Visual Studio のインストールとアップグレードに関する問題のトラブルシューティング

適用対象: Visual Studio

このトラブルシューティング ガイドには、Visual Studio のインストールとアップグレードに関する一般的な問題を解決するための手順が含まれています。

ヒント

インストール中に問題が発生しましたか? お手伝いします。 インストール チャット (英語のみ) サポート オプションを提供しています。

オンライン インストールまたは更新プログラム

一般的なオンライン インストールの問題に適用される次の解決策を順番に試してください。

1. 問題が既知の問題であるかどうかを確認する

最初にチェックするのは、発生している問題が、Microsoft が修正に取り組んでいるVisual Studio インストーラーに関する既知の問題であるかどうかです。

問題の回避策があるかどうかを確認するには、「Visual Studio 2019 の既知の問題」と「Visual Studio 2022の既知の問題」をチェックします。

2. Visual Studio の修復を試す

インストールを 修復してみてください。 これは、多くの一般的な更新プログラムの問題を修正する可能性があります。

3. 開発者コミュニティがエラーについて何を言っているかを確認する

修復しても問題が解決しない場合は、Visual Studio Developer Communityでエラー メッセージを検索します。 コミュニティの他のメンバーが、問題の解決策または回避策を見つけた可能性があります。

4. インストーラー フォルダーを削除する (更新の問題)

更新時に問題が発生した場合は、Visual Studio インストーラー フォルダーを削除してから、インストール ブートストラップを再実行すると、特定の更新エラーが解決する可能性があります。 これにより、Visual Studio インストーラー ファイルが再インストールされ、インストール メタデータがリセットされます。

  1. Visual Studio インストーラーを閉じます。
  2. Visual Studio インストーラー フォルダーを削除します。 通常、フォルダー パスは C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer です
  3. Visual Studio インストーラー ブートストラップを実行します。 ファイル名が VisualStudioSetup.exe (Visual Studio 2022) または vs_<edition>*.exe (Visual Studio 2019 以前のバージョン) を持つブートストラップがダウンロード フォルダーにあります。 または、 Visual Studio 2022 または Visual Studio 2019以前のバージョンのダウンロード ページからブートストラップをダウンロードできます。 次に、実行可能ファイルを実行してインストール メタデータをリセットします。
  4. Visual Studio をもう一度インストールまたは更新してみてください。 Visual Studio インストーラーが失敗し続ける場合は、サポートする問題を報告してください

5. サポートする問題を報告する

場合によっては、ファイルが破損している場合は、問題のケース バイ ケーストラブルシューティングが必要になる場合があります。

次の手順に従って、問題をMicrosoft サポートに送信します。

  • Visual Studio 2022 の場合:

    1. セットアップ ログを収集します。 詳細については、「 Visual Studio のインストール ログを取得する方法 」を参照してください。

    2. Visual Studio インストーラーを開き、[問題の報告] を選択して Visual Studio フィードバック ツールを開きます。

      Visual Studio インストーラーの [フィードバックの提供] ボタンを示すスクリーンショット。

    3. 問題レポートにタイトルを付け、関連する詳細を指定します。 Visual Studio インストーラーの最新のセットアップ ログは、問題レポートの [追加の添付ファイル] セクションに自動的に追加されます。

    4. [送信] を選択します。

  • Visual Studio 2019 以前のバージョンの場合:

    1. セットアップ ログを収集します。 詳細については、「 Visual Studio のインストール ログを取得する方法 」を参照してください。
    2. Visual Studio インストーラーを開き、[問題の報告] を選択して Visual Studio フィードバック ツールを開きます。
    3. 問題レポートにタイトルを付け、関連する詳細を指定します。 [ 次へ ] を選択して [ 添付ファイル ] セクションに移動し、生成されたログ ファイルを添付します (通常、ファイルは にあります %TEMP%\vslogs.zip)。
    4. [ 次へ ] を選択して問題レポートを確認し、[送信] を選択 します

6. すべての Visual Studio インストール ファイルを削除する

最後の手段として、すべての Visual Studio インストール ファイルと製品情報を削除できます。

  1. を使用してすべてを削除 InstallCleanup.exe
  2. Visual Studio インストーラー ブートストラップを再実行します。 ファイル名がVisualStudioSetup.exe(Visual Studio 2022) または vs<edition>*.exe_ (Visual Studio 2019 以前のバージョン) を持つダウンロード フォルダーにブートストラップが含まれている場合があります。 または、 Visual Studio 2022 または Visual Studio 2019以前のバージョンのダウンロード ページからブートストラップをダウンロードできます。
  3. Visual Studio を再インストールしてみてください。

