Windows 用のリモート サーバー管理ツール (RSAT)

RSAT を使用すると、IT 管理者は Windows Server の役割と機能を、Windows 10 および Windows 7 Service Pack 1 を実行しているコンピューターからリモートで管理できます。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2019、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 2693643

概要

RSAT は Windows の Home Edition または Standard Edition を実行しているコンピューターにはインストールできません。 リモート サーバー管理ツール (RSAT) は Windows クライアント オペレーティング システムの Professional Edition または Enterprise Edition にのみインストールできます。 ダウンロード ページに リモート サーバー管理ツール (RSAT) が Windows のベータ、プレビューまたはその他のプレリリース バージョンに適用すると明記されている場合を除いて、リモート サーバー管理ツール (RSAT) をインストールして使うには、Windows オペレーティング システムの製品版 (RTM) リリースを実行している必要があります。 リモート サーバー管理ツール (RSAT) MSU を手動でクラックまたはハッキングして Windows のサポートされていないリリースまたはエディションにリモート サーバー管理ツール (RSAT) をインストールする方法を見つけたユーザーもいます。 この振る舞いは、Windows のエンドユーザー ライセンス契約に違反します。

リモート サーバー管理ツール (RSAT) をインストールすることは、Windows 2000 または Windows XP ベースのクライアント コンピューターに Adminpak.msi をインストールすることと似ています。 ただし、1 つの大きな違いがあります。Windows 7 では、RSAT をダウンロードしてインストールした後、ツールは自動的に利用できません。 コントロール パネルを使用してツールを有効にする必要があります。 有効にするには、[スタート][コントロール パネル][プログラムと機能][Windows の機能の有効化または無効化] の順にクリックします。

Windows 10 用の リモート サーバー管理ツール (RSAT) のリリースでは再度、ツールはすべて既定で有効になっています。 [[Windows の機能の有効化または無効化] を開いて Windows 7 に使用したくないツールを無効にできます。

Windows 7 で機能のオンとオフを切り替える方法。

Windows 7 用の リモート サーバー管理ツール (RSAT) の場合は、ダウンロードしたインストール パッケージを実行後に、管理したい役割と機能のツールを有効にする必要があります。

注:

Windows 8 以降用の リモート サーバー管理ツール (RSAT) の場合、次の操作は行えません。

Windows 7 の [リモート サーバー管理ツール] で、管理する役割と機能のツールを有効にします。

Windows Server 2012 R2 に、リモート サーバー上で実行している特定の役割または機能向けの管理ツールをインストールする必要がある場合は、追加のソフトウェアをインストールする必要はありません。 Windows Server 2012 R2 以降のバージョンで [役割と機能の追加ウィザード] を開始します。 次に、[機能の選択] ページで、[リモート サーバー管理ツール] を展開してインストールしたいツールを選びます。 ウィザードを終了して管理ツールをインストールします。

Windows Server 2012 R2 の [リモート サーバー管理ツール] でインストールするツールを選択します。

リモート サーバー管理ツール (RSAT) のダウンロード場所

Windows 10 プラットフォームとツール用リモート サーバー管理ツールのサポートのマトリックス

リモート サーバー管理ツールのテクノロジー 説明 Windows Server 2012 R2 でテクノロジーを管理します。 Windows Server 2016 Technical Preview と Windows Server 2012 R2 でテクノロジーを管理します。
Active Directory 証明書サービス (AD CS) ツール Active Directory 証明書サービス (AD CS) ツールには、認証機関、認証テンプレート、エンタープライズ PKI、オンライン レスポンダー管理スナップインが含まれています。
Active Directory ドメイン サービス (AD DS) ツールと Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) ツール AD DS および AD LDS ツールには、次のツールが含まれます。

