sp_query_store_reset_exec_stats (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server 2016 (13.x) 以降 Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance

クエリ ストアからの特定のクエリ プランのランタイム統計をクリアします。 セカンダリ レプリカのクエリ ストアを有効にした場合、sp_query_store_reset_exec_stats はプライマリ レプリカに対してのみ実行できます。 プロシージャのスコープはレプリカ セット全体に適用されます。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

sp_query_store_reset_exec_stats [ @plan_id = ] plan_id [;]

引数

[ @plan_id = ] plan_id

クリアされるクリア プランの ID です。 plan_idbigint であり、既定値はありません。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

アクセス許可

データベースに対する ALTER 権限が必要です。

次の例では、クエリ ストア内のクエリに関する情報が返されます。

SELECT Txt.query_text_id, Txt.query_sql_text, Pl.plan_id, Qry.*
FROM sys.query_store_plan AS Pl
JOIN sys.query_store_query AS Qry
    ON Pl.query_id = Qry.query_id
JOIN sys.query_store_query_text AS Txt
    ON Qry.query_text_id = Txt.query_text_id ;

統計をクリアする plan_id を特定したら、次の例を利用し、特定のクエリ プランの実行統計を削除します。 この例では、プラン番号 3 の実行統計が削除されます。

EXEC sp_query_store_reset_exec_stats 3;

次の手順

クエリ ストアについて詳しくは、次の記事を参照してください。