systranschemas (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

systranschemas テーブルは、トランザクション パブリケーションとスナップショット パブリケーションでパブリッシュされたアーティクルおよび Change Data Capture のスキーマ変更を追跡するために使用されます。 このテーブルは、publication データベースと subscription データベースの両方に保存されます。

列名 データ型 説明
tabid int スキーマの変更が発生したテーブルアーティクルを識別します。
startlsn [バイナリ] スキーマ変更開始時の LSN 値です。
endlsn [バイナリ] スキーマ変更の最後の LSN 値。
typeid int スキーマ変更のタイプです。

参照

レプリケーション テーブル (Transact-SQL)