- Active Directory 管理センター
- Active Directory ドメインと信頼
- Active Directory サイトおよびサービス
- Active Directory ユーザーとコンピューター
- ADSI 編集
- Windows PowerShell 用 Active Directory モジュール
- 次のツールなど
  • DCPromo.exe
  • LDP.exe
  • NetDom.exe
  • NTDSUtil.exe
  • RepAdmin.exe
  • DCDiag.exe
  • DSACLs.exe
  • DSAdd.exe
  • DSDBUtil.exe
  • DSMgmt.exe
  • DSMod.exe
  • DSMove.exe
  • DSQuery.exe
  • DSRm.exe
  • GPFixup.exe
  • KSetup.exe
  • NlTest.exe
  • NSLookup.exe
  • W32tm.exe
ベスト プラクティス アナライザー Windows PowerShell 用のベスト プラクティス アナライザー コマンドレット
BitLocker ドライブ暗号化管理ユーティリティ Manage-bde、Manage-bde、BitLocker 用 Windows PowerShell コマンドレット、Active Directory 用 BitLocker 回復パスワード ビューアー
DHCP サーバー ツール DHCP サーバー ツールには、DHCP 管理コンソール、Windows PowerShell 用 DHCP サーバー コマンドレット モジュール、Netsh コマンド ライン ツールが含まれています。
DirectAccess、ルーティング、リモート アクセス - ルーティングおよびリモート アクセス管理コンソール
- 接続マネージャー管理キット コンソール
- リモート アクセス プロバイダー (Windows PowerShell)
- Web アプリケーション プロキシ
DNS サーバー ツール DNS サーバー ツールには、DNS マネージャ スナップイン、Windows PowerShell 用 DNS モジュール、Ddnscmd.exe コマンド ライン ツールが含まれています。
フェールオーバー クラスタリング ツール フェールオーバー クラスタリング ツールには、フェールオーバー クラスター マネージャー、フェールオーバー クラスター (Windows PowerShell コマンドレット)、MSClus、Cluster.exe、クラスター対応更新管理コンソール、Windows PowerShell 用クラスター対応更新コマンドレットが含まれています。

GUI ツールは Windows Server 2016 Technical Preview と Windows Server 2012 R2 をサポートしています。 Windows Server 2012 では PowerShell ツールのみが動作します。
ファイル サービス ツール ファイル サービス ツールには以下が含まれています。

- 共有と記憶域の管理ツール
- 分散ファイル システム ツール
  • DFS 管理スナップイン
  • Dfsrdiag.exeDfsradmin.exeDfscmd.exeDfsdiag.exeDfsutil.exe コマンドライン ツール
  • DFSN および DFSR 用の PowerShell モジュール

- ファイル サーバー リソース マネージャー ツール
  • ファイル サーバー リソース マネージャー スナップイン
  • Dirquota.exeFilescrn.exeStorrept.exe コマンドライン ツール。

- NFS 管理ツールのサービス
- Windows PowerShell 用の iSCSI 管理コマンドレット
- ワーク フォルダー管理ツール


共有と記憶域管理スナップインは、Windows Server 2016 のリリース以降使われていません。 Windows Server 2016 Technical Preview では記憶域レプリカが新機能として追加されていますが、Windows 2012 R2 では動作しません。
グループ ポリシー管理ツール グループ ポリシー管理ツールには、グループ ポリシー管理コンソール、グループ ポリシー管理エディター、グループ ポリシー スターター GPO エディターが含まれています。

グループ ポリシーには、古いオペレーティング システムでは使えない Windows Server 2016 Technical Preview の新機能がいくつか追加されています。
Hyper-V ツール Hyper-V ツールには、Hyper-V マネージャー スナップインと仮想マシン接続用リモート アクセス ツールが含まれています。 Hyper-V ツールは、Windows 10 用のリモート サーバー管理ツールの一部ではありません。 これらのツールは、Windows 10 の一部として提供されています。 これらのツールを使うために、リモート サーバー管理ツール (RSAT) をインストールする必要はありません。 Windows Server 2016 Technical Preview 用の Hyper-V マネージャー コンソールは、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行している Hyper-V サーバーの管理に対応していません。 Windows 10 の Hyper-V では、 Windows Server 2012 R2 の Hyper-V を管理できます。
IP アドレス管理 (IPAM) 管理ツール IP アドレス管理クライアント コンソール

