次の方法で共有


KEY_COLUMN_USAGE (Transact-SQL)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

現在のデータベースのキーとして制約されている列ごとに 1 行を返します。 この情報スキーマ ビューは、現在のユーザーが権限を持つオブジェクトに関する情報を返します。

これらのビューから情報を取得するには、INFORMATION_SCHEMA.<ビュー名> という完全修飾名を指定します。

列名 データ型 説明
CONSTRAINT_CATALOG nvarchar(128) 制約修飾子。
CONSTRAINT_SCHEMA nvarchar(128) 制約を含むスキーマの名前。

重要: オブジェクトのスキーマを決定するために、INFORMATION_SCHEMA ビューを使わないでください。 INFORMATION_SCHEMA ビューが表すのは、オブジェクトのメタデータのサブセットのみです。 オブジェクトのスキーマを調べるための信頼できる唯一の方法は、sys.objects カタログ ビューのクエリを実行することです。
CONSTRAINT_NAME nvarchar(128) 制約名。
TABLE_CATALOG nvarchar(128) テーブルの修飾子。
TABLE_SCHEMA nvarchar(128) テーブルを含むスキーマの名前。

重要: オブジェクトのスキーマを決定するために、INFORMATION_SCHEMA ビューを使わないでください。 INFORMATION_SCHEMA ビューが表すのは、オブジェクトのメタデータのサブセットのみです。 オブジェクトのスキーマを調べるための信頼できる唯一の方法は、sys.objects カタログ ビューのクエリを実行することです。
TABLE_NAME nvarchar(128) テーブル名。
COLUMN_NAME nvarchar(128) 列名。
ORDINAL_POSITION int 列の位置を示す序数。

参照

システム ビュー (Transact-SQL)
情報スキーマビュー (Transact-SQL)
sys.columns (Transact-SQL)
sys.indexes (Transact-SQL)
sys.objects (Transact-SQL)
sys.foreign_keys (Transact-SQL)
sys.key_constraints (Transact-SQL)