CERTPROPERTY (Transact-SQL)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed Instance

指定した証明書のプロパティの値を返します。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

CertProperty ( Cert_ID , '<PropertyName>' )  
  
<PropertyName> ::=  
   Expiry_Date | Start_Date | Issuer_Name   
   | Cert_Serial_Number | Subject | SID | String_SID   

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

Cert_ID
データ型 int の証明書の ID 値

Expiry_Date
証明書の有効期限。

Start_Date
証明書が有効になる日付。

Issuer_Name
証明書の名前。

Cert_Serial_Number
証明書のシリアル番号。

件名
証明書のサブジェクト。

SID
証明書の SID。 これは、この証明書にマップされているログインまたはユーザーの SID でもあります。

String_SID
文字列としての証明書の SID。 これは、この証明書にマップされているログインまたはユーザーの SID でもあります。

戻り値の型

プロパティは単一引用符で囲んで指定する必要があります。

戻り値の型は、関数の呼び出しで指定されたプロパティによって異なります。 戻り値の型 sql_variant は、すべての戻り値をラップします。

  • Expiry_DateStart_Date 返す datetimeです。
  • Cert_Serial_NumberIssuer_NameString_SIDSubject はすべて nvarchar を返します。
  • SID 返します varbinaryです。

注釈

sys.certificates カタログ ビューの証明書情報を参照してください。

アクセス許可

証明書に関する適切なアクセス許可が必要です。また、証明書に対する呼び出し元の VIEW アクセス許可が拒否されていない必要があります。 証明書のアクセス許可の詳細については、「CREATE CERTIFICATE (Transact-SQL)」および「GRANT CERTIFICATE PERMISSIONS (Transact-SQL)」を参照してください。

次の例では、証明書のサブジェクトを返します。

-- First create a certificate.  
CREATE CERTIFICATE Marketing19 WITH   
    START_DATE = '04/04/2004' ,  
    EXPIRY_DATE = '07/07/2040' ,  
    SUBJECT = 'Marketing Print Division';  
GO  
  
-- Now use CertProperty to examine certificate  
-- Marketing19's properties.  
DECLARE @CertSubject sql_variant;  
set @CertSubject = CertProperty( Cert_ID('Marketing19'), 'Subject');  
PRINT CONVERT(nvarchar, @CertSubject);  
GO  

関連項目

CREATE CERTIFICATE (Transact-SQL)
ALTER CERTIFICATE (Transact-SQL)
CERT_ID (Transact-SQL)暗号化階層sys.certificates (Transact-SQL)セキュリティ カタログ ビュー (Transact-SQL)