Surface バッテリー制限の設定

[バッテリー制限] オプションは、Surface デバイスのバッテリーの充電方法を変更し、寿命を延ばす可能性がある Surface UEFI 設定です。 このファームウェア設定 (BIOS と同様) は、常に電源に接続することを目的としたデバイスに推奨されます。 たとえば、販売時点管理、RFID、および関連するキオスク シナリオ用に構成されたデバイスが含まれます。 バッテリー制限 UEFI 設定は、次のような既定で Surface デバイスに組み込まれています。

  • Surface Go 以降
  • Surface Pro 7 以降
  • Surface Laptop 3 以降
  • Surface Book 3
  • Surface Laptop Studio
  • Surface Laptop Go
  • Surface Laptop Go 2
  • Surface Laptop SE

動作のしくみ

[バッテリー制限] 設定を有効にすると、バッテリーは最大充電容量の 50% に達すると充電を停止します。 デバイスの充電率が 50% を超えたときにバッテリー制限を有効にした場合、バッテリーは最大充電量の 50% を下回るまで充電を再開しません。

次のいずれかの方法でバッテリー制限を有効にします。

個々のデバイスで Surface UEFI を変更する

  1. Surface UEFI で起動する: デバイスの電源を入れるときに 、電源 + Vol Up キーを押します。
  2. [ ブート構成>の詳細オプション] を選択し、[ バッテリーの制限を有効にする][オン] に切り替えます。
    バッテリー制限の詳細オプションのスクリーンショット。

ヒント

Surface Go (すべての世代): [ブート構成>キオスク モード] を選択し、スライダーを右側に移動して [バッテリーの制限] を [有効] に設定します。

複数のデバイスへのリモート展開用の Surface UEFI 構成パッケージを作成する

高度な IT 管理者の場合は、 Surface UEFI Configurator を使用して Surface UEFI を変更し、 Surface Enterprise Management Mode (SEMM) を使用して複数のデバイスにリモートで展開できます。 または、Surface Tools for IT から入手できる Surface UEFI Manager PowerShell スクリプト (SEMM_Powershell.zip) を使用することもできます。

SEMM を使用するには、ほとんどの対象デバイスが商用 SKU で、"法人向け Surface" としてブランド化されている必要があります。互換性のあるデバイスの完全な一覧については、「サポートされているデバイス」を参照してください。

Microsoft Surface UEFI Configurator を使用する

  1. UEFI Configurator を開きます
  2. [ 詳細設定] 構成ページで、[キオスクの オーバーライド ] 設定を [オン] に切り替えます。
  3. [ バッテリーの制限][オン] に切り替えます。

バッテリー制限を有効にするオプションを示す詳細設定のスクリーンショット。

Surface UEFI Manager PowerShell スクリプトを使用する

バッテリ制限機能は、次の設定で制御されます。

407 = Battery Profile

説明: バッテリ使用パターンのアクティブな管理スキーム

既定値: 0

バッテリー制限を有効にするように設定を 1 構成します。

詳細情報