PsKill v1.17

作成者: Mark Russinovich

公開日: 2023 年 3 月 30 日

DownloadPsTools をダウンロード(5 MB)

はじめに

Windows NT/2000 には、コマンド ライン 'kill' ユーティリティが備わっていません。 Windows NT または Win2K のリソース キットで入手できますが、キットのユーティリティはローカル コンピューター上のプロセスのみを終了できます。 PsKill は、リソース キットのバージョンの動作を行うだけでなく、リモート システム上のプロセスも強制終了できる kill ユーティリティです。 PsKill を使用してリモート プロセスを終了するために、ターゲット コンピューターにクライアントをインストールする必要もありません。

インストール

PsKill を実行可能ファイルのパスにコピーし、以下に定義されているコマンドライン オプションを指定して「pskill」と入力するだけです。

PsKill の使用

PsKill の高度な使用に関する Mark の記事については、Windows IT Pro Magazine の 2004 年 9 月号を参照してください。

PsKill をプロセス ID を指定して実行すると、ローカル コンピューターでその ID のプロセスを強制終了するよう指示されます。 プロセス名を指定すると、PsKill はその名前を持つすべてのプロセスを強制終了します。

使用法: pskill [- ] [-t] [\\computer [-u username] [-p password]] <プロセス名 | プロセス ID>

パラメーター 説明
- サポートされているオプションを表示します。
-t プロセスとその子孫を強制終了します。
\\computer 終了するプロセスが実行されているコンピューターを指定します。 リモート コンピューターには、NT のネットワーク近隣を介してアクセスできる必要があります。
-u username リモート システムのプロセスを強制終了する必要があり、実行しているアカウントにリモート システムに対する管理特権がない場合は、このコマンド ライン オプションを使用して管理者としてログインする必要があります。 -p オプションでパスワードを含めなかった場合、PsKill は入力をディスプレイにエコーせずにパスワードの入力を求めるメッセージを表示します。
-p password このオプションを使用すると、バッチ ファイルから PsList を使用できるように、コマンド ラインでログイン パスワードを指定できます。 アカウント名を指定し、-p オプションを省略すると、PsList は対話形式でパスワードの入力を求めます。
プロセス ID 強制終了するプロセスのプロセス ID を指定します。
プロセス名 強制終了するプロセスのプロセス名 (1 つまたは複数) を指定します。

PsKill の Microsoft KB 記事

次の Microsoft KB 記事では、PsKill について触れています。

810596: PSVR2002: プロジェクト ビューにアクセスしようとすると "There Is No Information to Display in This View" (このビューに表示する情報がありません) というエラー メッセージが表示される (https://support.microsoft.com/kb/810596)

DownloadPsTools をダウンロード(5 MB)

PsTools

PsKill は、PsTools という名前のローカル システムとリモート システムの管理に役立つ Sysinternals コマンド ライン ツールのキットの一部です。

実行場所:

  • クライアント: Windows 8.1以降。
  • サーバー: Windows Server 2012 およびそれ以降。