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツールの IPAM ツールは、Windows Server 2012 R2 上で実行している IPAM の管理には使えません。


Windows 10 用のリモート サーバー管理ツールの IPAM ツールは、Windows Server 2012 R2 上で実行している IPAM の管理には使えません。
ネットワーク アダプター チーミングまたは NIC チーミング ネットワーク アダプター チーミング管理コンソール
ネットワーク コントローラー ネットワーク コントローラー PowerShell モジュール 使用不可
ネットワーク負荷分散ツール ネットワーク負荷分散ツールには、ネットワーク負荷分散マネージャー、ネットワーク負荷分散 Windows PowerShell コマンドレット、NLB.exe および WLBS.exe コマンドライン ツールが含まれています。
リモート デスクトップ サービス ツール リモート デスクトップ サービス ツールには次のものが含まれます。
- リモート デスクトップ スナップイン
- RD ゲートウェイ マネージャー
- tsgateway.msc
- RD ライセンス マネージャー
- licmgr.exe
- RD ライセンス診断
- lsdiag.msc

サーバー マネージャーを使って、RD ゲートウェイと RD ライセンス以外のその他すべての RDS の役割とサービスを管理します。
NIS サーバー ツール NIS サーバー ツールには、Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインの拡張機能と Ypclear.exe コマンドライン ツールが含まれています。 これらのツールは、Windows 10 以降のリリース用の RSAT では使えません。
サーバー マネージャ サーバー マネージャーにはサーバー マネージャー コンソールが含まれています。

サーバー マネージャーによるリモート管理は Windows Server 2016 Technical Preview、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2012 で提供されています。
簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバー ツール SMTP サーバー ツールには、SMTP スナップインが含まれます。 これらのツールは、Windows 8 以降のリリース用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) では使用できません。
ストレージ エクスプローラー ツール ストレージ エクスプローラー ツールにはストレージ エクスプローラー スナップインが含まれています。 これらのツールは、Windows 8 以降のリリース用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) では使用できません。
記憶域ネットワーク (SAN) 用記憶域マネージャー ツール SAN 用記憶域マネージャー ツールには、SAN 用記憶域マネージャー スナップインと Provisionstorage.exe コマンド ライン ツールが含まれています。 これらのツールは、Windows 8 以降のリリース用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) では使用できません。
ボリューム ライセンス認証 ボリューム ライセンス認証 (vmw.exe) を管理します。
Windows システム リソース マネージャー ツール Windows システム リソース マネージャ ツールには、Windows システム リソース マネージャー スナップインと Wsrmc.exe コマンドライン ツールが含まれています。

WSRM は、Windows Server 2012 R2 で使われなくなりました。 WSRM を管理するためのツールは、RSAT の Windows 8.1 以降のリリースでは使用できません。
Windows Server Update Services ツール Windows Server Update Services ツールには、Windows Server Update Services スナップイン、WSUS.msc、PowerShell コマンドレットが含まれています。

Windows 10 Version 1809 以降のバージョンの RSAT

注:

[コントロール パネル] から [Windows機能のオンとオフを切り替え] ダイアログを使用することはできません。

Windows 10 Version 1809 以降での RSAT ツールのインストールは、それより前のバージョンと若干異なります。 RSAT はオペレーティング システムの一部であり、オプション機能を使用してインストールできます。

ツールを有効にするには、[スタート] ボタン、[設定]、[アプリ]、[オプション機能] の順にをクリックします。次に、[機能の追加] パネルをクリックし、検索バーに「リモート」と入力します。

関連情報