次の方法で共有


Streams v1.6

作成者: Mark Russinovich

発行日: 2016 年 7 月 4 日

Downloadダウンロード ストリーム(499 KB)

はじめに

NTFS ファイル システムには、アプリケーションに情報の代替データ ストリームを作成する機能が用意されています。 既定では、すべてのデータはファイルの名前のないメイン データ ストリームに格納されますが、構文 'file:stream' を使用することで、代替データの読み取りと書き込みを行うことができます。 すべてのアプリケーションが代替ストリームにアクセスするように記述されているとは限りませんが、ストリームを非常に単純に示すことができます。 まず、コマンド プロンプト内から NTFS ドライブ上のディレクトリに変更します。 次に、「echo hello > test:stream」と入力します。 'test' ファイルに関連付けられている 'stream' という名前のストリームを作成しました。 テストのサイズを確認すると、0 と報告され、任意のテキスト エディターで開くとファイルが空に見える点に注意してください。 ストリームを表示するには、「more < test:stream」と入力します (type コマンドでストリーム構文は受け入れられないので、more を使用する必要があります)。

NT には、どの NTFS ファイルにストリームが関連付けられているかを確認できるツールが付属していないため、自分で作成しました。 Streams は、指定したファイルとディレクトリを調べて (ディレクトリに代替データ ストリームを含めることもできます)、それらのファイル内で検出される名前付きストリームの名前とサイズを通知します。 Streams は、ドキュメントに記載されていないネイティブ関数を使用して、ファイル ストリーム情報を取得します。

Streams の使用

使用法: streams [-s] [-d] <ファイルまたはディレクトリ>

パラメーター 説明
-s サブディレクトリを再帰します。
-d ストリームを削除します。
Streams では "streams *.txt" などのワイルドカードを使用できます。

Downloadダウンロード ストリーム(499 KB)

実行場所:

  • クライアント: Windows Vista 以降
  • サーバー: Windows Server 2008 以降
  • Nano Server: 2016 以降