sys.fn_db_backup_file_snapshots (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server 2016 (13.x) 以降

データベース ファイルに関連付けられている Azure スナップショットを返します。 指定したデータベースが見つからない場合、またはデータベース ファイルが Microsoft Azure Blob Storage サービスに格納されていない場合、行は返されません。 このシステム関数を sys.sp_delete_backup_file_snapshot システム ストアド プロシージャと組み合わせて使用して、孤立したバックアップ スナップショットを識別および削除します。 詳細については、「 Azure でのデータベース ファイルのファイル スナップショット バックアップ」を参照してください。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sys.fn_db_backup_file_snapshots   
   [ ( database_name ) ]  

引数

Database_name
クエリ対象のデータベースの名前。 NULL の場合、この関数は現在のデータベース スコープで実行されます。

返されるテーブル

列名 データ型 説明
file_id int データベースのファイル ID。 NULL 値は許可されません。
snapshot_time nvarchar(260) REST API によって返されるスナップショットのタイムスタンプ。 スナップショットが存在しない場合は NULL を返します。
snapshot_url nvarchar(360) ファイル スナップショットの完全な URL。 スナップショットが存在しない場合は NULL を返します。

アクセス許可

データベースに対する VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。

参照

sp_delete_backup_file_snapshot (Transact-SQL)
sp_delete_backup (Transact-SQL)