Share via


Clipboard クラス

定義

クリップボード オブジェクトから情報を取得および設定します。

public ref class Clipboard abstract sealed
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
class Clipboard final
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
class Clipboard final
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
public static class Clipboard
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
public static class Clipboard
Public Class Clipboard
継承
Object Platform::Object IInspectable Clipboard
属性

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 (10.0.10240.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v1.0 で導入)

次の例は、クリップボードへの変更を追跡する方法を示しています。 クリップボードにテキストがある場合、コードはテキストを HTML ページに追加します。

private async void TrackClipboardChanges_EventHandler(object sender, object e)
{
    DataPackageView dataPackageView = Clipboard.GetContent();
    if (dataPackageView.Contains(StandardDataFormats.Text))
    {
        String text = await dataPackageView.GetTextAsync();

        // To output the text from this example, you need a TextBlock control
        // with a name of "TextOutput".
        TextOutput.Text = "Clipboard now contains: " + text;
    }
}

ヒント

詳細、設計ガイダンス、およびコード例については、「 コピーと貼り付け」を参照してください。

WinUI 3 ギャラリー アプリには、ほとんどの WinUI 3 コントロールと機能の対話型の例が含まれています。 Microsoft Store からアプリを入手するか、GitHub でソース コードを取得します。

注釈

Clipboard クラスは静的クラスであるため、そのメソッドにアクセスするためにそのインスタンスを作成する必要はありません。

クリップボードにアクセスできるのは、呼び出し元のアプリケーションが UI スレッドにフォーカスされている場合 (たとえば、 CoreWindow がアクティブな場合など)。 CoreWindow.Activated イベントを使用して、呼び出し元アプリの状態を追跡します。

バージョン履歴

Windows のバージョン SDK バージョン 追加された値
1809 17763 ClearHistory
1809 17763 DeleteItemFromHistory
1809 17763 GetHistoryItemsAsync
1809 17763 HistoryChanged
1809 17763 HistoryEnabledChanged
1809 17763 IsHistoryEnabled
1809 17763 IsRoamingEnabled
1809 17763 RoamingEnabledChanged
1809 17763 SetContentWithOptions
1809 17763 SetHistoryItemAsContent

メソッド

Clear()

すべてのデータをクリップボードから削除します。

ClearHistory()

クリップボードの履歴をクリアします。

DeleteItemFromHistory(ClipboardHistoryItem)

クリップボード履歴から指定した項目を削除します。

Flush()

クリップボードにコンテンツを追加し、ソース アプリから DataPackage オブジェクトを解放します。 このメソッドを使用すると、アプリケーションのシャットダウン後もコンテンツを引き続き使用できます。

GetContent()

クリップボード オブジェクトに格納されている現在のコンテンツを取得します。

GetHistoryItemsAsync()

クリップボード履歴に現在含まれている項目の一覧を取得します。

IsHistoryEnabled()

現在のユーザーに対してクリップボード履歴 (つまり、複数の項目をクリップボードに保存する機能) が有効になっているかどうかを示します。

IsRoamingEnabled()

現在のユーザーのデバイス間で同期するようにクリップボード データが設定されているかどうかを示します。

SetContent(DataPackage)

クリップボード オブジェクトに格納されている現在のコンテンツを設定します。

SetContentWithOptions(DataPackage, ClipboardContentOptions)

コンテンツのオプションを使用して、クリップボード オブジェクトに格納されるコンテンツを設定します。

SetHistoryItemAsContent(ClipboardHistoryItem)

クリップボード履歴の項目をクリップボードの現在のコンテンツとして設定します。

イベント

ContentChanged

クリップボードに格納されているデータが変更されたときに発生します。

HistoryChanged

クリップボード履歴に新しい項目が追加されたときに発生します。

HistoryEnabledChanged

現在のユーザーに対してクリップボード履歴を有効にするかどうかを制御する OS 設定が変更されたときに発生します。

RoamingEnabledChanged

クリップボード データが現在のユーザーのデバイス間で同期するように設定されているかどうかを制御する OS 設定が変更されたときに発生します。

適用対象

こちらもご覧ください