 現在の合計キャッシュ メモリ使用量 (KB 単位)。 NULL 値は許可されません。
compile_memory_kb bigint 現在の合計メモリ流用量 (KB 単位)。 この使用法のほとんどはコンパイルと最適化用ですが、他のメモリ ユーザーを含めることもできます。 NULL 値は許可されません。
active_memgrant_count bigint メモリ許可の現在の数。 NULL 値は許可されません。
active_memgrant_kb bigint 現在のメモリ許可の合計 (KB 単位)。 NULL 値は許可されません。
used_memgrant_kb bigint メモリ許可から使用 (盗まれた) メモリの現在の合計。 NULL 値は許可されません。
delta_memgrant_timeout_count INT この期間中のこのリソース プールのメモリ許可タイムアウトの数。 NULL 値は許可されません。
delta_memgrant_waiter_count INT メモリ許可で現在保留中のクエリの数。 NULL 値は許可されません。
delta_out_of_memory_count INT 最後のスナップショット以降にプール内で失敗したメモリ割り当ての数。 NULL 値は許可されません。
delta_read_io_queued INT 前回のスナップショット以降にエンキューされた読み取り IO の合計。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_read_io_issued INT 前回のスナップショット以降に発行された読み取り IO の合計。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_read_io_completed INT 前回のスナップショット以降に完了した読み取り IO の合計。 NULL 値は許可されません。
delta_read_io_throttled INT スナップショット以降に調整された読み取り IO の合計。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_read_bytes bigint 最後のスナップショット以降に読み取られたバイトの合計数。 NULL 値は許可されません。
delta_read_io_stall_ms INT 読み取り IO の到着から最後のスナップショット以降の完了までの合計時間 (ミリ秒単位)。 NULL 値は許可されません。
delta_read_io_stall_queued_ms INT 前回のスナップショット以降の読み取り IO 到着から問題までの合計時間 (ミリ秒単位)。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。 0 delta_read_io_stall_queued_ms 以外は、リソース ガバナンスによって IO が遅延していることを意味します。
delta_write_io_queued INT 最後のスナップショット以降にエンキューされた書き込み IO の合計。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_write_io_issued INT 最後のスナップショット以降に発行された書き込み IO の合計。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_write_io_completed INT 最後のスナップショット以降に完了した書き込み IO の合計。 NULL 値は許可されません。
delta_write_io_throttled INT 最後のスナップショット以降に調整された書き込み IO の合計。 NULL 値は許可されません。
delta_write_bytes bigint 最後のスナップショット以降に書き込まれたバイトの合計数。 NULL 値は許可されません。
delta_write_io_stall_ms INT 書き込み IO の到着から最後のスナップショット以降の完了までの合計時間 (ミリ秒単位)。 NULL 値は許可されません。
delta_write_io_stall_queued_ms INT 書き込み IO 到着から最後のスナップショット以降の問題までの合計時間 (ミリ秒単位)。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
delta_io_issue_delay_ms INT スケジュールされた問題と前回のスナップショット以降の IO の実際の問題との間の合計時間 (ミリ秒単位)。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
max_iops_per_volume INT このプールのディスク ボリュームあたりの最大 IO/秒 (IOPS) 設定。 NULL 値が許可されます。 リソース プールが IO に対して管理されていない場合は Null。
max_memory_kb bigint リソース プールで使用できるメモリの最大量 (キロバイト単位)。 これは、現在の設定とサーバーの状態に基づいています。 NULL 値は許可されません。
max_log_rate_kb bigint リソース プール レベルでの最大ログ レート (1 秒あたりのキロバイト数)。
max_data_space_kb bigint このエラスティック プールの最大エラスティック プール記憶域の制限設定 (キロバイト単位)。
max_session INT プールのセッション制限。
max_worker INT プールのワーカー制限。
min_cpu_percent INT CPU 競合が発生した場合にリソース プール内のすべての要求に対して保証される平均 CPU 帯域幅の現在の構成。 NULL 値は許可されません。
max_cpu_percent INT CPU 競合が発生した場合にリソース プール内のすべての要求で許可される最大平均 CPU 帯域幅の現在の構成。 NULL 値は許可されません。
cap_cpu_percent INT リソース プール内のすべての要求が受信する CPU 帯域幅のハード キャップ。 最大 CPU 帯域幅レベルを指定したレベルに制限します。 value の許容範囲は 1 ~ 100 です。 NULL 値は許可されません。
min_vcores decimal(5,2) CPU 競合が発生した場合にリソース プール内のすべての要求に対して保証される平均 CPU 帯域幅の現在の構成。 仮想コアの単位。
max_vcores decimal(5,2) CPU 競合が発生した場合にリソース プール内のすべての要求で許可される最大平均 CPU 帯域幅の現在の構成。 仮想コアの単位。
cap_vcores decimal(5,2) リソース プール内のすべての要求が受信する CPU 帯域幅のハード キャップ。 仮想コアの単位。
instance_cpu_count INT インスタンスに対して構成された CPU の数。
instance_cpu_percent decimal(5,2) インスタンスに対して構成された CPU 使用率。
instance_vcores decimal(5,2) インスタンス用に構成された仮想コアの数。
delta_log_bytes_used decimal(5,2) 最後のスナップショット以降のプール レベルでのログ生成の合計 (バイト単位)。
avg_login_rate_percent decimal(5,2) 前回のスナップショット以降のログイン数(ログイン制限と比較)。
delta_vcores_used decimal(5,2) 前回のスナップショット以降の仮想コア数のコンピューティング使用率。
cap_vcores_used_percent decimal(5,2) プールの限度に対する割合で表した平均コンピューティング使用率。
instance_vcores_used_percent decimal(5,2) SQL インスタンスの制限に対する割合の平均コンピューティング使用率。
avg_data_io_percent decimal(5,2) プールの限度に対する割合で表した平均 I/O 使用率。
avg_log_write_percent decimal(5,2) プールの限度に対する割合で表した平均書き込みリソース使用率。
avg_storage_percent decimal(5,2) プールのストレージ限度に対する割合で表した平均ストレージ使用率。
avg_allocated_storage_percent decimal(5,2) エラスティック プール内のすべてのデータベースによって割り当てられたデータ領域の割合。 これは、エラスティック プールのデータ最大サイズに割り当てられたデータ領域の比率です。 詳細については、「SQL Databaseでのファイル領域の管理」を参照してください。
max_worker_percent decimal(5,2) プールの限度に対する割合で表した最大同時実行ワーカー (要求) 数。
max_session_percent decimal(5,2) プールの限度に対する割合で表した最大同時実行セッション数。
active_outbound_connection_worker_count INT 現在のスナップショット内の送信接続ワーカーの合計数。
max_outbound_connection_worker INT プールの送信接続ワーカーの制限。
max_outbound_connection_worker_percent decimal(5,2) プールの制限に基づく最大同時送信接続ワーカー (要求) をパーセンテージで指定します。

アクセス許可

このビューには、VIEW SERVER STATE 権限が必要です。

解説

ユーザーはこの動的管理ビューにアクセスして、データベース インスタンスのユーザー ワークロード プールとシステム内部プールのほぼリアルタイムのリソース消費量Azure SQL監視できます。

次の例では、ユーザー プールごとに各スナップショットの最大ログ レート データと消費量を返します。

SELECT snapshot_time, name, max_log_rate_kb, delta_log_bytes_used
FROM sys.dm_resource_governor_resource_pools_history_ex
WHERE name LIKE 'SloSharedPool1'
ORDER BY snapshot_time DESC;

次の手順