7. 以前のインストールにロールバックする (Visual Studio 2022 のみ)

ロールバックを試みる前に、 Visual Studio のロールバック機能の詳細を確認してください。

前の手順で Visual Studio を正常にアップグレードできない場合は、以前にインストールしたバージョンにロールバックできます。 Visual Studio 2022 バージョン 17.4 以降では、元のバージョンが現在のチャネル バージョン 17.1.7 以降、または 17.0 Fall 2021 LTSC チャネル 17.0.10 以降にある場合は、以前にインストールしたバージョンにロールバックできます。

以前にインストールしたバージョンにロールバックするには、Visual Studio インストーラーを使用するか、コマンド ラインを使用します。

Important

organizationにいて、レイアウトを使用して Visual Studio を更新している場合、クライアントがロールバックできると予想される場合は、IT 管理者は以前のパッケージをレイアウトに保持することが求められます。 また、セキュリティ コンプライアンスまたはソフトウェア更新の要件があるorganizationにいる場合は、ロールバックが無効になっているか、ロールバックの試行が元に戻される可能性があります。 詳細については、IT 管理者にお問い合わせください。

Visual Studio インストーラーでロールバックするには、次の手順に従います。

  1. コンピューターでVisual Studio インストーラーを起動します。

  2. インストーラーで、インストールした Visual Studio のエディションを探します。

  3. [ その他] を選択します。

  4. [ 以前のバージョンにロールバックする] を選択します

    [以前のバージョンにロールバック] オプションのスクリーンショット。

  5. 確認メッセージが表示されたら、[OK] を選択します。

8. ライブ チャットに問い合わせる

前の手順で Visual Studio を正常にインストールまたはアップグレードできない場合は、 ライブ チャット のサポート オプション (英語のみ) を使用してお問い合わせください。

ネットワーク レイアウトまたはオフライン インストール

ネットワーク インストールに関する問題を解決するには、「エラー コード」または「Visual Studio をインストールまたは使用するときのネットワーク関連エラーのトラブルシューティング」を参照してください。

管理者の更新プログラム

さまざまな状況により、管理者の更新プログラムが正しく適用されない場合があります。 詳細については、「 管理者の更新プログラムによるエラー コードのトラブルシューティング」を参照してください。

次の方法を使用して、Visual Studio 管理者の更新プログラムに関するフィードバックを提供したり、更新プログラムに影響を与える問題を報告したりできます。

Microsoft サポートのインストール ログを収集する

Microsoft サポートに問い合わせる場合は、Microsoft Visual Studio と .NET Framework ログ収集ツールを使用して、セットアップ ログの収集を求められる場合があります。 ログ収集ツールは、.NET Framework、Windows SDK、SQL Serverなど、Visual Studio によってインストールされたすべてのコンポーネントからセットアップ ログを収集します。 また、Visual Studio インストーラー、Windows インストーラー、およびシステムの復元に関するコンピューター情報、Windows インストーラー インベントリ、および Windows イベント ログ情報も収集されます。

ログを収集するには、次の手順に従います。

  1. ツールをダウンロードします

  2. 管理コマンド プロンプトを開きます。

  3. ツールを保存したフォルダーでを実行 Collect.exe します。

    ツールは、失敗したインストールが実行されたのと同じユーザー アカウントで実行する必要があります。 別のユーザー アカウントからツールを実行している場合は、 オプションを -user:<name> 設定して、失敗したインストールが実行されたユーザー アカウントを指定します。 管理者コマンド プロンプトから実行 Collect.exe -? して、その他のオプションと使用状況の情報を確認します。

ツールは、%TEMP% フォルダー (通常は C:\Users\YourName\AppData\Local\Temp\vslogs.zip) にvslogs.zipファイル生成します。

Visual Studio インストーラーと Visual Studio IDE の両方に表示される問題の報告ツールを使用して、製品の問題を報告します。 IT 管理者で、Visual Studio がインストールされていない場合は、こちらで IT 管理フィードバックを送信できます。

WebView2 のインストールに関する問題

organizationのグループ ポリシーで WebView2 コンポーネントのインストールがブロックされている場合、インストーラーで WebView2 をインストールする必要があるため、Visual Studio をインストールできません。 その場合は、次のポリシーをチェックします。

  • Microsoft Edge 'Install (WebView)' が構成されている場合、WebView2 をインストールできるかどうかを判断します。
  • Microsoft Edge 'Install (WebView)' ポリシーが構成されていない場合、 Microsoft Edge 'InstallDefault' ポリシーによって WebView2 をインストールできるかどうかを決定します。

警告

どちらのポリシーも構成されていない場合、WebView2 のインストールはorganizationで許可されます。