Windows.ApplicationModel.Contacts 名前空間

アプリが連絡先に関する情報を選択して取得できるようにします。

重要

この名前空間には、Windows 8.1の新しいメンバーと、Windows 8.1後に使用できないメンバーが含まれます。 これら 2 種類のメンバーは連携せず、同じアプリから両方を呼び出すとアプリが失敗します。 使用不可の警告が付いていないメンバーのみを呼び出することをお勧めします。

クラス

AggregateContactManager

サービス間で個々の (未加工の) 連絡先を 1 つの集約連絡先にリンクする機能を提供します。

Contact

連絡先を表します。

ContactAddress

連絡先のアドレスを表します。

ContactAnnotation

既存のユーザー連絡先に追加情報をタグ付けする方法を提供します。この特定の連絡先に対して、アプリで 一部の SupportedOperations を 実行できることを指定します。

ContactAnnotationList

ContactAnnotation オブジェクトの一覧を表します。

ContactAnnotationStore

連絡先の注釈を含むデータ ストアを表します。

ContactBatch

連絡先オブジェクトとサーバーの検索状態のグループを表します。

ContactCardDelayedDataLoader

連絡先カードの遅延データ ローダーを表します。

ContactCardOptions

ミニ連絡先カードを表示する方法に関するデータを表します。

ContactChange

連絡先への変更を表 します

ContactChangedDeferral

ContactChanged イベントを非同期的に処理するときに使用する遅延オブジェクト。

ContactChangedEventArgs

ContactChanged イベントのデータを提供します。

ContactChangeReader

連絡先への変更を監視して対応する方法を提供します。

ContactChangeTracker

ContactStoreContact オブジェクトに対する変更を監視するための機能を提供します。

ContactConnectedServiceAccount

連絡先の接続されたサービス アカウントを表します。

ContactDate

連絡先の重要な日付を表します。

ContactEmail

連絡先のメール アドレスを表します。

ContactField

連絡先データの一部について説明します。

ContactFieldFactory

連絡先に関する情報を含むフィールドを作成します。 その後、これらのフィールドを Contact オブジェクトに追加して、連絡先を作成できます。 このクラスは、連絡先コントラクトをサポートするアプリでのみ使用できます。

ContactGroup

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

Microsoft 内部使用のみです。

ContactInformation

連絡先に関する情報が含まれます。

Note

ContactInformation は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、Contact を使用 します

ContactInstantMessageField

インスタント メッセージング (IM) アドレスであるフィールドを定義します。

ContactJobInfo

連絡先のジョブ情報を表します。

ContactLaunchActionVerbs

連絡先に対してアクションを実行するアプリの起動時にデータを提供します。

ContactList

Contact オブジェクトの一覧を表します。

ContactListLimitedWriteOperations

アプリが作成していない連絡先リストに対して実行できる操作を提供します。

ContactListSyncConstraints

連絡先リスト データを同期できる量の制限を指定します。

ContactListSyncManager

連絡先情報をサーバーと同期するための機能を提供します。

ContactLocationField

ユーザーの場所と住所に関する情報が含まれます。

注意

ContactLocationField は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、 ContactAddress を使用します

ContactManager

ソース アプリが連絡先データへのアクセスを呼び出すことができるサービスを表します。

ContactManagerForUser

ソース アプリが呼び出して特定のユーザーの連絡先データにアクセスできるサービスを表します。

ContactMatchReason

検索結果がクエリ パラメーターと一致した理由の詳細を示します。

ContactPanel

ユーザーがタスク バーにピン留めされている連絡先をクリックしたときに表示される連絡先パネルを表します。

ContactPanelClosingEventArgs

Closing イベントのイベント情報を提供します。

ContactPanelLaunchFullAppRequestedEventArgs

LaunchFullAppRequested イベントのイベント情報を提供します。

ContactPhone

連絡先の電話に関する情報を表します。

ContactPicker

連絡先ピッカー のユーザー インターフェイスを開く方法と表示される情報を制御します。

ContactQueryOptions

連絡先を検索するときにクエリ オプションを指定するために使用します。

ContactQueryTextSearch

Contact オブジェクトのテキスト検索で使用するパラメーターを指定します。

ContactReader

ローカルまたはリモートに配置される可能性がある ContactStore から Contactオブジェクトをバッチで読み取るために使用されます。

ContactSignificantOther

連絡先の重要な他のユーザーに関する情報を表します。

ContactStore

連絡先を含むデータベースを表します。

ContactStoreNotificationTriggerDetails

将来使用するために予約されています。

ContactWebsite

連絡先の Web サイトに関する情報を表します。

FullContactCardOptions

連絡先カード全体を表示するためのオプションを指定します。

KnownContactField

電子メール アドレスや電話番号など、一般的に要求される情報を格納するための連絡先フィールドの名前を含む静的クラス。

注意

knownContactField は、Windows 8.1後にリリースで変更されたり、使用できなくなったりする可能性があります。 代わりに、 ContactAddressContactPhoneContactConnectedServiceAccount、または ContactEmail を使用します。

