まとめ

完了

このモジュールでは、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) を使用して、Windows 10 または Windows 11 コンピューター上に Linux ディストリビューションをインストールして実行する方法について学習しました。 Windows や Linux の好みのツールを使うためにデュアルブートや VM の実行を必要としない、シームレスに統合された開発エクスペリエンスを設定する方法を詳しく調べました。

Microsoft Store から Linux の既定の Ubuntu ディストリビューションをインストールしました。 また、追加のディストリビューションをインストールし、一方では Ubuntu を使用し他方では Kali を使用しながら、すべてを Windows ターミナル内の隣同士のカスタマイズされたコマンド プロンプトで実行する方法についても学習しました。

ストアで手に入るディストリビューションの一覧を表示する方法、ストアにないディストリビューションをインポートできること、さらには独自にカスタマイズしたディストリビューションを構築できることも学習しました。

Windows Server など、WSL を使用できるさまざまな環境について学習しました。 会社または組織の WSL で実行するためのカスタム Linux ディストリビューションのイメージを作成できることを学習しました。

Bash と PowerShell のコマンドを組み合わせて、いくつかの基本的なコマンドを試しました。

Windows と Linux のファイル システム間での作業、および標準的な WSL 開発者環境とワークフローについて少し学習しました。

詳しくは確認しませんでしたが、WSL では、好みのコマンドライン ツールとグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) アプリの両方を、それらが Windows または Linux のどちらで実行されるかによらず、使用できることがよく分かるようになったはずです。

最後に、ニーズと関心を満たすために利用できる、これらのトピックについてさらに詳しく説明されている優れたリソースがあることを学習しました。 いくつかのリンクを以下に示します。

その他のリファレンス