Azure での Java の概要

初級
中級
上級
開発者
DevOps エンジニア
アプリ作成者
ソリューション アーキテクト
学生
テクノロジ マネージャー
Azure
Azure Active Directory
App Service
App Service - Web Apps
Cache for Redis
CLI
Cosmos DB
Database for MySQL
Spring Apps
Web Apps
Java 用 Microsoft Authentication Library
Service Bus

ここから始めて、Azure サービスを使用して Azure で Java アプリケーションを構築、移行、スケーリングする方法について説明します。 Spring、Tomcat、WildFly、JBoss、WebLogic、WebSphere、Maven、Gradle、IntelliJ、Eclipse、Jenkins、Terraform など、使い慣れたツールとフレームワークを使用します。

Azure 上の Java のラーニング パス:

Azure での Java の概要

前提条件

このラーニング パス内のモジュール

このモジュールでは、Java のさまざまなフレームワークとアーキテクチャについて説明します。 次に、Azure での Java ソリューションの一般的なデプロイ オファーの概要について説明します。

Azure に Java アプリケーションをデプロイするためのサービスのオプションを調べ、お客様のチームのニーズに最も適したものを選択します。

Spring Boot アプリケーションを作成し、MySQL データベースに接続してから、Azure App Service にデプロイします。

このモジュールでは、Java Web アプリケーションを作成して Azure App Service にデプロイするための作業手順について説明します。

このワークショップでは、Spring Boot マイクロサービスを Azure Spring Apps (ASA) にデプロイするためのタスクを説明します。

Azure Functions とイベント ハブを使用して、イベントベースの利用統計情報を Azure Cosmos DB にリアルタイムで送信します。

Java EE (Jakarta EE) アプリケーションを JBoss EAP on Azure App Service にデプロイして Azure Database for MySQL にバインドします。

Java アプリをコンテナー化し、そのコンテナー イメージを Azure Container Registry にプッシュしてから Azure Kubernetes Service にデプロイします。

このモジュールでは、Azure Migrate App Containerization ツールを使用して Java Web アプリケーションをコンテナー化し Azure App Service に移行する方法について説明します。