cdc.captured_columns (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server

キャプチャ インスタンスで追跡される列ごとに 1 行を返します。 既定では、ソース テーブルのすべての列がキャプチャされます。 ただし、列リストを指定することで、ソース テーブルでの変更データ キャプチャが有効になっているときに列を含めたり除外したりできます。 詳細については、「sys.sp_cdc_enable_table (Transact-SQL)」を参照してください。

システム テーブルに直接クエリを実行しないことをお勧めします。 代わりに、 sys.sp_cdc_get_source_columns ストアド プロシージャを実行します。

列名 データ型 説明
object_id int キャプチャされた列が属する変更テーブルの ID。
column_name sysname キャプチャされた列の名前です。
column_id int ソース テーブル内のキャプチャされた列の ID。
column_type sysname キャプチャされた列の型。
column_ordinal int 変更テーブルの列序数 (1 から始まる)。 変更テーブル内のメタデータ列は除外されます。 序数 1 は、キャプチャされた最初の列に割り当てられます。
is_computed bit キャプチャされた列がソース テーブルの計算列であることを示します。

参照

cdc.change_tables (Transact-SQL)