デバイスを Surface Hub 2S に接続する

Surface Hub 2S を使用すると、外部デバイスを接続し、Surface Hub 2S 上のディスプレイを別のデバイスにミラーリングし、ビデオ会議カメラ、会議電話、ルーム システム デバイスを含む複数のサード パーティ製周辺機器を接続できます。

デバイスから Surface Hub 2S にコンテンツを表示できます。 ソース デバイスがWindows ベースの場合、そのデバイスは、接続されているデバイスからビデオとオーディオを受け取り、Surface Hub 2S で表示する TouchBack と InkBack も提供できます。 Surface Hub 2S で、Blu-ray DVD プレーヤーなどの High-Bandwidth Digital Content Protection (HDCP) 信号が発生した場合、ソースは黒い画像として表示されます。

注意

Surface Hub 2S では、新しい接続が確立されるか、既存の接続が中断されるか、Connect アプリが閉じられるまで選択されたビデオ入力が使用されます。

一般に、USB-C から USB-C、HDMI から HDMI など、可能な限りネイティブ ケーブル接続を使用することをお勧めします。 MiniDP から HDMI、USB-C への MiniDP などの他の組み合わせも機能します。 このページで説明するように、ビデオ出力エクスペリエンスを最適化するために追加の構成が必要になる場合があります。

[接続] 機能 説明
HDMI + USB-C オーディオとビデオの HDMI-in

TouchBack および InkBack 用 USB-C
USB-C では、HDMI A/V 接続で TouchBack と InkBack がサポートされます。

USB-C から USB-A を使用して、レガシ コンピューターに接続します。

メモ: 最適な結果を得るには、USB-C ケーブルを接続する前に HDMI を接続します。 HDMI に使用しているコンピューターが TouchBack および InkBack と互換性がない場合は、USB-C ケーブルは必要ありません。
USB-C
(コンピューティング モジュール経由)
ビデオイン
Audio-in
A/V に必要な単一ケーブル

TouchBack と InkBack がサポートされています

HDCP が有効になっている
HDMI (ポート内) ビデオ、オーディオ、Surface Hub 2S A/V に必要な単一ケーブル

TouchBack と InkBack はサポートされていません

HDCP が有効になっている
MiniDP 1.2 出力 大きなプロジェクターへのミラーリングなどのビデオ出力。 A/V に必要な単一ケーブル

USB-C ポート経由でゲスト コンピューターを Surface Hub 2S に接続すると、いくつかの USB デバイスが検出され、構成されます。 これらの周辺機器は、TouchBack と InkBack 用に作成されます。 次の表に示すように、周辺機器はデバイス マネージャーで表示できます。次の表に示すように、一部のデバイスの重複する名前が表示されます。

周辺装置 デバイス マネージャーの一覧
ヒューマン インターフェイス デバイス HID 準拠コンシューマー制御デバイス
HID 準拠ペン
HID 準拠ペン (重複する項目)
HID 準拠ペン (重複する項目)
HID 準拠タッチ スクリーン
USB 入力デバイス
USB入力デバイス (重複する項目)
キーボード 標準 PS/2 キーボード
マウスとそのほかのポインティング デバイス HID 準拠マウス
USB コントローラー 汎用 USB ハブ
USB 複合デバイス

ビデオインを Surface Hub 2S に接続する

次の表に示すように、USB-C または HDMI を使用してビデオを Surface Hub 2S に入力できます。

Surface Hub 2S ビデオイン設定

信号の種類 解像度 フレーム レート HDMI USB-C
PC 640 x 480 60
PC 720 x 480 60
PC 1024 x 768 60
PC 1920 x 1080 60
PC 3840x2560 30
HDTV 720p 60
HDTV 1080p 60
4K UHD 3840x2560 30

注意

4K の UHD 解像度 (3840×2560) は、コンピューティング モジュールのポートに接続する場合にのみサポートされます。 デバイスの左側、上部、および右側にある "ゲスト" USB ポートではサポートされていません。

