メールの本文にフォーマットを設定する

完了

通常、メールは電子通信の公式な方法と考えられているため、メールの本文が適切にフォーマットされていることが重要です。

リッチ テキスト エディターの使用

Microsoft Office 365 Outlook と Mail コネクタには、メール本文のフォーマットを設定する メールの送信 アクションがあります。

メール本文のフォーマットを設定するための “メールの送信” アクションのスクリーンショット。

両方のアプリケーションのメール アクションは、メール本文のフォーマットを設定するのに役立つ包括的なツール セットを提供します。

メール本文のフォーマット設定ツールのスクリーンショット。

コード ビュー (</>) オプションを使用すると、リッチ テキスト形式や HTML 形式で本文表示できます。この機能を使用して、フォーマットを細かく調整することができます。

コード ビュー オプションを使用してリッチ テキストと HTML を切り替えるスクリーンショット。

環境変数を使用した署名の追加

アプリでテキスト、日付、数字などの同じデータを繰り返し使用する場合、それらを変数に割り当てて、その変数を再利用することでプロセスを容易にすることができます。 変数は、アプリ レベルおよび環境レベルで値を保持できます。 アプリ レベルで変数を作成する際は、UpdateContextSet、および Collection の 3 つの機能が役に立ちます。 環境レベルで変数を作成する場合は、環境変数 のみ使用することができます。 環境は、組織のビジネス データ、アプリ、フローを保存、管理、共有する場所です。 さまざまな役割、セキュリティ要件や対象ユーザーを持ち、アプリを分離するコンテナーとしても機能します。

Microsoft Power Apps Studio には、次のような複数の変数関数が含まれています。

  • UpdateContext - UpdateContext 関数を使用して、コンテキスト変数を作成します。コンテキスト変数は、ユーザーがボタンを選択した回数やデータ操作の結果などの情報を一時的に保持します。 Context 変数のスコープは画面に表示されているものに限られるため、別の画面のコンテキスト変数を参照する式を作成することはできません。

  • Set - Set 関数を使用して、グローバル変数の値を設定します。グローバル変数は、ユーザーがボタンを選択した回数やデータ操作の結果などの情報を一時的に保持します。 グローバル変数は、アプリ全体のすべての画面で使用できます。

  • Collection - Collection 関数は、Collection と呼ばれるデータ ソースにレコードを追加します。 Collection は、アプリ全体のすべての画面で使用できるグローバル変数を保持するために使用されます。

  • 環境変数 - 多くの場合、フローでは環境ごとに異なる構成の設定が必要になります。 構成可能な入力パラメーターとして環境変数を使用すると、カスタマイズや他のツールでハード コードを使用する場合と異なり、データを個別に管理することができます。

環境変数は、Power Automate ソリューションの一部です。 ソリューションは、アプリやコンポーネントをある環境から別の環境に転送したり、一連のカスタマイズを既存のアプリに適用するために使用します。 ソリューションには、1 つまたは複数のフローやサイト アプリ、マップ、テーブル、プロセス、Web リソース、選択などの他のコンポーネントが含まれます。 詳しくは、ソリューションの概要 を参照してください。

ソリューションを作成するには、Power Automate に移動し、左側の縦型のナビゲーション ペインで ソリューション を選択して、+ 新しいソリューション を選択します。

新しいソリューションの作成手順のスクリーンショット。

表示名名前 を追加したり、既存の 発行元 を選択したり、新しいソリューションを追加して、作成 を選択したりすることができます。

新しいソリューションの詳細のスクリーンショット。

新しいソリューションで、+ 新規 > 環境変数 を選択します。

新しいソリューションの新規作成での環境変数スクリーンショット。

次のスクリーンショットは、新しい環境変数を追加する設定を示しています。 既定値や現在の値を追加できます。 名前に crec7_ という接頭辞があることに注目してください。 この接頭辞はフローで必要になるため覚えておいてください。

新しい環境変数名と既定値のスクリーンショット。

一度作成した環境変数は、その環境のすべてのフローで繰り返し利用することができます。 たとえば、会社名を取得して、すべてのメールに追加することができます。

フローで会社名を取得するには、リスト行 を追加して、環境変数の定義 を追加します。

リスト行と環境変数の定義のテーブル名のスクリーンショット。

このアクションで、詳細オプションを表示する を選択して、フィルター行 フィールドに schemaname eq 'Prefix_EnvironmentVariableName' を追加します。

「詳細オプションを表示する」の “行のフィルター” フィールドのスクリーンショット。

これで、すべてのメールに会社名をフッターとして追加し、会社名を変更する必要がある場合は、その会社名を環境変数で変更することができます。この変更で、すべてのフロー アクションで自動的に会社名が変更されます。

すべてのメールで会社名をフッターとして追加するための手順のスクリーンショット。