次の方法で共有


DebugView v4.90

作成者: Mark Russinovich

公開日: 2019 年 4 月 23 日

DownloadDebugView をダウンロードする(1.3 MB)
Sysinternals Live から今すぐ実行します。

はじめに

Debugview は、ローカル システムまたは TCP/IP 経由でアクセスできる任意のネットワーク コンピューター上のデバッグ出力を監視できるようにするアプリケーションです。 カーネル モードと Win32 デバッグ出力の両方を表示できるため、アプリケーションまたはデバイス ドライバーによって生成されるデバッグ出力をキャプチャするためのデバッガーは必要ありません。また、標準以外のデバッグ出力 API を使用するようにアプリケーションまたはドライバーを変更する必要もありません。

DebugView によるキャプチャ

Windows 2000、XP、Server 2003、Vista では、DebugView によって次の情報がキャプチャされます。

  • Win32 OutputDebugString
  • カーネルモードの DbgPrint
  • Windows XP および Server 2003 に実装されている DbgPrint のすべてのカーネル モード バリアント

DebugView では、Windows 2000 または XP のクラッシュ ダンプ ファイルから、クラッシュ前に生成されたカーネル モードのデバッグ出力も抽出します (クラッシュ時に DebugView によってキャプチャされていた場合)。

DebugView の機能

DebugView には、デバッグ出力を制御および管理するための強力な機能が多数用意されています。

バージョン 4.6 の新機能:

  • Windows Vista 32 ビットおよび 64 ビットのサポート

バージョン 4.5 の新機能:

  • ログ ファイルのロールオーバーのサポート: 実行時間の長いキャプチャをより適切にサポートするために、DebugView では毎日新しいログ ファイルを作成し、必要に応じて表示をクリアできるようになりました。

バージョン 4.4 の新機能:

  • x64 用の Windows Server 2003 64 ビット エディションおよび Windows XP 64 ビット エディションのサポート:DebugView では、64 ビット バージョンの Windows でカーネル モードのデバッグ出力がキャプチャされるようになりました。
  • クロック時間の切り替え: クロック時間モードと経過時間モードを切り替えることができるようになりました。

バージョン 4.3 の新機能:

  • Windows XP SP2:DebugView では、Windows XP SP2 でカーネル モードのデバッグ出力がキャプチャされるようになりました。
  • 追加の強調表示フィルター: 強調表示フィルターの追加を求める声が多く寄せられていました。
  • ログ ファイルの折り返し: 新しいログ ファイル オプションでは、指定したサイズ制限に達すると、DebugView によってログ ファイルの先頭に折り返されます。
  • より大きなバッファー: Win32 およびカーネル モードのバッファーが大きくなり、デバッグ出力がドロップされる可能性が低くなりました。
  • 出力クリア文字列:DebugView によって特殊なデバッグ出力文字列 "DBGVIEWCLEAR" が検出されると、出力がクリアされます。
  • クライアントのトレイへの最小化: トレイに最小化してクライアントを実行できるようになりました。

バージョン 4.2 の新機能:

  • カーネル フックのバグ修正:DebugView では、Windows XP および Server 2003 でカーネル モードのデバッグ出力をフックできなかったと誤って報告することがありました。
  • クライアント グローバル キャプチャ オプション: 新しいオプションにより、クライアントはコンソール以外のセッションから実行する場合に、ターミナル サーバー システムでコンソール Win32 のデバッグ出力をキャプチャできます。
  • フィルターの改善: フィルターは長くなる可能性があり、出力にプロセス ID が含まれる場合は Win32 プロセス ID に適用されるようになりました。
  • クラッシュ ダンプのサポートの向上: クラッシュ ダンプからのカーネル モード出力の抽出に関連するいくつかのバグが修正され、DebugView によって結果のログ ファイルが読み込まれるようになりました。
  • 追加の強調表示フィルター:DebugView の強調表示フィルターが 10 個になりました (5 個から増加)。
  • コメントの挿入: 新しいメニュー項目により、コメントを出力に挿入できます。
  • 新しいスイッチ: 新しいコマンド ライン スイッチを使用すると、履歴の深さを指定してログ ファイルを読み込むことができます。
  • バルーンのヒントの向上: 出力行が画面よりも広い場合は、マウス ホバー バルーンのヒント ワードが折り返されます。

バージョン 4.1 の新機能:

  • フィルターの保存と読み込み: 強調表示の色を含め、フィルターを保存および読み込むことができます。
  • 保存されたログの読み込み: ログ ファイルを DebugView 出力ウィンドウに戻して読み込むことができるようになりました。
  • ブート時のカーネル モード デバッグ出力のキャプチャ: Windows 2000 では DebugView を使用して、ブート プロセスの最も早い時点からドライバーによって生成されたデバッグ出力をキャプチャできます。

次の一覧では、DebugView のその他の機能をいくつか取り上げています。

  • リモート監視: TCP/IP 経由で、あるいはインターネット経由でアクセスできる任意のコンピューターからカーネル モードまたは Win32 デバッグ出力をキャプチャします。 複数のリモート コンピューターを同時に監視できます。 DebugView は、Windows 2000 システムで実行されていて、同じネットワーク近隣の別の Windows 2000 システムからキャプチャしている場合でも、クライアント ソフトウェア自体をインストールします。
  • 最新のフィルター一覧:DebugView には、最新のフィルター選択が記憶されており、簡単に再選択できるインターフェイスが備わっています。
  • プロセス ID オプション: Win32 デバッグ出力のプロセス ID の表示を切り替えます。
  • クリップボードへのコピー: 出力ウィンドウで複数行を選択し、その内容をクリップボードにコピーできます。
  • ファイルへのログ記録: デバッグ出力をキャプチャしながらファイルに書き込みます。
  • 印刷: キャプチャしたデバッグ出力のすべてまたは一部をプリンターに出力します。
  • 1 つのファイルのペイロード:DebugView が 1 つのファイルとして実装されるようになりました。
  • クラッシュ ダンプのサポート:DebugView では、クラッシュ ダンプからバッファーを回復し、出力をログ ファイルに保存して、クラッシュ時まで Windows ドライバーによって生成された出力をユーザーが送信できるようにします。

これらすべての機能について、オンライン ヘルプ ファイルで詳しく説明しています。

インストールと使用

DebugView プログラム ファイル (dbgview.exe) を実行するだけで、DebugView によるデバッグ出力のキャプチャがすぐに開始されます。 Windows 2000 または XP で DebugView を実行する場合は、カーネル モードのデバッグ出力を表示するための管理者権限が必要です。 メニュー、ホット キー、またはツール バー ボタンを使用すると、ウィンドウのクリア、監視データのファイルへの保存、出力の検索、ウィンドウ フォントの変更などを行うことができます。 オンライン ヘルプでは、DebugView のすべての機能について説明しています。

DebugView screenshot

これは、リモート システムから Win32 デバッグ出力をキャプチャする DebugView のスクリーンショットです。 強調表示フィルターが存在することに注意してください。

DownloadDebugView をダウンロードする(1.3 MB)

Sysinternals Live から今すぐ実行します。