レプリケーション テーブル (Transact-SQL)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

レプリケーション トポロジは、レプリケーション システム テーブルでサポートされています。 ユーザー データベースがパブリッシャーまたはサブスクライバーとして構成されている場合、レプリケーションによってシステム テーブルがデータベースに追加されます。 これらのテーブルは、レプリケーション トポロジからユーザー データベースが削除されると削除されます。 システム テーブルの使用に関する一般的な規則については、「 システム テーブル (Transact-SQL)」を参照してください。

レプリケーション テーブル

次に、レプリケーションで使用するシステム テーブルの一覧をデータベースごとにグループ化して示します。

マスター データベース内のレプリケーション テーブル

msdb データベース内のレプリケーション テーブル

ディストリビューション データベース内のレプリケーション テーブル

ディストリビューション データベース内のこれらのテーブルは、SQL Server以外のパブリッシャーからデータをレプリケートするために使用されます。 詳細については、「SQL Server以外のパブリッシャー」を参照してください。

パブリケーション データベース内のレプリケーション テーブル

サブスクリプション データベース内のレプリケーション テーブル

関連項目

パブリッシングおよびディストリビューションの構成
パブリッシングおよびディストリビューションの無効化
レプリケーション ビュー (Transact-SQL)