はじめに

完了

ビデオ データ処理およびパターン分析を行う企業で働いているものとします。 交通監視カメラからのビデオを処理し、傾向を分析し、交通と道路を改善するためのアクションにつながるデータを提供する、新しいプロトタイプ プラットフォームを作成しています。

アルゴリズムを改良するため、複数の新しい都市の交通監視カメラのデータを収集するように調整しました。 しかしながら、すべてのビデオ データが同じ形式になっているわけではなく、多くの形式は Windows コーデックでしかデータをデコードできません。 このため、仮想マシン (VM) を使用して初期処理を行った後、標準形式を処理する Azure Functions にデータをプッシュすることにしました。 この方法では、システム全体を停止することなく、動的に新しいデータ形式を導入できます。

Azure では、お客様のニーズを満たすことができる堅牢な仮想マシン ホスティング ソリューションが提供されます。 Azure 内で Windows 仮想マシンの作成と運用の方法を見ていきましょう。

学習の目的

このモジュールでは、次のことを行います。

  • Azure で仮想マシンに利用可能なオプションについて理解します。
  • Azure portal を使用して Windows 仮想マシンを作成します。
  • Remote Desktop を使用して実行中の Windows 仮想マシンに接続します。
  • ソフトウェアをインストールし、Azure portal を使用して VM 上でネットワーク構成を変更します。

前提条件

  • Azure Virtual Machines の概要」で Azure Virtual Machines の基本を理解していること
  • リモート デスクトップ クライアント