SQL Server 照合順序名 (Transact-SQL)

適用対象:SQL ServerAzure SQL DatabaseAzure SQL Managed InstanceAzure Synapse AnalyticsAnalytics Platform System (PDW)

SQL Server 照合順序の照合順序名を指定する単一の文字列です。

SQL Server は Windows 照合順序をサポートします。 SQL Server は、SQL Server が Windows 照合順序をサポートする前に開発された、SQL Server 照合順序と呼ばれる、限られた数 (<80) の照合順序をサポートしています。 SQL Server 照合順序は旧バージョンとの互換性を維持するためにサポートされていますが、新規の開発作業に使用しないでください。 Windows 照合順序の詳細については、Windows 照合順序名に関するページをご覧ください。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

<SQL_collation_name> :: =
SQL_SortRules[_Pref]_CPCodepage_<ComparisonStyle>

<ComparisonStyle> ::=
_CaseSensitivity_AccentSensitivity | _BIN

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

SortRules 辞書順での並べ替えを指定した場合に適用される、並べ替え規則を持つアルファベットまたは言語を示す文字列です。 たとえば、Latin1_General や Polish などが挙げられます。

Pref 大文字優先を指定します。 比較が大文字と小文字の場合でも、その他の区別がないときは、文字の大文字バージョンが並べ替えられてから小文字バージョンが並べ替えられます。

Codepage 照合順序で使用されるコード ページを識別する 1 から 4 桁の番号を指定します。 CP1 はコード ページ 1252 を示します。他のすべてのコード ページの場合は、完全なコード ページ番号を指定します。 たとえば、CP1251 はコード ページ 1251 を示し、CP850 はコード ページ 850 を示します。

CaseSensitivityCI を指定すると大文字小文字は区別されず、CS を指定すると大文字小文字が区別されます。

AccentSensitivityAI を指定するとアクセントは区別されず、AS を指定するとアクセントが区別されます。

BIN 使用するバイナリ並べ替え順を指定します。

注釈

現在のサーバーでサポートされている SQL Server 照合順序の一覧を表示するには、次のクエリを実行します。

SELECT * FROM sys.fn_helpcollations()
WHERE name LIKE 'SQL%';

Note

並べ替え順 ID 80 では、コード ページ 1250 およびバイナリ順の任意の Window 照合順序を使用します。 たとえば、Albanian_BIN、Croatian_BIN、Czech_BIN、Romanian_BIN、Slovak_BIN、Slovenian_BIN を使用します。

関連項目