注意

接続されている外部 PC からのビデオは、Surface Hub 2S に表示すると小さく表示されることがあります。

ミラーリング Surface Hub 2S が別のデバイスに表示される

次の表に示すように、MiniDP を使用してビデオを別のディスプレイに出力できます。

Surface Hub 2S ビデオ出力設定

信号の種類 解像度 フレーム レート MiniDP
PC 640 x 480 60
PC 720 x 480 60
PC 1024 x 768 60
PC 1920 x 1080 60
PC 3840 x 2560 60
HDTV 720p 60
HDTV 1080p 60
4K UHD 3840 x 2560 60

Surface Hub 2S には、Surface Hub 2S から別のディスプレイにビジュアル コンテンツを投影するための MiniDP ビデオ出力ポートが含まれています。 Surface Hub 2S を使用して別のディスプレイに投影する場合は、次の推奨事項に注意してください。

  • キーボードが必要です。 開始する前に、有線またはBluetooth対応の外部キーボードを 2S Surface Hub接続する必要があります。 元のSurface Hubとは異なり、Surface Hub 2S 用のキーボードは個別に販売されており、配送先パッケージには含まれていないことに注意してください。

  • 重複モードを設定します。 Surface Hub 2S では、重複モードでのみビデオ出力がサポートされます。 ただし、初めて接続するときは、引き続き表示モードを手動で構成する必要があります。
    1. Windowsロゴ keyP を + 入力し、Surface Hub 2S の右側にある [Project] ウィンドウを開き、[複製モード] を選択します。****
    2. Surface Hub 2S セッションが終了したら、[セッションの終了] を選択します。 これにより、次のセッションに対して重複する設定が確実に保存されます。

  • さまざまな縦横比を計画します。 他の Surface デバイスと同様に、Surface Hub 2S では、3:2 の表示縦横比 (ディスプレイの幅と高さの関係) が使用されます。 縦横比の異なるディスプレイへの 2S Surface Hub投影がサポートされています。 ただし、Surface Hub 2S はディスプレイを複製するため、MiniDP 出力も 3:2 の縦横比でのみ表示され、受信ディスプレイの縦横比によってはレターボックスまたはウィンドウが表示される可能性があることに注意してください。

注意

2 台目のモニターで縦横比が 16:9 の場合 (ほとんどのテレビ モニターの主な比率)、ミラーディスプレイの左右に黒いバーが表示されることがあります。 このような場合は、2 つ目のディスプレイを調整する必要がないことをユーザーに通知することもできます。

ケーブルの選択

次の推奨事項に注意してください。

  • [USB] の順に選びます。 USB 3.1 Gen 2 ケーブル。
  • MiniDP。 最大 3 メートルの長さの DisplayPort ケーブルが認定されています。
  • HDMI。 長いケーブルが必要な場合は、必要に応じてリピーターを取り付ける機能を備えた、コスト効率の高い長距離ケーブルの可用性が広いため、HDMI をお勧めします。

注意

HDMI が検出されると、ほとんどの DisplayPort ソースは自動的に HDMI シグナリングに切り替わります。

Surface Hub 2S にワイヤレスで接続する

Windows 10/11 では、Miracastをネイティブにサポートしています。これにより、Surface Hub 2S にワイヤレス接続できます。

Miracastを使用して接続するには:

  1. Windows 10/11 デバイスで、ロゴ keyK + Windows入力します。****
  2. Connect ウィンドウで、近くのデバイスの一覧でSurface Hub 2S の名前を探します。 Surface Hub 2S の名前は、ディスプレイの左下隅にあります。
  3. システム管理者がMiracast接続の PIN 設定を有効にしている場合は、PIN を入力します。 この場合、初めて Surface Hub 2S に接続するときに PIN 番号を入力する必要があります。

注意

Surface Hub 2S デバイスの名前が期待どおりに表示されない場合は、前のセッションが途中で閉じられた可能性があります。 その場合は、Surface Hub 2S に直接サインインして前のセッションを終了し、外部デバイスから接続します。

Surface Hub 2S への周辺機器の接続

Bluetooth アクセサリ

Bluetoothを使用して、次のアクセサリを Surface Hub-2S に接続できます。

  • マウス (複数)
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • スピーカー
  • Surface Hub 2 ペン

注意

Bluetooth ヘッドセットまたはスピーカーを接続すると、既定のマイクとスピーカーの設定の変更が必要になることがあります。 詳しくは、「Surface Hub の設定のローカル管理」をご覧ください。