GETDATE (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Analytics Platform System (PDW)

として現在のデータベース システムのタイムスタンプを返す、 datetime 、データベース タイム ゾーン オフセットを持たない値。 この値は、SQL Server のインスタンスが実行されているコンピューターのオペレーティング システムから取得されます。

Note

1 秒未満の有効桁数で比較すると、SYSDATETIME と SYSUTCDATETIME の方が GETDATE と GETUTCDATE よりも高い精度を得ることができます。 SYSDATETIMEOFFSET には、システムのタイム ゾーン オフセットが含まれます。 SYSDATETIME、SYSUTCDATETIME、および SYSDATETIMEOFFSET は、date 型と time 型の任意の変数に割り当てることができます。

Azure SQL Database (Azure SQL Managed Instance を除く) と Azure Synapse Analytics は UTC に従います。 UTC 以外のタイム ゾーンの日付と時刻情報を解釈する必要がある場合、Azure SQL Database または Azure Synapse Analytics で AT TIME ZONE を使用します。

Transact-SQL の日付と時刻のデータ型および関数の概要については、「日付と時刻のデータ型および関数 (Transact-SQL)」を参照してください。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

GETDATE()

戻り値の型

datetime

解説

Transact-SQL ステートメントから、datetime 式を参照できる任意の場所で GETDATE を参照できます。

GETDATE は、非決定的関数です。 この関数を列内で参照するビューと式には、インデックスを付けることができません。

GETDATE() 関数で SWITCHOFFSET を使用すると、クエリの実行速度が低下する場合があります。クエリ オプティマイザーでは、GETDATE 値の正確なカーディナリティの推定を取得できないためです。 GETDATE 値を事前計算して、次の例に示すように、クエリでその値を指定することをお勧めします。 さらに、OPTION (RECOMPILE) クエリ ヒントを使用して、次に同じクエリが実行されるときに、クエリ オプティマイザーでクエリ プランが強制的に再コンパイルされるようにします。 そうすると、オプティマイザーによって、GETDATE() の正確なカーディナリティの推定が取得され、より効率的なクエリ プランが生成されます。

DECLARE @dt datetimeoffset = switchoffset (CONVERT(datetimeoffset, GETDATE()), '-04:00');
SELECT * FROM t
WHERE c1 > @dt OPTION (RECOMPILE);

次の例では、現在の日付と時刻を返す 6 つの SQL Server システム関数を使用して、日付、時刻、またはその両方を取得しています。 値は順番に返されるため、秒の小数部が異なる可能性があります。

A. 現在のシステム日付と時刻を取得する

SELECT SYSDATETIME()
    ,SYSDATETIMEOFFSET()
    ,SYSUTCDATETIME()
    ,CURRENT_TIMESTAMP
    ,GETDATE()
    ,GETUTCDATE();

結果セットは次のようになります。

SYSDATETIME()      2007-04-30 13:10:02.0474381
SYSDATETIMEOFFSET()2007-04-30 13:10:02.0474381 -07:00
SYSUTCDATETIME()   2007-04-30 20:10:02.0474381
CURRENT_TIMESTAMP  2007-04-30 13:10:02.047
GETDATE()          2007-04-30 13:10:02.047
GETUTCDATE()       2007-04-30 20:10:02.047

B. 現在のシステム日付を取得する

SELECT CONVERT (date, SYSDATETIME())
    ,CONVERT (date, SYSDATETIMEOFFSET())
    ,CONVERT (date, SYSUTCDATETIME())
    ,CONVERT (date, CURRENT_TIMESTAMP)
    ,CONVERT (date, GETDATE())
    ,CONVERT (date, GETUTCDATE());

結果セットは次のようになります。

SYSDATETIME()          2007-05-03
SYSDATETIMEOFFSET()    2007-05-03
SYSUTCDATETIME()       2007-05-04
CURRENT_TIMESTAMP      2007-05-03
GETDATE()              2007-05-03
GETUTCDATE()           2007-05-04

C. 現在のシステム時刻を取得する

SELECT CONVERT (time, SYSDATETIME())
    ,CONVERT (time, SYSDATETIMEOFFSET())
    ,CONVERT (time, SYSUTCDATETIME())
    ,CONVERT (time, CURRENT_TIMESTAMP)
    ,CONVERT (time, GETDATE())
    ,CONVERT (time, GETUTCDATE());

結果セットは次のようになります。

SYSDATETIME()       13:18:45.3490361
SYSDATETIMEOFFSET() 13:18:45.3490361
SYSUTCDATETIME()    20:18:45.3490361
CURRENT_TIMESTAMP   13:18:45.3470000
GETDATE()           13:18:45.3470000
GETUTCDATE()        20:18:45.3470000

例: Azure Synapse Analytics、Analytics Platform System (PDW)

次の例では、現在の日付と時刻を返す 3 つの SQL Server システム関数を使用して、日付、時刻、またはその両方を取得しています。 値は順番に返されるため、秒の小数部が異なる可能性があります。

D. 現在のシステム日付と時刻を取得する

SELECT SYSDATETIME()
    ,CURRENT_TIMESTAMP
    ,GETDATE();

E. 現在のシステム日付を取得する

SELECT CONVERT (date, SYSDATETIME())
    ,CONVERT (date, CURRENT_TIMESTAMP)
    ,CONVERT (date, GETDATE());

F. 現在のシステム時刻を取得する

SELECT CONVERT (time, SYSDATETIME())
    ,CONVERT (time, CURRENT_TIMESTAMP)
    ,CONVERT (time, GETDATE());

参照

CAST および CONVERT (Transact-SQL)