Windows.ApplicationModel.Resources.Core 名前空間

高度なリソース読み込みを有効にするクラスを提供します。

これらのクラスは、次のような機能を提供します。

  • リソースとリソース値の列挙。
  • 既定以外のコンテキストのリソース値を検索します。
  • 一致するリソース値に関する詳細を取得します。
  • 最適な一致だけでなく、コンテキストに対して可能なすべてのリソース候補を取得します。
  • 追加のリソース ファイルの読み込みとアンロード。

クラス

NamedResource

"Header1" という名前の文字列リソースなど、1 つの論理リソースを表します。

ResourceCandidate

特定の NamedResource に対して使用可能な 1 つの値、そのリソースに関連付けられている修飾子、およびそれらの修飾子が解決されたコンテキストとどの程度一致するかを表します。

ResourceCandidateVectorView

ResourceCandidate オブジェクトのコレクションを表します。

ResourceContext

リソースの選択に影響を与える可能性があるすべての要因 (ResourceQualifier) をカプセル化します。

ResourceContextLanguagesVectorView

ResourceContext 言語修飾子のコレクションを表します。

ResourceManager

アプリケーション リソース マップとより高度なリソース機能へのアクセスを提供します。

ResourceMap

関連リソースのコレクション。通常は、特定のアプリ パッケージの場合、または特定のパッケージのリソース ファイルです。

ResourceMapIterator

ResourceMap の反復処理をサポートします。

ResourceMapMapView

ResourceMap オブジェクトのマップに変更できないビュー。

ResourceMapMapViewIterator

ResourceMapMapView オブジェクトの反復処理をサポートします。

ResourceQualifier

ResourceCandidate に関連付けられている修飾子を定義します。

ResourceQualifierMapView

ResourceQualifier オブジェクトのマップに変更できないビュー。

ResourceQualifierObservableMap

項目が追加または削除されたときなど、 ResourceQualifier オブジェクトのマップに対する動的変更をリスナーに通知し、修飾子の値を変更できるようにします。

ResourceQualifierVectorView

ResourceQualifier オブジェクトのベクターへの変更できないビュー。

構造体

ResourceLayoutInfo

アプリ パッケージに対して返されるリソースのバージョンと数を決定する構造体。

列挙型

ResourceCandidateKind

ResourceCandidate にカプセル化されるリソースの種類を表す値を定義します。

ResourceQualifierPersistence

グローバル修飾子値オーバーライドの永続化に使用できる値。

こちらもご覧ください