PinnedContactIdsQueryResult

タスク バーまたはスタート メニューにピン留めされたすべての連絡先の ID を一覧表示するクエリの結果にアクセスできます。

PinnedContactManager

ソース アプリが呼び出して、タスク バーまたは スタート メニューとの間で連絡先のピン留めとピン留めを解除できるサービスを表します。

デスクトップ アプリでは、UI を表示する方法でこのクラスのインスタンスを使用する前に、オブジェクトをその所有者のウィンドウ ハンドルに関連付ける必要があります。 詳細およびコード例については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトの表示」を参照してください。

インターフェイス

IContactField

連絡先データの一部を記述するオブジェクトを指定します。

Note

IContactField は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、 ContactAddressContactPhoneContactSignificantOtherContactContactEmailContactConnectedServiceAccountContactWebsiteContactJobInfo、または ContactDate を使用します。

IContactFieldFactory

連絡先に関する情報を含むフィールドを作成します。 連絡先コントラクトをサポートするアプリでのみ使用できます。

注意

IContactFieldFactory は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、 ContactPhone または ContactEmail を使用してください

IContactInstantMessageFieldFactory

連絡先のインスタント メッセージング アカウントに関する情報を含むフィールドを作成します。

注意

IContactInstantMessageFieldFactory は、Windows 8.1後にリリースで変更されたり使用できなくなったりする可能性があります。 代わりに、 ContactConnectedServiceAccount を使用します

IContactLocationFieldFactory

連絡先の場所のフィールドを作成します。

注意

IContactLocationFieldFactory は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、 ContactAddress を使用します

列挙型

ContactAddressKind

連絡先アドレスの種類を指定します。

ContactAnnotationOperations

連絡先で実行できる操作の種類を指定 します

ContactAnnotationStoreAccessType

アプリがすべての注釈を読み書きできるか、アプリ自体に属する注釈のみを読み書きできるかを指定します。

ContactBatchStatus

最後のバッチ アクセス操作が成功したか、サーバー エラーが発生したかを指定します。

ContactCardHeaderKind

連絡先カードに表示するヘッダー情報の種類を指定します。

ContactCardTabKind

ミニ連絡先カードに表示するタブを指定します。

ContactChangeType

ContactChanged イベントに対して発生した変更の種類を指定します。

ContactDateKind

連絡先の重要な日付の種類を指定します。

ContactEmailKind

連絡先のメール アドレスの種類を指定します。

ContactFieldCategory

連絡先データが属できるカテゴリを定義します。

注意

ContactFieldCategory は、Windows 8.1後にリリースで変更または使用できない場合があります。 代わりに、 ContactPhoneKindContactEmailKindContactAddressKind を使用します。

ContactFieldType

連絡先データの種類を定義します。

ContactListOtherAppReadAccess

他のアプリに付与される連絡先の読み取りアクセスのレベルを指定します。

ContactListOtherAppWriteAccess

他のアプリに付与される連絡先書き込みアクセスのレベルを指定します。

ContactListSyncStatus

ContactList の同期状態を定義します。

ContactMatchReasonKind

連絡先が検索と一致した理由を定義します。

ContactNameOrder

連絡先の名前の順序を指定します。

ContactPhoneKind

連絡先の電話の種類を指定します。

ContactQueryDesiredFields

検索操作に一致させるために連絡先に存在する必要があるフィールドを定義します。

ContactQuerySearchFields

テキスト一致を検索する連絡先フィールドを定義します。

ContactQuerySearchScope

ローカル の ContactStore とサーバーのどちらを検索するかを定義します。

ContactRelationship

配偶者、パートナー、兄弟、親など、接触関係の性質を示す値を定義します。

ContactSelectionMode

連絡先全体を要求するか、特定のフィールドのみを要求するかを指定します。

ContactStoreAccessType

アプリが ContactStore に対して持つアクセスの種類を定義します。

PinnedContactSurface

連絡先をピン留めできる Windows ユーザー インターフェイス内の場所を指定します。

注釈

連絡先を管理する方法については、「 連絡先カードの管理」を参照してください。

こちらもご覧ください